ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

海外news

ネス湖の“ネッシー目撃情報”が過去最多に、要因は「スマホとライブカメラの性能向上」

更新日:

スコットランド北部のネス湖で“ネッシー”とされる姿はこれまで数多く撮影されてきたが、その目撃情報が今急増しているという。

2カ月前に9歳の男の子が撮った写真には、湖面から飛び出した三角形のヒレのようなものが写されている。6月には、オーストラリア人夫婦が水面で首をもたげる影を捉えた。

去年は監視団体が公式に認めた目撃情報だけで9件あり、21世紀に入って最多となる。ネッシーファンクラブのキャンベル会長も「スマホとライブカメラの性能が向上した。ネッシーの正体がわかる日もきっと近い」と期待を寄せる。

ウェブカメラの生映像で世界中のどこからでも監視できるようになったことも大きな変化で、ウェブカメラによる目撃は去年だけで3件もあった。遊覧船ではソナーで常時監視しており、アンドリュー船長は「この辺でソナーが反応したことがあるんだ」と話す。最新の水中ドローンも捜索に投入され、ネッシーの隠れる場は無くなったようにもみえる。

この日ネッシーを撮影することはできなかったが、ネッシーの研究を40年続けるシャインさんは「あなたがネッシーを目撃できると信じているなら簡単に見ることができる。もし信じていないなら難しいでしょう」と語った。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00010007-abema-int

【以下、上記ニュースに寄せられたコメント】

ll | スマホとライブカメラの性能は確かに上がっている。でも画像処理や加工、特撮の技術も上がっていると思う。

has | これって・・・
ネッシーが”ヤラセ”であったことは、もう随分前にその仕掛人当事者が告白してけりが付いたとばかり思っていたのだが。
また別の仕掛けが現れたということか

m | ロマンはあるけど、たぶんいない。

sey | 池の水抜いてみようよ視聴率スゴいよ

Bb | 真面目にいると思うには根拠が薄すぎるけど、こういう話は大好きだ。夢があっていいし、いてほしいと思うよ。

man | まだやってたの?って感じだけど、観光資源のない町おこし策は地方自治体にとって万国共通な悩みだね。
最後のセンテンスの自称?ネッシー研究家さんの発言が常識的に到達した本件の真実だと思います。

kon | カイオーガかもしれないぞ!

ジャワ | 信じていなけりゃ見れないって、いないと言ってるのと同じ

【newscollege管理人コメント】
うん。正直、どうでもよいかなぁ(笑)

うん。本当に、どうでもよい!(笑)







-海外news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.