newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

ブルーギル1千匹、親子ら駆除 滋賀・八幡堀で釣り大会

   

 滋賀県近江八幡市の観光名所・八幡堀でこのほど、外来魚を駆除する「さかな釣り大会」が開かれた。市内を中心に47組120人の親子らが参加し、2時間半で計1076匹のブルーギルを捕まえた。

 外来種の増殖を少しでも抑えるとともに八幡堀に愛着を持ってもらおうと、市民団体「八幡堀を守る会」が2002年から毎年「海の日」に催している。
 参加者たちは青空の下、幸円橋から本町橋までの約200メートルの両岸に散らばり、釣り糸を垂らした。捕れた在来種はフナ1匹とオイカワ12匹だけで、外来種が在来種を圧倒している現状が改めて浮き彫りとなった。
 近くの八幡小1年佐竹奏梨(そな)さん(6)は「魚が釣れると楽しい。八幡堀の水は少し汚いので泳げるくらいきれいになればいいな」と話していた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00000042-kyt-sctch

【newscollege管理人コメント】
外来種の駆除方法も釣り大会で楽しんでしまうって悪くないね。
ただ、1076匹って(笑)、多すぎでしょー!
在来種、大丈夫かー?

この手の問題を意識して頂けて、その時間を楽しめて、しかも駆除に有益って中々ないですね。
残念なのが駆除が進むと釣れなくなるってことくらいでしょうかね。

 - IT 科学