newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

「スーパーカップ」アイス、正式略称が意外 明治「社内では××××と呼んでます」

   

 「スーパーカップ」の愛称で知られる「明治エッセルスーパーカップ」といえば、手ごろな価格と大きめのサイズが売りの、明治のロングセラーアイスだ。発売以来20年以上、カップアイスとしては業界トップクラスのシェアをキープしている。

 ところが、その「スーパーカップ」という呼び名が、「正しい」ものではないのでは?という噂が広がっている。実際のところはどうなのだろうか。

■公式サイトはいずれも「エッセル」表記

 「明治エッセルスーパーカップ」は、1994年に発売された。当時、「究極の100円カップアイス」と称され高級商品で培った技術力を活用(日本食料新聞、94年9月5日付)、登場直後に同価格帯のトップシェアを獲得した。以来、現在にいたるまで人気をキープしている。なお、「IT mediaビジネスONLINE」の取材に担当者が語っているところによれば(「『明治 エッセルスーパーカップ』が売れている、控え目な理由」、2017年6月14日)、発売以来、味は微調整を加えながらもほとんど変わっていないという。

 このアイスのことを、多くの人は「スーパーカップ」の名前で認識しているだろう。ところが、その正式な略称が実は「エッセル」らしい、という話題が、ここのところツイッターなどで盛り上がっている。

 きっかけとなったのは、明治による公式サイトだ。アレンジレシピや、豆知識などが掲載されているのだが、それぞれ「エッセル スマイルレシピ」「シッテル?エッセル!」など、「エッセル」という言葉が、コーナー名として用いられているのである。ページのURLに使われているのも「essel(エッセル)」だ。

 この事実に気づいた人がツイートしたことをきっかけに、「バイレーツ」などのニュースサイトやまとめブログにも次々と取り上げられ、

  「おまえ、スーパーカップじゃなくてエッセルが名前だったんだな......」
  「エッセルなんてどこに書いてあったかな......」
  「スーパーカップの文字の方が大きいんだもん、これはもうエッセルじゃないよ、スーパーカップだよ」

などと驚き、戸惑い、あるいは混乱する声がツイッターでは相次いだ。

「できればエッセルと呼んでほしいですが...」

 真相を探るべく、明治の広報担当者に電話取材した。

  「商品名は『明治エッセルスーパーカップ』です。ただ、略するとすると、社内では『エッセル』と呼んでいます」

 そもそも明治では過去に、「エッセル」(1991年)というアイスを販売していた。現在の「エッセルスーパーカップ」は、その「エッセル」を前身としており、名前もそこから引き継いだという経緯があるのだ。

 歴代のパッケージを見ても、発売以来「エッセル(Essel)」の文字は必ず描かれており、特に94年の初代ロゴは、「スーパーカップ」とほぼ変わらないサイズだ。2001年バージョンではかなり小さくなったが、2009年のリニューアルで「復権」、現在に至るまで存在感を保っている。なお、エッセルは「エクセレント(非常に優れた)」と「エッセンシャル(絶対に必要な、基本的な、主要な)」を元にした造語だという。

 では、私たちも「エッセル」と言うべきなのだろうか。「できれば『エッセル』と呼んでほしいですが......」と言う担当者だが、最後には朗らかにこう付け加えた。

  「お客様には、馴染みのある方で呼んでいただければと思います」

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000001-jct-bus_all&p=1

【newscollege管理人コメント】
バニラアイスのカップアイスは定番中の定番で、わが家にも常にある状態っす。

その中でも購入率の高い「スーパーカップ」が名前が正式ではないらしいっす。

まぁ大好きな自分的な感想としては、どうでもいいっす。

たっぷりはいったバニラアイスをほおばる幸せは名前は関係ないっす。

自分的には今後も「スーパーカップ」で!!!

ちなみにチョコミントも大好きっすー!!!

 - 国内news