newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

<パチンコ・パチスロ>「遊技障害」の恐れ 国内に90万人

      2017/08/25

 パチンコ・パチスロに過度にのめり込む「遊技障害」が疑われる状態になったことのある人が国内に約90万人いることが24日、お茶の水女子大のワーキンググループと精神科医や研究者らによる「パチンコ依存問題研究会」の初めての全国調査で分かった。調査結果を公表した牧野暢男・日本女子大名誉教授(社会学)は「社会的に対策を講じるべきだ」と訴えた。

 今年1~2月、無作為抽出した18~79歳の男女9000人に調査票を送り、5060人(56.2%)から回答を得た。過去に精神面や家計、仕事、人間関係などのいずれかに支障が出ている「遊技障害」の疑われる状態になったことがある人は47人で、全国では約90万人と推計された。直近1年に限ると21人で、全国推計は約40万人。21人の特性を分析すると、離婚経験がある人や預貯金のない人が多かった。一方、男女や年代、学歴、職業、居住地、店舗の遠近との関連は見られなかった。

 グループは依存度を科学的に計測するためのパチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)を独自に開発し、依存時によく見られる状況や行動を27項目挙げて数値化。一定点数以上の人を遊技障害の恐れがあると判断し、医学的な審査を経て調査を実施した。

 厚生労働省の研究班による全国の成人約4000人を対象にした2013年の調査では、ギャンブル依存が疑われる状態になったことがあるのは成人人口の4.8%に当たる約536万人と推計している。牧野名誉教授は「今回は予想を下回る結果になったが、それでも数十万人は大きな数字。障害を引き起こす要因の特定や、障害の予防や治療法の検討に取り組んでいきたい」と話した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000059-mai-soci

【newscollege管理人コメント】
パチンコ・スロットの依存症問題。。。  
カジノ法案が通過してからのパチンコ業界の叩かれ方は凄いねぇ。
依存症問題の抜本的な対策なんて、お役所には無理っしょ。
お役所には臭いものに蓋をする的な対策しか出来やしないよねぇ。

これからも業界叩きは続くのでしょうねぇ。。。

カジノの闇の方がきっと深いよぉぉぉ~!!!

 - 国内news