newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

「非常に痛い、液体かけられた」正男氏 最後の言葉

   

 17日になって正男氏が亡くなる直前の最後の言葉が明らかになりました。地元メディアによりますと、逮捕された女2人が空港で毒物をかけた際に正男氏は英語で「非常に痛い、非常に痛い。液体をかけられた」と空港職員に訴えたということです。そして、これが最後の言葉になったと伝えています。また、マカオに住む正男氏の2番目の妻が中国政府に対して「マレーシアの中国大使館に遺体を引き渡してもらえるよう助けてほしい」と要請したということです。これに対し、中国側の反応は明らかになっていません。ただ、欧米メディアによりますと、マレーシア側はどの遺族や親族からも身元確認や遺体の引き渡し要請はないとして、求める場合にはDNAの提供が必要との認識を示しているということです。現在、正男氏の死因を特定するため、専門家による分析が行われている最中で、1週間ほどかかる可能性があります。遺体の扱いを巡る動きは、なおも長引く可能性があります。

Yahoo!ニュース引用
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170217-00000049-ann-int

正男氏は以前から殺される、命を狙われているっといっていたそうです。
その割には警戒があまりされていなかったとも報道にありました。
実際に本人の恐怖感はどのようなものだったのでしょうか。
結果的に命を奪われ遺体も遺族に渡らず北朝鮮に渡りそうな雰囲気になってます。
個人で殺せば罪に問われて、国家か殺せばお咎めなし。。。
今後の動向を見守りたい。

 - 海外news