newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

2人のトリプルスリー、山田と柳田はなぜ明暗を分けているのか

      2016/10/05

toripuru

2年目を迎えた2人のトリプルスリー打者が明暗を分けている。ヤクルトの山田哲人(23)は、脅威のハイペースで量産している25本塁打だけでなく、打率、打点、得点、盗塁、出塁率の6部門でセ・リーグトップに立つ。一方、ソフトバンクの柳田悠岐(27)は、打率が3割に乗らずにリーグ9位。本塁打も10本と、打球が上がらない。出塁率の.451だけはリーグトップだが、昨年は.413あった得点圏打率が.288と低迷。チャンスでの勝負強さも失われつつある。開幕前に「40本、40盗塁」の“40-40”を宣言したのは柳田だったが、皮肉にもその“40-40”にまい進しているのは、山田の方だ。

なぜ2人は、ここまで明暗を分けたのか。

 柳田が、昨季のような数字をクリアできていない理由は、いくつか考えられる。
 昨年オフに右肘の手術をしたにも関わらず、チーム事情からセンターでスタメン出場を続けた影響。同時に開幕から日本記録を作るほどの執拗な四球攻撃でバッティングを狂わせられた。データを見てみると、激しい徹底マークで、対右投手に対する外角真ん中、対左投手の外角低め、対左投手の内角真ん中の打率が今季は極端に下がっている。対角に攻められウイークポイントをあぶりだされているのだ。特に日ハムの対チーム打率が、昨季の.323から.200に落ちた。

 昨年は4割以上を打った有原、メンドーサに対しては、今季はまだノーヒット。オリックスの松葉に対しても打率は.000のままである。昨年はカモにしていたロッテの涌井にも打率.231、0本、0打点と抑えられるなど、これまでやられていた投手が柳田対策に成功している。

 しかも、本塁打をのぞく打球が、ヒットになる確率を示すセイバーメトリクスのBABIPという数値が、昨年の.402から.354に下がっている(それでも通常以上の数字だが)。つまり柳田の特徴である驚愕の打球の速さで抜けていく打球も減っているのである。

 元千葉ロッテの評論家、里崎智也氏は、セ、パの投手力の差を指摘する。

「柳田も山田もトリプルスリーをやった後の今年はデータを洗い直されて徹底してマークされることになるのは当然のこと。では、そのデータ通りのピッチングができるか否かの投手の能力を見ていくと、交流戦の結果で明らかなように、パの投手の方が勝っている。それも各球団にエース級だけでなく、複数の投手が揃っている。そういう環境の中で戦う柳田が数字を落とすのはある意味、無理もないのかもしれない。山田と柳田の明暗理由は、セ、パの投手能力の差による相関関係にあると思う」

山田は、そのパの投手と対戦する交流戦でも、8本塁打、21打点、19得点で“3冠”だったが、柳田も打率.299をマークするなど、セの投手と対戦した交流戦で調子を上げつつある。

 里崎氏は、セ、パの球場の大きさの違いも影響を与えているだろうと推測する。

「セの球場は、ハッキリ言ってナゴヤドームをのぞき全部狭い。パの球場では切れてしまったり、フェンス直撃で終わるような打球が本塁打になる。神宮、横浜、東京ドームの3つは特にそう。このセ、パの球場の広さの違いというのは、想像以上に大きな影響を与える。セ、パの投手能力と、球場の広さの違いなどを考慮すると、打率で言えば2分くらいの差が出てくると私は見ている。
 柳田が春先に調子を落としていたことは確かだが、2人の数字の違いには、これらのセ、パの違いが影響しているんだと思う。ただ、今年の山田にはウイークポイントが見当たらない。キャッチャーからすると一番厄介な打者だ」

 試合数が多いため、当然といえば当然だが、山田の25本中、13本が本拠地神宮でマークしたものだ。
 しかし、まだペナントレースは折り返し地点。柳田もこのままでは終わらないだろう。山田には、日本人打者としては、2002年の松井秀喜(当時巨人)以来となる50本以上アーチへの期待がかかる。

 トリプルスリーの2年目バットレースの決着は、まだついていない。

Yahoo!ニュース引用
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6205811

確かに注目してますよ。
9月下旬には決着ついてるでしょ。
それまで二人のプレーから目が離せない!

 - スポーツ