newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

加速する台風13号  あすには関東付近へ 離れた所でも大雨に警戒

      2016/09/15

きのう発生した台風13号は、きょうにも西日本の南海上に達し、あす8日の日中には関東付近に進む見通しです。ここしばらく台風の接近・上陸が続いていますが、これまでの夏台風とは違う動きを見せそうです。

20160907-00061925-roupeiro-000-5-view

台風13号は、極端な発達はなく、動きが比較的速いため、暴風雨が長時間続くようなことはない見込みですが、台風は積乱雲の集合体です。激しい雨や突風のおそれがあります。

北上とともに台風の形が崩れ、ゆがみはじめると、結果的に雨雲は外へ広がることになります。つまり、中心から離れた所でも、大雨のおそれがあるということです。

近畿は今夜から、東海はあす午前中、関東はあす日中、東北はあす夜、それぞれ一部に、活発な雨雲がかかる予測となっています。

少しずつ加速する台風
上空約5500m付近の風。ピンクの部分が強風帯。8日午前の予測。上空約5500m付近の風。ピンクの部分が強風帯。8日午前の予測。
もう一つ、離れていても油断できない点は、台風の動くスピードです。

今回は秋台風によく見られる、本州に沿って西から東へ動く台風となりますが、沖縄付近で発生した翌日には西日本の南に進み、その後、少しずつ加速して、発生の2日後には関東など東日本に達します。「まだ遠く」ても、気づけば近くに進んでくることになります。

加速するのは、本州付近を流れる上空の強い西風(偏西風)に流されるためです。偏西風は季節の移り変わりを見る一つの目安で、本州付近まで南下しているのは、上空の流れが秋のパターンになりつつあると見ることもできます。

まだ続く台風シーズン

今後は、秋台風の性質を帯びる台風が増えてきます。

発生場所も、これまでの日本近海とは変わって、日本のはるか南から時間をかけて成長した台風が北上することも考えられます。

台風接近の頻度は、13号のあとペースが落ちそうですが、台風シーズンは終わりません。9月の後半~10月に、再び台風発生が続く可能性もあります。

Yahoo!ニュース引用
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masudamasaaki/20160907-00061925/

今年は台風の当たり年になりそうです。
事前に対策をしっかりとって被害のないように備えたいですね。

 - 国内news