newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

<大リーグ>ダルビッシュ、制球定まらず 不満残す開幕

   

○インディアンス8-5レンジャーズ●

 初めて踏んだ開幕戦のマウンド。ダルビッシュは七回途中までで4失点を喫したが、味方の援護もあり、何とか試合を作った格好となった。しかし、五つの四球を与え、暴投も二つ記録するなど制球が定まらず、試合後には「ストライクを取るのに苦労した」と振り返った。

 味方打線が先制した直後の三回の失点は四球がきっかけだった。1死から9番のアルモンテに対し、カウント2ストライクと簡単に追い込んだが、そこからストライクが入らない。フルカウントとなり、最後は武器のスライダーがボール球となり、歩かせた。すると、続くサンタナに右翼線二塁打を浴びてピンチを広げ、犠飛で失点。四回にラミレスに浴びた右中間への2ランは外角低めを狙ったツーシームが真ん中に甘く入る失投をとらえられたものだった。

 今から3年前の2014年、開幕投手に指名されながら、首の張りを訴えて、登板を回避。その後、右肘靱帯(じんたい)の再建手術を受けた。故障を乗り越え、つかんだ開幕投手の座だったが、それでも、ダルビッシュは「意識することなく、自然に(試合に)入れたと思う」と特別、緊張することはなかった。ただ、昨季、ア・リーグを制したインディアンスの打線が相手だっただけに、「選手一人一人に力がある。勝つのは大変だなと思った」と圧力を感じたという。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170404-00000036-mai-base

ダルビッシュ投手は無難(?)な開幕となったようですね。
田中投手同様に注目を集めるシーズンですからね。
まだまだ長いシーズンですから良いときも悪いときもあるでしょう。
頑張れ日本人メジャーリーガー!!!

 - スポーツ