newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

クマの巨大な舌を切除、口閉じられず、原因は不明

   

生後18カ月でメロンサイズに肥大、重さ約3kg

 獣医のヘザー・ベーコン氏は、保護されたクマのさまざまな病気や怪我を診てきたが、「ニャン・フトゥー」のような症例は見たことも聞いたこともなかった。

 ニャン・フトゥーは、ミャンマーのタバワ動物シェルターに保護された生後18カ月のツキノワグマだ。ピンク色のメロンのような巨大な舌が口から垂れ下がり、あごは閉じられない。それどころか、舌を引きずって歩いていたため、ばい菌をなめてしまうし、舌は傷だらけだった。

 巨大な舌のせいで、ニャン・フトゥーは餌を食べるのも難しく、シェルターで一緒に保護されている兄弟と遊ぶこともできなくなっていた。

 そこでこの10月、英国エディンバラ大学ロイヤル(ディック)獣医学部のベーコン氏をはじめとする獣医師チームは、ニャン・フトゥーの巨大な舌を切除する手術を行った。

「巨大な舌は、彼を本当に苦しめていました」と、クマの治療に携わるようになって10年になるベーコン氏は言う。 「彼は、正常な舌を持ったことがないのです。使い方は、これから学ばなければなりません」

4時間にわたる大手術

 2016年、タバワ動物シェルターの僧侶たちは野生動物密売人の手から幼いツキノワグマの兄弟を救い出し、ニャン・フトゥー(ミャンマー語で「聡明」という意味)とカン・フトゥーと名づけた。

 子グマたちは中国に送られ、違法に売られる予定になっていた。目的は、胆のうが分泌する胆汁だ。アジアの伝統医学では、がんから二日酔いまで、さまざまな病気の治療にツキノワグマとマレーグマの胆汁がよく使われている。

 ニャン・フトゥーの舌は、実は保護された時点ですでにバナナほどの大きさがあり、僧侶たちは地元の獣医師数人に相談した。その1人であるカイネ・マー氏からベーコン氏とアジア動物基金のキャロライン・ネルソン氏に話が伝わった。

 2016年に獣医師チームが最初の手術を行ったとき、彼らは全体を切除することをためらった。「やりすぎだと思ったのです」とベーコン氏。生後4カ月のニャン・フトゥーの体重は約4.5kgしかなく、そんな手術をするには小さすぎたのだ。「どんなふうに成長するか、まったく分かりませんでした」

 結局、2016年の手術では腫れの一部を切除したが、その後、ニャン・フトゥーの舌はふたたび悪化してしまった。

 野生動物の手術を行うチーム「国際野生動物外科手術」のロマン・ピッツィ氏やミャンマーの獣医師たちの協力を得て、獣医師たちは2017年10月初旬にニャン・フトゥーの舌の切除手術に踏み切った。舌の重さは3kgほどもあり、手術は4時間におよんだ。

象皮病の可能性も

 ニャン・フトゥーの舌が肥大した原因はまだ「ちょっとしたミステリー」だとベーコン氏は言う。先天的な病気のせいかもしれないが、カン・フトゥーの方は「完全に正常」だという。

 獣医師たちは象皮病の可能性も考えている。象皮病はフィラリアの寄生によって起こる病気で、手足が極端に肥大することがあるからだ。

 象皮病は東南アジアの人々に多い病気だが、クマでは報告されていない。切除された舌のサンプルは、検査機関に送られた。

 ニャン・フトゥーはミャンマーの施設で世話を受けながら徐々に回復していて、今後もそこにとどまることになる。彼は兄弟と自由に遊べるほど元気になり、新しい食物にも興味を示しはじめている。

「まさに国際的な取り組みでした」とベーコン氏は言う。「このまま順調に回復すると今は期待しています」

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00010003-nknatiogeo-sctch&p=1

【newscollege管理人コメント】
こんなことってあるんですね。

自然界でこのクマが生存出来たのでしょうかね。

餌を獲っても食べられないでしょうね。

無事手術が成功して普通に餌を食べられるようになって欲しいものです。

 - 海外news