newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

AV業界の生ける伝説、村西監督が豪遊ぶりと武勇伝を披露

      2017/07/30

 「ナイスですね」のフレーズで一世を風靡した村西監督は1984年に「クリスタル映像」でAV監督としてデビュー。80年代後半から頭角を現し、トップ女優を次々と発掘。不動の人気を誇った伝説の人物だ。

 “AVあるある”と言われる数々の演出を生んだパイオニアでもあり、「駅弁」や「顔面シャワー」などは村西監督の経験がベースになっているという。

 例えば「駅弁」が生まれたケース。20歳ぐらいのころ、当時ホストだった村西監督はある4人ぐらいの和服を着た中年女性を接客した。

 当時の状況を「お花の先生で、そのおひとりから私はお持ち帰りいただいて、夜のお相手をして」と切り出した村西監督。合体した女性から「立って」「歩いて」「駅弁と言って」と要求されたため、言うとおりに従ったという。そして「弁当、弁当と言ってちょうだい」という女性に対し、意味が分からないまま「弁当」と言うと、彼女が「ギャー」と絶叫。このやり取りがずっと続いたという。

 力尽きた村西監督が布団で寝ていると、寝室に男性の写真が。「誰ですか?」と聞くと女性は「私の主人よ。数年前に亡くなったんだけど。生きている時に毎晩のように『弁当、弁当』って(言ってくれた)」と話し、涙を流した。

 「AVの仕事は誰でもやれることをやっている。セックスなんて誰でもやれること」という村西監督。これをAVとして商品化するためには、「極端なことを言うと、人類が相まみえたことのないようなことをお見せしなくてはいけない」という考えに至ったという。そして記憶をたどり、「あの時の駅弁どうかな」とひらめき、やってみると、それが大好評だった。

 このような“村西スタイル”を次々と生み出し、知名度は急上昇。88年、「ダイヤモンド映像」を設立した村西監督はオーナーも兼任しながら数々の作品を発表、大ヒットを飛ばしまくった。

 当時「3000万円のセックスをする男」と言われていた村西監督は、1つの作品を撮ると、約1億円の売り上げがあった。例えば巨乳AV女優として大活躍した松坂季実子(47)の作品はそのころ1万本以上も売れ、それだけで1億円以上の売り上げになる計算だ。

 絶頂期の年商はなんと100億円。しかも村西監督はオーナーでもあり、「(100億円を)使いたい放題みたいなところはありますね。使い放題と言っても月に1億とか2億程度ですけどね」と言い放った。

 羽振りのよさも桁違いだ。例えば松坂のギャラは当時1本200~300万円だったが、一緒に食事や買い物に行き、洋服で1点2000~3000万円のものをプレゼントした。女優に謝礼を渡してしまうと「それは彼女の所得になっちゃうから」(村西監督)。1回の買い物で5000~6000万円を使うケースもあったという。現金3000~4000万円をアタッシェケースに入れて外出。「それぞれが5000万円とか、1億円とかもうけさせてくれている子たちだから、ケチなことをやちゃったら(ダメ)」と振り返り、4000万円以上の金額になる時は小切手で買い物をしたという。

 一番高価な買い物は4階建てへリポート付きのクルーザーで、値段は約20億円。そのほかにもピンクダイヤモンドが約3億円、ロールスロイスのリムジンが約1億円だった。村西監督は「あとビルを3棟くらい買いました。10億円ぐらい」と普通のテンションで語った。

 しかしそんな豪遊生活も永遠に続くわけがない。バブル崩壊後、AV業界も不況となり、売り上げは激減。投資していたアダルト専門の衛星放送事業も失敗し、会社の業績が悪化した。92年、ダイヤモンド映像が倒産し、抱えた借金は約50億円にものぼった。

 当時、闇金から約20億円借金していたが、村西監督はこれを約2年で返済。この2年、驚異的なペースで約1500本ものAVを撮影し、「最盛期には2日間で(AV女優)50人と撮った」と述べた。

 哲学は「誰も見たことがないAVを撮る」という村西監督。それを追求するあまり、前科7犯となってしまった。うち1犯はアメリカでのもの。村西監督は「(太平洋戦争で)ゼロ戦が真珠湾に特攻していったでしょ?あれと同じコースにセスナ機を2機飛ばして、撮影をした。それがFBIに分かっちゃって。捕まっちゃって。裁判で(求刑)370年」と当時の状況を説明。スタッフを含む15人が逮捕されたが、村西監督以外は全員無罪となった。本人は5000万円で雇った弁護士が司法取引に持ち込み、約2800万円の罰金を払って日本へ帰国したというが、拘留中の費用などを含めると、この騒動で1億円以上かかったという。

 デビューから33年。68歳になった今でも精力的にAVを撮影している村西監督。「現役ですか?」と聞かれ、「はい、仕事でございますから」と胸を張った。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000004-ykf-ent

【newscollege管理人コメント】
雄(オス)として桁違いのパワー感じるわぁ。(笑)
前にも後にも村西監督は現れないでしょうね。唯一無二だわぁ。(笑)
時代にも恵まれたとは思うけど、この業界のパイオニアなのは間違いない。
バイタリティがハンパないでしょ、村西監督!(笑)

尊敬できるかどうかというと微妙ですが、、、(笑)

たくさんお世話になったもんなぁ(笑)感謝しかないわぁ(笑)

 - エンタメ