newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

変わりゆく渋谷、伝説の“メンエグ”モデルたちの現在

      2017/01/31

 2012年に渋谷ヒカリエがOPEN、2020年から2027年にかけて大規模なリニューアルを目指すべく改装が始まった渋谷駅など、加速度的に大人の街へ変貌を遂げつつある渋谷。しかしこの街は、かつて「若者の街」の代表格として、流行のシンボルとも呼べる街だった。

 若者カルチャーの聖地であった渋谷をベースに生まれたのが、いわゆる「ギャル男」と呼ばれる渋谷系ファッション。そして、そのトレンドを発信、牽引していたのが『men’s egg(メンズエッグ)』に代表される、渋谷系ストリート誌で誌面を飾っていた読者モデルたち。渋谷が輝いていたあの時期、カリスマ的人気を誇っていた彼らは今どうしているのか。その近況に迫ってみたい。

◆渋谷から日本を席巻した、若者カルチャーの旗手たち

 ギャル男雑誌の先駆けとも言える『men’s egg』(大洋図書)は、1999年創刊。当時流行っていたコギャルの男版と呼べるギャル男にスポットを当てたストリート情報誌だった。日サロで焼いた黒肌とメッシュの入ったロンゲというファッションに身を固めたメンズたちを取り上げた内容で、その誌面に登場していたのが読者モデルと呼ばれた若い男性たち。

 彼らのファッションやヘアスタイル、果てはキャラまでが、当時の読者から圧倒的な支持を受け、そのアイコン的な存在は社会現象の1つとして取り上げられたことも。

 プロのモデルではなく、あくまで読者と同じ目線を持つ読者モデルの立ち位置は、大部分の一般読者から好意と羨望の眼差しで見られる一方で、一部読者の嫉妬や敵意も受けていたことは想像に難くない。また、その人気を利用しようと、多くの有象無象が彼らを取り巻くこともあっただろう。しかし彼らは、そのブームに乗りながらも自己を喪うことなく、あくまで自分らしいスタンスを貫いていた。

◆「読モ時代に培った人脈が財産」植竹拓

 そんなカリスマ的人気を誇り渋谷センター街を闊歩していた、かつての読者モデルたち。まず、創刊時より『men’s egg』の看板モデルとして活躍していた、“ピロム”こと植竹拓さん。

『men’s egg』の誕生以前は、『Cawaii』(主婦の友社)で読モデビューを果たし、その後『東京ストリートニュース!』(学研)、『BOYS RUSH』(主婦の友社)、そして『men’s egg』の姉妹誌であった『egg』でも読モを務めていた、まさに読モ界のパイオニア的存在だ。

 読モ時代よりアパレル会社を経営していたが、『men’s egg』休刊と共に倒産。現在は、会社員兼自営業の二足のわらじで頑張っているとか。自身の読モデビューから倒産までの経緯は、彼の著書『渋谷(ピロム)と呼ばれた男 ギャル男の終焉』(鉄人社)に詳しい。

「読モ卒業後、仕事で初対面の人と会っても、大抵は『昔、雑誌で見てました』となって名刺いらずな点がメリットですかね。読モ時代に出会って今も関係のある人たちは、読モじゃなくなった今も変わらず接してくれるし俺のことを信頼してくれる人ばかりなので、そんな点でも恵まれているな、と思うし。読モ時代の話は俺の本に詳しく書いてあるんで、まだ読んでない人はぜひ買って読んでみて(笑)」

 ……読モ仲間から“元祖”と呼ばれた男だけあって、バイタリティの高さと商魂の逞しさはさすがだ。

◆「今も昔も好きなことを貫いている」鈴木浩之

 “ピロユキ”こと鈴木浩之さんは、読モ時代からのDJ、そしてアパレルのコンサルを続けつつ、2015年の春からは古着販売事業にも着手するなど、自身の好きなことを仕事にしている。

 読モ時代から一貫したアメカジスタイルも健在で、インタビュー時も話題はファッション中心に。

「渋谷も、ここ最近ファストファッションの浸透度がすごいなぁと実感します。高くて良いものを何年も着て馴染ませるのでなく、その時のトレンドの服をその年に着倒して、翌年はまた旬な服に買い換える、そんな感じですよね。どちらが良い悪いでなくて、僕らの時とファッションに対するスタンスが異なる感じ」

 読モ歴が長く、植竹さんに次ぐ古株格だった鈴木さん。今も当時の読者に話しかけられることが多いそうだが、1つ不満があるんだとか。

「みんな『昔、雑誌読んでてファンでした』って、過去形なんですよ。『~ingじゃないんかい!』って(笑)」

◆「撮影の裏方としてロケバス会社に勤務」深野雄作

 抜群のセンスの良さで読者の支持を集めながら、そのド天然のキャラが読モ仲間&スタッフから愛された、“ゆうちゃく”こと深野雄作さん。

 読モ卒業後、自身が手がけていたアパレルブランドの売り上げが急降下するなどの影響を受けて、改めて雑誌のパワーを感じたとか。現在、深野さんはロケバス会社に勤務している。

「読モの頃はロケバスに乗ってる立場でしたが、今は乗せる方になりました(笑)。今でも当時の読者の方からSNSや路上で声をかけられますが、やっぱり嬉しいっすね。青春時代をメンエグの読モとして活動することでいろんな経験も出来たし、いくら感謝しても感謝しきれません」

 若い多感な時期に読者モデルとして、普通では考えられないほどの注目や賞賛、そして中傷を受けてきた彼らは、現在それぞれのフィールドでマイペースに頑張っている。そんな彼らの“魅せる”生き様は、彼らが生粋のエンターティナーたる所以か。ブームの熱気に煽られ、祭り上げられながらも自身を見失わなかった主体性こそが、読者モデルとして培った彼らの最大の財産なのかも知れない。

 相次ぐストリート誌の休刊ラッシュとともに、読モのブームも終焉した。しかし、雑誌や読モといった指標がなくても、自然発生的に流行は生まれるもの。今後、どんなムーブメントが起こるのか、それを牽引するアイコンは誰が担うのだろうか。 

Yahoo!ニュース引用
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170129-01279836-sspa-soci

ネットやスマフォの普及で雑誌が売れない時代、読者モデルさん達の需要の減っているのは容易に想像がつきますが。。。
電子版の雑誌では依然モデルさん達の需要はあるんですが、本文にあるように終焉したとはいえ「カリスマ性」ある読モさん達の生き方は興味をそそられます。
その立場を上手く利用出来ればビジネスの世界で無名な方々よりも優位性あるでしょうからね。
非常に興味をそそられたニュースでした。

 - 経済