newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

男性の育休取得2.65%=過去最高でも水準低く

      2016/10/03

ikukyu

 厚生労働省が26日発表した2015年度の雇用均等基本調査によると、男性の育児休業取得率は2.65%となり、1996年度の調査開始以来、最高となった。

前年度に比べ0.35ポイント上昇し、これまで最も高かった11年度の2.63%を更新した。
ただ、男性の取得率を20年度までに13%に引き上げるとする政府目標には遠く及ばず、低水準にとどまっているのが現状だ。

厚労省は取得率上昇の理由について「14年4月に育児休業中の給付金が休業前賃金の50%から67%に引き上げられた影響が大きい」(職業家庭両立課)とみている。

女性の取得率は5.1ポイント低下の81.5%で、2年ぶりのマイナス。
従業員数が5~29人の小規模事業所の取得率低下が響いた。

調査は15年10月、5人以上の従業員がいる全国の5850事業所を対象に実施。
67.7%が回答した。

Yahoo!ニュース引用
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6208990

男性の育休が日本に定着するのはハードルが高そうですね。
女性の社会進出と密接に関係している問題です。
高まると良い社会になるのか考えてみたいですね。

 - 国内news