newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

5月の夏日 記録的ハイペース

      2016/10/07

natubi

今年、東京の5月の夏日(最高気温が25度以上の日)は5日となり、5月上旬としては記録が残る明治9年以降で5番目に多い。全国の夏日も突出して多く、冬から続く高温は衰える気配がない。その背景に日本の南海上で高気圧が強いことがある。エルニーニョ現象は終盤を迎えているが、その影響力は今なお続いている。

5月の夏日はまあ普通です

天気の番組を担当していると、これこれは珍しいのでしょうか?とよく聞かれます。天気に携わっている年月が長いので、大概のことには驚きません。先日も、5月の夏日は珍しいのでしょうか?と聞かれ、まあ普通ですと答えてしまいました。

しかし、よく考えてみると、大型連休のこの時期に、どのくらい東京で、そして全国で夏日になるのか、よく知らないのです。

東京の5月、一か月間の夏日の数は平年で9.3日です。今月はきょう(8日)で5日となりました。まだ平年の半分ですが、5月は後半に向かって暑くなることを考えれば、多いと言えるかもしれない。

そこで、5月上旬だけに限って調べてみると、記録が残る明治9年(1876年)以降で、5番目に多いことが分かりました。最も多い記録は1969年の8日です。

次に、全国はどうでしょうか?

今月1日から7日まで、全国で夏日を記録した地点数はのべ1609か所に上り、すでに昨年(2015年)に迫る勢いで、2014年と比べると2倍以上です。

昨年5月は北日本、東日本で1946年以降、最も気温が高くなりました。手元に2014年から2015年までのデータしかないため、断定的なことは言えません。しかし、昔よりも今の方が気温が高くなっていることを考えれば、今年の夏日の数はハイペースで増えていると思います。

このあとも夏日は続くのでしょうか?

最新の週間予報(8日11時発表)によると、あす(9日)から水曜日(11日)にかけて天気が崩れる(くもりや雨)ため、気温は低くなる見通しです。

しかし、今週後半、再び晴れるようになると、西日本と東日本の各地で25度以上の夏日が予想されています。13日(金)は京都で30度、真夏日の予想です。

そもそも、気温の高い状態は冬から続いていて、本格的な暑さを前に、衰える気配がありません。直接的には日本の南で高気圧が強く、暖かい空気がいつも以上に、日本列島に流れ込んでいることがあります。

ではなぜ、高気圧が強いのか?

それには赤道付近の海や天気が大きく関係しています。最大級と騒がれたエルニーニョ現象は終盤を迎え、まもなく平常な状態に戻る見通しです。すべてがエルニーニョのせいばかりではないけれど、今なお影響力が残っているようです。

Yahoo!ニュース引用
http://bylines.news.yahoo.co.jp/katayamayukiko/20160508-00057456/

なんだかいつもいつも異常気象っていってる気がする。
もう、異常じゃなくてこれが通常なんじゃ!?
今年も暑い暑い夏がやってきますね(大汗

 - 国内news