newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

<北朝鮮写真報告>「飢える人民軍に全面戦争は不可能、実体知って」と元軍人証言(写真4枚)

   

北朝鮮では、軍に入隊したその日から与えられる任務は食べ物を確保するための仕事である。

 国からの資給食糧だけではとても足りないため、多くの部隊で「副業地」と呼ばれる畑でトウモロコシや野菜を栽培する。

訓練の他に、耕作、収穫、脱穀など「食うための作業」が兵士たちの日常業務だ。また、川でおかずの魚を獲り、暖房煮炊き用の薪やわらを集めるのも兵士の仕事である。

「韓国人や外国人は軍事パレードだけを見て、人民軍は強そうだと言うれど、実体はとても戦える軍隊ではないんですよ」
落下傘部隊に所属していた脱北者の弁だ。

韓国に航空機で侵入し敵後方に降下して攪乱させるのが任務だったという。しかし、その実態はお粗末なものだったとして次のように証言する。

「まず、燃料が足らず降下訓練用の飛行機がなかなか飛ばせません。それで高い塔から飛び降りる訓練で代用していました。パラシュートの他に銃などの装備が合計70キロになるのですが、大半の兵士が背負って飛行機に上がれないのです。空腹で力が入らないから」

金正恩政権は、国営メディアで「我が国は軍事強国」だと自賛を繰り返している。そのために、ミサイル発射場面や勇ましい軍事パレードの映像を巧み使って宣伝している。

「朝鮮人民軍には全面戦争は絶対に無理。兵士は腹ペコ、軍用車両はまったく不足している上、油がなくて動かない車が多い」という。

北朝鮮が核兵器とミサイルの能力を向上させているのは間違いない。それは日韓中にとって脅威になっている。しかし、だからといって全面戦争を遂行する能力があるのかははなはだ疑わしい。

金正恩政権のプロパガンダに惑わされず、冷静に実像を見る必要がある。

川で魚を獲るための網を整える国境警備隊の兵士。2007年8月平安北道のサクジュ郡を中国側から撮影(アジアプレス)
↓↓↓

下着姿になってトウモロコシ畑で草取りをする兵士たち。2007年8月平安北道のサクジュ郡を中国側から撮影(アジアプレス)
↓↓↓

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00010000-asiap-kr

北朝鮮の表の顔とは違う北朝鮮の実態。
このような状態が真実ならば昔ながらの戦争なら、どうやっても戦争にすらならない。
しかし、現代の戦争は指導者が核ミサイルの発射ボタンを押せれば事足りてしまう可能性がある。
地上戦にすらならないで終戦するであろう。
北朝鮮の兵士達の貧困とそれとは別問題で考えた方がいいのでは!?
大陸間弾道ミサイルの弾頭に核やサリンを積む技術があるのか。
実際にそれなりの精度をもって発射し着弾できる能力があるのか。
そこが焦点になると思います。

しかし、国民に実態を省みずに軍備に国家予算を注ぎ込み世界に脅威を与えているなんて。。。

やらかしすぎでしょ、痛すぎるっしょ、北朝鮮の指導者は!
そんな指導者に命を捧げる国民の不幸っぷりが半端ないな!

 - 海外news