newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

ありえないタイミングのシャッター音に吉田弓美子叫び「やめて」 “旬”に大騒ぎするメディアの功罪

   

 顔を引きつらせ、ジロッとにらめつけるシーンがあった。

 女子プロゴルファー、吉田弓美子である。先週のアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)の予選ラウンドで、韓国の“セクシー・クイーン”アン・シネと同組になった。

「カシャ、カシャ、カシャ、カシャ…」

 その瞬間、ものすごい勢いでシャッター音が鳴り響いた。主役はアンである。いつものようにボールを打つ姿がターゲットではない。ストレッチする姿、日焼け止めのスプレーをかけるなど、ほんのちょっとの“動き”にカメラマンが反応していたのだ。

 あるグリーン上ではアンが靴を脱ぎ、逆さにするシーン。どうやら小石が入ったようだが、珍場面にまたシャッターの放列である。

 「すみません、シャッター音、やめてください」。吉田が思わず叫んだのだった。

 メディアが殺到した。たとえば2日目の取材登録は69人。通常のスポーツ部門以外の登録は、情報番組などのテレビクルーを含めたカメラマンが11人。メディアは“旬の素材”を追い求める。

 スター出現はどの業界においても好材料であるが、副産物である“大騒ぎ”も付いてくる。その際、取材する側のマナーにも問題もあるだろうが、“カヤの外”にされた同伴競技者には、迷惑でありストレスになりがちであるのもわかる。

 そういえば…。男子プロで石川遼が登場したときもそうだった。

 大挙してギャラリーが押し寄せた。ゴルフのルールも知らない。マナーも知らない。同伴競技者のプレーがまだ残っているのに、石川のプレーが終わると大民族移動…。「オレは遼とは回りたくない」と言い出す選手もいたほどだ。

 石川は、しかしすぐに周囲を気遣った。簡単なパットを残しても“お先に”をせず、最後にプレーした。“藍ちゃんフィーバー”の時の宮里藍もそうだった。

 アンの場合、見られる魅力に酔いしれて?そこまで気が回っていない。日本参戦して3試合目、それも致し方ない。

 もっとも、些細なことでプレーを崩してしまうようでは、本物のプロフェッショナルではない。

 「ゴルフ場へ足を運んでもらうファンが増えることはいいことです。選手もメンタルに強くなってもらいたいですね」

 ある女子プロ協会幹部の言葉である。ファンやメディアの傍若無人な行動はいただけない。しかし、嘆いてばかりでは未来はない。スター出現を好機ととらえ、どう発展させるか。そんなプラス思考を持ちたい。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170629-00000019-ykf-spo

【newscollege管理人コメント】
プロスポーツが観客やファンがあって成り立つものですから致し方ないとも言えますが、ファンならそのスポーツの特質を理解して観戦して欲しいって思います。
観戦慣れしているファンの立ち回りを参考にするとか、主催者側がファン教育に力いれるとか。
まぁ、メディアのマナー違反は話しにならないと思うけどね。報道のプロなら報道対象に勉強くらいしてから報道して欲しい。

致し方ないといえば致し方ないのかも知れないけど、致し方ないって諦めてる感あるからね。

より良い方向で盛り上がって欲しいものですねぇ。。。

 - スポーツ