newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

ゴミの中から2千万円! パート山分け 持ち主見つからず寄付

   

 奈良県御所市の廃棄物処分場で5月、ゴミの中から見つかった2千万円をパート従業員5人が山分けしたとして、奈良県警高田署が窃盗容疑で当時60~78歳の男5人を葛城区検に書類送検した事件で、処分場を運営する同市の奈良総合リサイクルセンターが14日、見つかった2千万円を市に寄付した。

 事件後、高田署が回収するなどした1千985万円は同署で保管されていたが、持ち主が現れなかったため、遺失物法に基づき所有権が同社に移転。男らが使っていた15万円を同社が補填し、計2千万円を市に寄付することを決めたという。

 14日、同社の山本譲二社長(35)らが2千万円を持参し市役所を訪問。山本社長は「市民のために使っていただければ」と、東川裕市長に現金を手渡した。東川市長は「大変ありがたいこと。市の事業を展開していくなか、有効に使わせていただく」と話した。

 事件では、5月23日午後10時半ごろ、当時60歳の男が現金2千万円を発見し、1千万円を窃取。翌日午前2時ごろ、4人と共謀して残り1千万円を盗んで山分けしたとして高田署は6月、5人を窃盗容疑で書類送検。葛城区検は8月10日付で、5人を不起訴(起訴猶予)処分としていた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000518-san-soci

【newscollege管理人コメント】
どうなの!? ゴミから出てきたお金ってポッケにいれちゃうかも。。。

窃盗になるのね。。。(あたりまえか)

警察に届け出て、持ち主出てこなければ自分のものになるわけだから、届け出ましょうぉねぇ。

でも、それを寄付できるかどうかは、わかりまへんけど。。。

 - 国内news