newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

コロンビア内戦、終結へ=26日に和平文書署名

      2016/09/26

coro

  コロンビア政府と左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)は26日、半世紀続いた内戦の和平合意文書に署名する。

 式典には海外要人や内戦犠牲者遺族約2500人の参加が予定されており、内戦で命を落とした軍兵士への追悼も併せて行われる。

 「国民が過去に経験をしたことがない未来が近づいている」。サントス大統領は24日、ツイッターにこう投稿し、和平実現による国民生活の改善に強い期待を寄せた。

 FARCは1964年、社会主義政権の樹立を掲げて結成された。格差に苦しむ農村部の貧困層の支持を獲得し、中南米最大のゲリラ組織に成長。政府要人を狙ったテロや誘拐を繰り返した。

 しかし、近年は政府の掃討作戦で弱体化し、最盛期に約2万人いた構成員は約7000人まで減少。麻薬密売にも関与して、国民の信頼を失った。

 FARCは23日、代表者会議で和平承認を組織決定し、「戦争は終わった」と武力闘争終結を宣言した。

 和平合意文書の署名はコロンビア北部のカルタヘナで行われる。国際社会の関心も高く、AFP通信によると、仲介国キューバのカストロ国家評議会議長やケリー米国務長官、国連の潘基文事務総長も出席する。 

Yahoo!ニュース引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000072-jij-int

コロンビアに平和が訪れようとしています。
内戦は国力を低下させるだけ。
今後のコロンビアの発展に期待!

 - 海外news