newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

“あの人でおなじみ”のロングランCM 起用の理由は

      2016/09/27

sawaguti

「あれ、沢口靖子がリッツじゃないクラッカー食べてる!」--9月1日に社名変更したヤマザキビスケット(旧ヤマザキナビスコ)が同日から流しているCMに、驚きの声が相次いだ。これは、ナビスコブランドのライセンス契約終了に伴い、ヤマザキビスケットが「リッツ」に変わるクラッカー「ルヴァン」を発売したことによるもの。驚きと同時に、「でもやっぱりクラッカーといえば沢口さんだよね」という声も多数。そう言われると思い浮かぶ、“あの人でおなじみのCM”、いったいどうして、ずっと出演者が同じなんだろう--。

 そこで、スポンサーの担当者に起用の背景を聞きました!

■沢口靖子・29年目!「ルヴァン」(ヤマザキビスケット)

「沢口さんには、弊社のクラッカーのCMに28年間出演いただいています。9月1日に社名が変わりましたが、新たに発売するクラッカーをいち早く知っていただきたい。そこで、消費者の方々に弊社のクラッカーのイメージが定着している沢口さんに、引き続き出演をお願いしました。沢口さんの安心感を与える人柄もあり、CM撮影もこれまでどおりスムーズに行われました。クラッカーの上に具材をのせるシーンが継続されなかったことを残念がる声もありますが、放映当初としてはよい反応をいただいています」(広報担当者)

Yahoo!ニュース引用
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010004-jisin-ent

ナビスコのリッツといえば沢口靖子さんっていうのは、あたり前田のクラッカー♪
商品のイメージが強烈にありますからこれからも引き続き、沢口さんの起用が良いですね。

 - エンタメ