newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

LGBT揶揄するキャラに批判 フジテレビ「差別の意図はありませんでした」

   

9月28日夜にフジテレビ系で放送されたバラエティー番組で、30年ほど前に人気だったコントのキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」が登場し、同性愛者を揶揄するようなやり取りが繰り広げられたことが、物議を醸している。自らゲイだとカミングアウトしている男性は「まさか2017年に『ホモ』という言葉をテレビで聞くことになるとは…」と語る。

「ゲイを笑い者にして面白いのか」

問題となった番組は、28日夜9時からフジテレビ系で放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」。かつて人気を集めたお笑いコントのキャラクターが複数登場し、なかでも銀座の町歩きコーナーに出てきた、とんねるずの石橋貴明さん扮する「保毛尾田保毛男」が、ゲイの男性に対する差別的な表現だと批判された。

濃い青ヒゲにピンク色の頬。扇子をなびかせながら現れた“保毛尾田”は、同じく30年前のキャラに扮した木梨憲武さんと共に登場した。共演したビートたけしさんは“保毛尾田”たちの姿を見て、「別の国に行ったら死刑だぞこれ」「小学校のとき、こういう格好の親父が公園で待ってたよ。みんなで逃げたよ」と発言。 さらに木梨さんが「あんた、ホモなんでしょ?」と言うと、“保毛尾田”はくぐもったやや高い声で、「ホモでなくて、あくまでも噂なの」と答える場面が放送された。

“保毛尾田”の登場に対し、Twitterにはゲイの男性へのステレオタイプを笑いのネタにしていると批判が殺到。「ゲイを笑い者にして、それが本当に面白いのか」「当時の自分はこれでゲラゲラ笑ってたけど、時代は変わった」などとの指摘や、「このキャラクターの話題になるたび、顔では笑いながら心の中ではホモであることが周りにバレたらどうしようと震えていた。名前を聞くだけで心が縮こまるのを感じた」との声も寄せられた。

「まさか2017年に『ホモ』という言葉をテレビで聞くことになるとは」

自らゲイだとカミングアウトし、LGBTを理解し支援したいと思う人(アライ)を増やす活動をしている松岡宗嗣さんは、BuzzFeed Newsの取材に対し、「まさか2017年に『ホモ』という言葉をテレビから聞くことになるとは思ってもみなかった」と話す。

松岡さんは放送前日に番組内容を知り、当日テレビで視聴した。“保毛尾田”の見た目や話し方、出演者のやりとりを見て、「30年前に『ホモ』はこうした気持ち悪いものとして語られていたんだなと思い、それを改めて肯定している内容に嫌悪感を感じた」という。

一番懸念しているのは、周囲にカミングアウトしていないLGBT、特に子どもたちへの影響だ。松岡さんも自分がゲイだと気付き、悩んでいた中高生の頃、テレビを見て「自分のセクシュアリティを笑いにするか、一切隠すしかないんだと思い込んでしまっていた」という。

「“保毛尾田”を見て懐かしいと感じる世代は、小・中学生の親になっている人も多いと思います。『やっぱり面白いな』『やっぱりホモは気持ち悪いな』と笑う親の隣に、もし自分のセクシュアリティを言えずにいる子がいたとしたら。それだけで、その子は家にいれなくなるほど追い詰められるかもしれない」

番組の制作者には、「LGBTの当事者と出会ってほしい」と話す。

「今回うれしかったのは『自分は非当事者だけど、何が面白いのかわからなかった』『マジョリティだからこそこういうのはいらないって言おうよ』って声を上げてくれる人が増えたことです。(“保毛尾田”が)懐かしいという気持ちがすごくあるんだと思いますが、時代は変わっています。当時は苦しんでいた人が声をあげられなかっただけで、今は当事者が可視化されて、当たり前に毎日を生きているということを見てほしいです」

フジテレビ「差別の意図はありませんでした」

フジテレビは今年5月の「東京レインボーウィーク2017」で、お台場にある本社を虹色にライトアップするなどして、LGBTへのサポートを表明してきた。

同社の広報はBuzzFeed Newsの取材に対し、批判が殺到したことについて、「本放送では、LGBTの方々を揶揄するような意図を持って、制作はしておりません。差別の意図はありませんでしたが、番組をご覧になって不快な思いをされた方がいらっしゃることについては、真摯に受け止め、今後の番組作りに生かしていきたいと思います」と答えた。

また、「番組制作の詳細に関してはお答えしておりません」とした上で、“保毛尾田”を登場させた理由は、「1988年~1997年にかけて放送されていた、本キャラクターはあくまでも番組放送30周年ということで、本番組の歴史を振り返り、番組の人気キャラクターとして登場させたものです」と説明した。

同番組のスポンサーが降板したという説については、「スポンサー企業に関する質問についてはお答えしていません」とした。

スポニチによると、フジテレビの宮内正喜社長は29日、定例会見に出席。批判の声が出ていることを受け、「これは30周年スペシャルで、30年間で作り出してきた色々なキャラクターで展開をしたわけですが、もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは大変遺憾なこと。謝罪をしないといけない」と陳謝した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010004-bfj-soci&p=1

【newscollege管理人コメント】
時代は変わってしまったのね。
当時は純粋にゲラゲラ笑ってましたよ。とんねるずのコントの大ファンでしたよ。
石橋さんの扮した姿を拝見するだけで、笑いが出てしまいそうになるほど懐かしく感じましたよ。

でも、時代がこの手のものは受け入れられなくなってしまったのね。。。

自由奔放になんでも電波に乗せられた時代の番組は面白かったのは事実かもね。

当時はヤラセも沢山あったと思うし、今では再放送すら出来ない番組も多数あると思う。

そんな番組は実際面白かったよね。それはもう古き良き時代ってことになるのかな。(良きってつけたらダメかな)

とんねるずの大ファンなだけに、これから益々テレビで見る機会が少なくなるのが残念。。。

イボアイコにしておけば良かったのかな。それもギボさんを揶揄することになるのかな。。。

 - エンタメ