newscollege

ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

Powered By 画RSS Powered By 画RSS

@NewscollgeInfoさんをフォロー

MLBスカウトに聞く。湧井×平野◎牧田○ メジャー挑戦表明3人本当の評価

   

 今年、1995年に野茂英雄がドジャースに移籍して以来続いていた日本人選手のメジャーデビューが、22年で途切れた。また今季、大リーグに所属した日本人選手はわずか8人。一時期は、百花繚乱の様相を呈したが、上原浩治、岩隈久志ら故障者も多く、ダルビッシュ有と前田健太がワールドシリーズに出場したとはいえ、華やかさを欠いた。

しかし来年、一気に日本人大リーガーが増えるかもしれない。

 大谷翔平(日本ハム)、牧田和久(西武)が、ポスティング制度を利用しての大リーグ移籍を目指し、平野佳寿(オリックス)、涌井秀章(ロッテ)が海外FA権を行使する見込みだ。

 今回は、牧田、平野、涌井について話を進めるが、西武がポスティングでの移籍を認めた牧田に関しては、すぐさま米メディアも反応し、6日朝には、トレードの噂などを専門に扱う「トレード・ルーマーズ」というサイトが早速、そのことを伝えている。

「(メジャーには少ない)アンダースローでもあり、それなりに中継ぎとしてマーケットがあるのではないか」
 好意的なニュアンスだったが、あるナ・リーグのスカウトにも聞くと、「契約に苦労しないのでは」と同様に高い評価だった。

「三振が少ないのは気になるが、制球はいい。何より、メジャーにはいないタイプの投手だ。かつての高津(臣吾)を彷彿とさせ、相手は彼の軌道に慣れるまでは、苦労するだろう」

 メジャーにもブラッド・ジーグラーやジョー・スミスなど、アンダースロー投手はいるが、「彼らとは、球筋が違う」という。

「今年のWBCを覚えているが、まっすぐが浮き上がるようだった。相手打者は球速以上に速く感じるはず。特に右打者は、苦労するだろう」

 このプレーオフでドジャースの前田健太は、対右のリリーフとして起用されたが、同様の起用を想定した需要があるということか。

 一方、別のア・リーグのスカウトは、「ロングマンとして使える」と評価をした。

「先発経験もあるだけに、それなりに左打者の攻め方も知っているだろう」

 では、相場はどうかと聞けば、「2年総額250万ドル(約2億7500万円)+出来高」とし、続けている。

「33歳で開幕を迎えるため、その点で総額が抑えられるかもしれないが、その分、登板数の出来高で厚みを持たせれば、折り合うのは難しくないのではないか」

 続いてオリックスのクローザーとして実績を残した平野だが、ナ・リーグのスカウトは、「すでに、複数の球団が動いているはず」と話した。

「彼のフォークボールは、こっちでも十分に通用するだろう。ただ、日本のタイミングで落とすと、大リーグのバッターは振らない可能性があるので、どこに落とせば手を出すのか、オープン戦などで奥行きを調節する必要がある。それが開幕までに把握できれば、セットアッパーとして十分に計算できるのではないか」

 ニーズの面でも、心配はない。

「4~5年前まで、7~8回のセットアッパーは若い選手に任せる傾向が強かったが、今は、セットアッパーの重要性が増し、それなりに実績のある投手を多く抱える傾向にある」

 ア・リーグのスカウトも、「セットアッパーとして、使える」と評価し、続けた。「チームによっては6~7回かもしれない。でも、8回を任せられるのではないか」

 となると、相場も悪くはない。

 ア・リーグのスカウトは、「2年総額400万ドル(約4億4000万円)~500万ドル(約5億5000万円)+出来高」と予想。争奪戦になれば、「3年目のオプションがつくのでは」と話した。

 プレーオフでセットアッパー不在に苦しんだカブスなどは、狙っていてもおかしくない。レッドソックス、カージナルス、マリナーズ、レンジャーズあたりも動くかもしれない。

 さて、先発の涌井に関しては、評価が厳しい。

 まずは、ナ・リーグのスカウト。
 
「20代前半の頃の涌井を覚えている。あの時に彼がこっちに来ていれば、年俸1000万ドル(約11億円)は軽く超えただろう。力で抑えるタイプではない。となると、制球力と駆け引き。岩隈久志のようなスタイルを確立できれば、こっちでも通用するだろうが、岩隈はある意味、別格だ。適応に時間を要するかもしれない点で、リスクが大きい」

 評価的には「先発4~5番手」。となると年俸はせいぜい200万ドル(約2億2000万円)~300万ドル(約3億3000万円)が相場だが、一方でア・リーグのスカウトは、「日本に残った方がいい」と話した。

「あの球では、こっちでは厳しい」

 かつてクローザーを経験するなど汎用性もあるが、例えば、先発5番手を複数で争う状況でも来るのかーーという面でも、疑問を感じているようだった。

 さて、評価通りなら、平野がまず決まりそう。牧田は、新ポスティング制度次第。涌井は、それなりに厳しい交渉を覚悟しなければならないのかもしれない。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000003-wordleafs-base

【newscollege管理人コメント】
最近では世界での活躍を目指す日本人が増えてきて、かつては目指すだけで賞賛された時期もあったかも知れないが現状は目指すだけではなく「大活躍」しないと脚光を浴びない。

どもジャンルでも世界の第一線に挑戦することは素晴らしいし賞賛に値すると思うけど。

メジャーリーグに関して言うとMLBに挑戦する選手の全員がMLBでの大成功を求めているというより、夢のメジャーリーグを目指すって感じの選手もいるだろう。
投手にしろ、野手にしろ、前例のないことへの挑戦ではないのでね。
個人的には日本野球のレベルの高さを世界に知らしめて欲しいという気持ちが強いので、どの選手もレギュラーとして戦力として活躍して欲しいと思う。来シーズン、メジャーを目指す選手は投手ばかり(大谷選手は野手である可能性もあるけど)で野手のメジャー挑戦がないのが寂しいかな。
日本プロ野球界の空洞化やスター不在等々言われているけれども、それでもプロ野球は面白いし、逆にに空いた枠は若手選手の起用する機会を増やすことにもなるので前向きにとらえて欲しいもの。
メジャーで韓国人選手や中国人選手、アジア出身の選手が活躍すれば、日本人選手はどうなってるのか!?って批判めいた話になるはずだから、むしろアジア出身の選手といえば日本人選手といわれるくらいの活躍をして欲しい。

アメリカメジャーリーグにどんどん挑戦して、どんどん活躍して欲しい。

 - スポーツ