newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

東国原英夫氏、希望の党の公認を受けた元民進党議員へ「情け無い。理念や政策までも曲げるのか」

   

 元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)が4日、自身のツイッターを更新し、東京都の小池百合子知事(65)が代表を務める新党「希望の党」が衆院選の立候補予定者として小選挙区191人、比例東北1人の計192人を擁立すると発表したことに自身の見解を示した。

 東国原氏はツイッターで「「希望の党」から一次公認が発表された。メンバーは「第二民進党」、政策は「第二自民党」である。しかし、メンバーを見て驚いた。「貴方方のこれまでの主義・主張・理念は一体何だったのか」「選挙に当選する為に理念や政策までも曲げるのか」…」と示した。

 さらに連続ツイートでこうした議員へ「本当に情け無い。呆れて物も言えない。枝野氏等の方がまだ筋が通っている。僕が県知事時代、民主党政権だった。その時、ちょっと色々あって、個人的に枝野氏は余り好きでは無いが、自らの理念や政策にブレが無い。それはそれで立派だと思う」とつづっていた。

 希望の党が公認した元民進党出身者は小選挙区で110人となっている。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00000067-sph-soci

【newscollege管理人コメント】
県知事を経験されて政治の実態を熟知されてる方の発言だけに、気になりますね。

野心の塊・野心の権化となった小池都知事の政界のかき回し方にチョット食傷気味っすね。

何が正しくて、何が良いのか、よくわからなくなってきましたよ。

マニュフェストって、もう死語なの!?

各政党がなにをやりたいのか、、、(笑)

 - 国内news