newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

日経「築地市場と黒いネズミ5000匹」の真相

      2017/05/10

■本当にネズミは500匹だけなのか

 2017年3月10日、「築地市場(場内)において、15年5月の調査による推定生息数で、500匹のネズミ」がいると日経新聞朝刊が報じた。

 実は、この情報は、私が人を介して2月に東京都へ情報公開請求を行ったものだ。東京都から「資料ができた」と3月14日に連絡があったので、4、5日ほど前に事前にプレスへ流したのだろう。この500匹という数字が、多いのか少ないのかわからないだろうが、資料を精読していると、築地市場(場内)にいるネズミは、少なくとも2000匹以上いると試算できることがわかった。この資料について、今回は詳細に解説していきたい。

 この資料の正式名称は「築地市場閉場に伴う場内ねずみ対策にかかる調査委託」である。小池百合子東京都知事がストップをかけるまでは、豊洲移転は既定路線であった。築地市場を閉場した際に、ネズミが大量に他地域へ逃げ出さないよう駆除するため、市場内のどこを重点的に駆除対象とするかを調査するために実施された。これまでは、駆除できた数からネズミの総数を推定するしかなかったが、この調査では赤外線カメラを使って肉眼では確認できないようなネズミの巣の中も覗きながらネズミの数を推定したものだ。そして、その推計の総数がネズミ500匹となったという。

 しかし、資料を精査していくと恐ろしい事実に突き当たる。この調査は、もっともネズミが大量にいるであろう「築地市場の水産物部(水産物部仲卸業者売場)」が対象になっていないのだ。水産物部は面積も大きく、大量の魚を取引する築地市場(場内)の中心部である。ネズミの目撃談も多く、私が歩いたときもネズミが横切ったことがあった。

 では、なぜ、東京都は調査をしなかったか。それはこの調査が、「どこを重点的に駆除するかを決めるため」の調査であったからだ。水産物部は(調査をしなくても)駆除の重点地域であり調査する必要がないと判断したようだ。

 実は、築地市場(場外)でも、肝心のネズミの捕獲調査ができていないことが、管轄する中央区保健所へのヒアリングから判明している。その理由として保健所の担当者は、道にせりだした店舗が多いことや、営業時間が長く、ネズミ捕獲の主体を店舗の組合に任せていることをあげていた。公道を使っての営業は許されるものではないはずだが、警察の動きも鈍いという。

 まったく実態がわからないのでは、不安ばかりが先行してしまうので、私なりの試算で、築地市場に棲むネズミの総数を考えていきたい。私は、水産物部に隣接する「第6卸売業者売場」という小さな建物に注目した。ネズミが捕獲される地域が、この水産物部と第6卸売業者売場に集中しているからだ。私が開示請求した資料によれば、東京都は15年の調査のほかにも4回の捕獲数調査を行っている。14年8月実施の捕獲数調査では、水産物部229匹に対し、第6卸売業者売場は1匹だった。14年5月では109匹に対し、1匹。13年8月では、271匹に対し、8匹。13年5月では、123匹に対し、3匹だった。これらの調査を平均すると、第6卸売業者売場1匹に対し、水産物部は100(103.219)匹のネズミが捕獲されていることになる。

■石原慎太郎の責任と築地の衛生問題

 さて、ここで15年5月に実施された調査に戻ろう。水産物部は実態調査をしていないのでわからないが、第6卸売業者売場では20匹いるとある。単純に、先の比率をそのまま生息数に適用すれば2000匹のネズミが水産物部にいる試算となる。これに、全体の500匹をプラスして、重複する20匹を引き算すれば、2480匹のネズミが築地市場(場内)に生息している計算である。これに築地市場(場外)のネズミの数を加算する必要がある。中央区保健所の担当者によれば、築地市場(場外)の周辺に置いたネズミ捕りで、毎年350匹のネズミをコンスタントに捕獲するということであるから、水産物部以上のネズミが生息している可能性がある。となると、築地市場全体で5000匹以上のネズミが生息している試算になる。あくまでここでの数字は推計に推計を重ねたものであることを強調したいが、築地をよく知る公衆衛生の関係者は、「都の500匹」という報道に接して「そんなに少ないはずがない」と考えたという。数字が独り歩きしてもらっては困るので、やはり安心のためのネズミの生息数調査を、築地市場の場内・場外問わず早急に実施してほしい。調査は3日でできる。

 築地市場に生息しているのは、大多数がドブネズミである。ドブネズミは下水道や排水溝の中を移動するため、病原菌を持ち運ぶ危険性が高いので非常に危険な動物である。さらに建物が閉ざされていないので、24時間365日、カモメ、カラス、ハトがやってきては食材をつまみ食いしている。いつか食中毒が起きるのではないかと、私はヒヤヒヤしている。

 私は築地市場の危険性について、これまで何度も繰り返し指摘を続けてきた。原爆マグロが埋まっていること、米軍が使用した化学薬品で汚染されている可能性があること、などだ。豊洲へ移転した築地市場の跡地を掘り返すと何がでてくるかわからないので、地面を掘り返すことはできないだろう。原爆マグロにどの程度の放射性物質が含まれているかは不明だが、プルトニウムの半減期は2万4000年である。実際に築地市場跡地につくる道路の計画では、築地市場地下の危険性を念頭に、トンネルを掘ることは断念した経緯があるくらいだ。

 確かに、汚染物質がコンクリートの下にあるから安全だというのはその通りだ。しかし、ネズミはコンクリートの上の問題である。

 対する豊洲市場はどうだろうか。ベンゼンが出てきて危険だというが、1リットルあたり0.01グラムのベンゼンを含有した水を1日2リットルずつ70年間飲んだ場合、10万人に1人ががんになりやすくなるという。この程度の水が市場とは隔離された地下空間から検出されたからといって何が問題なのか。小池知事の決定に同情的な声がでているのも知っている。豊洲の水産物卸売市場棟などの建設費が99.7%の落札率だったことは私にも違和感がある。そして、石原慎太郎元知事の下した決定過程にも何らかの落ち度があったのかもしれない。

 しかし、である。それが豊洲市場の食の安全・安心と何の関係があるのだろうか。私たちは、今、理性的に判断をしていかねばならない。

 正直なところ、築地直送と謳っている寿司屋など私は絶対入りたくない。黒いネズミに会うのはディズニーランドで十分ではないか。ディズニーランドのレストランだって殺鼠剤を撒いて、衛生上危険のあるドブネズミを駆除しているはずだ。

 安全・安心に関して、築地市場は落第点であり、豊洲市場は100点満点なのである。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00021991-president-pol

最近すっかりニュースに取り上げられなくなってきか豊洲移転問題。
汚染問題ですったもんだしてるようですが、築地の環境も問題あるっちゃあるんですね。
まぁ、食品を扱うところなんでドブネズミ達からしても食料に困らない場所になりますよね。
豊洲もいずれ食料を求めてドブネズミ達が繁殖することになるでしょうから。

駆除作業のイタチごっこは必須作業になるでしょうね。

完璧な、落ち度のない、なんてものを求めていたら移転なんて出来ないんだろうね。
現状でも豊洲の維持費に税金が溶かされている訳で、、、移転問題は早期解決した方がよいのでは。

 - 国内news