newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

ロッテ井口が引退会見 昨年には引退決意「今まで以上にいい思い出作りたい」

   

 ロッテの井口資仁内野手(42)が20日、千葉のZOZOマリンスタジアムで会見し、今季限りで現役を引退することを発表した。昨年には引退を決めていたとも明かした日本球界最年長野手は「今まで以上にいい思い出を作りたい」と残り試合での活躍を誓った。

 日本球界では42歳同級の中日・岩瀬仁紀投手に次ぐ年長となる井口は、今季35試合に出場し、打率・257、1本塁打、8打点の成績。プロ17年間でゴールデングラブ賞は3度受賞しているが、今季の出場機会は指名打者での先発(19試合)や代打出場に限られていた。

 引退は「昨年決めたこと」と話し、契約更改の席ですでに球団本部長に伝えていたという。長く続けてこられた秘訣については「野球が好きだったから」と答えた。チームは現在リーグ最下位に沈む。この時期の発表については「ファンの方々に応援して頂きたいなという思い。今まで以上に良い思い出を作りたい」と残り試合での巻き返しも誓った。

 伊東監督はこの日、監督室で「今季限りでユニホームを脱ごうと思います」と井口から直接、引退を報告されたという。13年のロッテ監督就任以来、チームの柱として頼りにしてきたが、「バリバリの時と比較すると、あの年齢(42)です。衰えてくるでしょう」と引退に理解を示した。

 

井口の略歴は以下の通り。

 井口 資仁(いぐち・ただひと)1974年12月4日生まれ、42歳。東京都出身。東京・国学院久我山高から青学大を経て96年度ドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。99年にはリーグ優勝と日本一に貢献。01年と03年には盗塁王に輝いた。05年に米大リーグ、ホワイトソックスに移籍して1年目にワールドシリーズ制覇。フィリーズとパドレスでもプレーし09年にロッテで日本球界に復帰し10年に日本一。13年に日米通算2000安打を達成した。今季はここまで35試合の出場で打率・257、1本塁打、8打点。NPB通算はここまで1885試合で打率・271、250本塁打、1010打点。大リーグ通算成績は493試合で打率・268、44本塁打、205打点。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000063-dal-base

【newscollege管理人コメント】
残念だ! また、球界からレジェンドが去っていく!
42歳って年齢を考えれば長い現役生活だって言えるかも知れないけど。
井口選手のホームランが思いのほか好きだった。
勝負強いバッティングが好きだった。

巨人党なアタクシではあるのだが、井口という名のバッターが好きだった。
存在が好きだった。

惜しまれながら辞めるのが美しいとされるけど、もう少し見ていたいというのはファンの我儘なのだろう。

残りのシーズンで輝いて欲しい。

 - スポーツ