ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

野村沙知代さん、急死…克也氏に「手を握って」が最期の言葉

投稿日:

 プロ野球元楽天監督、野村克也氏(82)=サンケイスポーツ専属評論家=の夫人、沙知代(さちよ)さんが8日午後、東京・世田谷区内の自宅で倒れ、病院に緊急搬送されたものの、午後4時9分に亡くなった。85歳だった。葬儀・告別式は未定。1978年に結婚、現役引退後の野村氏のマネジメントを務める一方、テレビなどでは歯にきぬ着せぬ発言で「ご意見番」として活躍した。野村氏はサンケイスポーツに別れの瞬間の様子を明かし、「あっけない。こんな別れがあるのか」とぼう然とした。

 おしどり夫婦の永遠の別れの瞬間は、突然訪れた。「あっけない。こんな別れがあるのかなあ」。野村克也氏は、愛妻・沙知代さんが亡くなった経緯についてポツリポツリと明かした。

 8日昼過ぎ、克也氏が東京都内の自宅で遅くに起床すると、寝室の隣のベッドで休んでいた沙知代さんが「左手を出して。手を握って」と話しかけてきた。思いがけない妻の願いに、克也氏は「そんなことを言うなんて、珍しいな」と笑いながら、手を握った。

 沙知代さんも起き、ダイニングへ向かったが、用意された食事には一口しか手をつけなかったという。しばらくして、テーブルで意識を失った。「最後は本当にしゃべれなかった。『どうしたんだ?』だけ」。救急車で病院に搬送されたが、午後4時9分、夫に見送られ、永眠した。

 「きのう(7日夜)も、レストランで一緒に食事をした。本当に元気だったんだよ。信じられない。こういうのを突然死っていうのかなあ」

 健康面に問題はなく、「(知り合って)45年以上になるけど、病気したことはない」という。予期せぬ別れとなった。

 2人は1970年ごろに知り合い、克也氏と前妻との離婚が成立した78年に結婚。通算657本塁打を放った大打者であり、南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を務めた野球人の妻として、また愛息・克則氏(44)=ヤクルト2軍バッテリーコーチ=らの母として、一家を支えてきた。

 90年ごろからテレビ番組に出演。「サッチー」の愛称で芸能界、教育論などで辛口のコメントを連発し「ご意見番」としても活躍した。歯にきぬ着せない発言で周囲と衝突しても、一歩も引かない強い姿を克也氏が「ドーベルマン」と評したこともあったほどだった。

 克也氏が楽天監督を退任後の2010年以降は、耳の聞こえが悪くなったこともあり、テレビ出演を控えるようになった。15年10月2日、ヤクルトがリーグ優勝を決めた神宮球場のネット裏席で夫婦が並んで観戦。1軍コーチだった克則氏らを祝福する姿もあった。

 昨年10月に自宅で転倒して骨折し、1カ月以上も入院生活を送った。退院後も毎晩、夫と行きつけの料理店をめぐって夕食をともにする日課は欠かさなかった。サンケイスポーツ評論「ノムラの考え」のためにナイターの取材をした夜も、迎えの車には必ず沙知代さんの姿があり、仲むつまじく深夜のレストランに向かった。

 「苦しみも何もなかったと思う。元気なまま逝ったよ。俺は『グラウンドで胴上げされながらポックリ死にたい』と話してきたけれど、かかあが俺の理想の死に方をするなんてなあ。感謝しかないが、まだ気の利いた言葉は出てこないよ」

 二人三脚で人生の荒波を乗り越えてきた最愛の伴侶を失った。雪が舞った夜、克也氏はカメラの前で「本当に何の苦労もなく、典型的な“かかあ天下”の家族でした」と振り返ったが、さすがに憔悴(しょうすい)した表情。気持ちの整理がつかないようだった。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000012-sanspo-base

【newscollege管理人コメント】
サッチーこと野村沙知代さんが亡くなられた。バイタリティーの塊のような生前のお姿が偲ばれる。

野村監督(正確には元だけど)も寂しくて仕方ないだろう。

この後、気落ちして元気な野村監督でいられなくなってしまうのではないか心配です。

ご冥福をお祈り致します。








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.