newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

「プレミアムフライデー」の日は午後3時から本当に遊べる? 政府と経団連に聞いた

      2016/12/16

friday

月末の金曜日に早く退社できれば、消費者は買い物や旅行に金を充てるのだろうか。
政府と経団連は、毎月最終金曜日の午後3時をめどに従業員に仕事を切り上げさせ、消費を促す「プレミアムフライデー」を実現しようとしている。全国の企業に対して、対応を呼びかける方針だ。

それに合わせ、夕方に旅行業界や外食産業などが連携してイベントを開催したり、デパートや百貨店も独自の商品を売り出したりと手を打つ。

プレミアムフライデーは、来年2月24日に始まる。検証を経て、徐々に全国に普及させる。

電通の女性社員が過労自殺したのを皮切りに、長時間労働への注目が集まった。さまざまな業界の「休めない」「休ませてくれない」実態が浮き彫りになってきている。

ネット上から、切実な声が聞こえてくる。

「消費に充てる給料をください」「毎日定時に帰れるようにして」・・・。

一部の企業で働く人のための日になり、給料が低い人や休めない人は対象外なのか。退社時間を早めた分、平日にしわ寄せがいくのでは、給料が減るのでは、という不安視もある。

企画側はどう考えているのだろうか。

Yahoo!ニュース引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010001-bfj-soci

いろいろ考えるけど、カンフル剤になるのかな?
就業時間少なくなれば手取りも減るんじゃないのかな?
消費活動が活発になるとしても一部の人たちだけでしょう。
年収300万円時代って言われてますから、時間もらってもお金なければ使えないでしょ!?

 - 経済