ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

IT 科学

日本の在来アリが米国で大繁殖 食性変えて現地アリを駆逐 巣の数は日本の2倍

更新日:

日本では昨年、刺されると死ぬこともある南米原産の猛毒アリ「ヒアリ」が初めて侵入したことが判明し大騒ぎになった。日本の在来アリより凶暴で、定着すれば在来種を駆逐して大繁殖すると懸念されたためだ。結局、初期の駆除が成功し定着には至らなかったが、実は海外で逆の現象が起きていることが京都大などの研究で分かった。日本の在来アリが海を渡って米国の森に侵入、現地のアリを蹴散らし大繁殖しているというのだ。

米国で猛威を振るっているのは「オオハリアリ」。東アジアに広く分布する日本の在来種で、体長4・5ミリ程度の中型アリだ。森の朽ち木にすみ、腹部の先端にある毒針でシロアリばかりを襲って食べる。毒の強さはミツバチと同程度で、人が刺されるとアナフィラキシーショックを起こすこともある。19世紀ごろ、日本などからの貿易船で貨物に紛れて米国に侵入。すぐに定着して大繁殖した。

研究チームは、気候がよく似ている岡山県の7地点と米ノースカロライナ州の6地点で、オオハリアリの生息状況を調査した。すると、面積当たりの巣の数が米国では日本の約2倍と多いことが分かった。同時に、周辺は他の種類のアリの巣がほとんどなく、オオハリアリが在来アリを駆逐して繁殖している実態が判明した。

さらに、オオハリアリが何を食べているかについても、餌の昆虫から検出される放射性炭素を分析して推定。その結果、日本ではシロアリを食べていたのに対し、米国ではシロアリのほか、イモムシやガの幼虫なども餌に。食性を変えて、他のアリの餌だった生きものまで食べていた。

食性を変えることが可能ならば、なぜ日本では餌をシロアリだけに限定していたのか。研究チームの松浦健二・京大教授(昆虫生態学)は「シロアリは捕食が簡単そうに見えるが、実は兵隊アリに逆襲される危険がある。だが、イモムシなどを餌にしようとしても、日本の朽ち木周辺にはクロオオアリやクロヤマアリといった、これらを餌にする強いアリがいる。こちらとの競合の方がリスクが大きいため、シロアリを主食としていたのではないか」と話す。

一方、米国での食性については「オオハリアリが侵入するまで、米国にはシロアリを食べるアリがいなかったため、豊富で安定した餌資源を背景に定着。競争者がいないため分布がどんどん拡大し、シロアリ以外も捕食する必要が生じたのだろう」と推測する。米国には、イモムシなどを食べる在来アリがいたが、オオハリアリの方が強く、容易に駆逐されたとみられる。

食料化が目的だったブラックバス、ハブ駆除の効果が期待されたマングース、サトウキビ畑の害虫捕食を目指したオオヒキガエルなど、「良かれ」と思って外来の生物が野に放たれたケースはいくつもある。だが多くは生態系を撹乱(かくらん)し、負の効果の方が大きい結末となっている。

松浦教授は「オオハリアリの調査で明らかになったように、外来種は侵入先で生存競争に勝つため食性を急速に変化させるなどして生き延びる。その変化は生態系に予測できないほど大きなインパクトを与える。忘れられやすい事実だが、原産地での情報だけを基に侵入時の影響を想定することがいかに危険か、改めて確認された」と話した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000503-san-sctch

【以下、上記ニュースに寄せられたコメント】

wym | 勉強不足でオオハリアリなんて知らなかった。
というか、日本のアリって比較的おとなしいかと思ってたな。
とりあえずアリの生命力と適応能力はすさまじい。

tan | 今まで逆のパターンがほとんどでしたが、こういうケースもあるんですね。

mi | 「結局、初期の駆除が成功し定着には至らなかったが」ってマスコミが取り扱わなくなっただけでヒアリの生息確認地域ドンドン広がってるのに何寝ぼけてんだ?

get | アルゼンチンアリ問題ってどうなったの?

tfx | そりゃアメリカの面積で考えたらそうなるわな。

maj | ヒアリのニュース突然なくなったな。あんだけのペースでやってたのに、もう見つかっていないのか、全部報道すんのはバカらしくなってやめたのか。。

kik | ヒアリに関して“初期の駆除が成功し定着には至らなかった”などと簡単に結論付けてるけど、まだまだ現在進行中の問題じゃないですか?

apa | こっちのケースは恥ずかしながら考えたこともなかった。 言われてみれば確かにあり得ることだ。 各国、輸出入の関して慎重に対策をしなくてはならないね。

hir | アリさんも異国の地で頑張ってるんだね、、、しみじみ

kum | シロアリとイモムシと蛾か、別にええやんと思ってしまった。

sum | 日本の蟻と言うことは暑さ寒さに強そうですよね。
活動できない時期が少ないし、
集団を食べさせる為にその分遠くまで餌を取りに行かなくてはとか、
増えそうな理由は想像つくかなぁ…。
強いな…日本の蟻。

gin | 日本在来種の蟻って、小柄で、海外種に比べ一番弱いと思っていたんだけど、意外だ。

日 | トランプが怒る

suk | アリのパールハーバー

cnd | 日本の動植物は弱いかと思ったけど

lim | 蟻に関わらず日本の生き物は繊細でか弱い?イメージがあったけど必ずしもそうじゃないのね。

nao | うちのアリがそちらでご迷惑をおかけしているようでスミマセン。

【newscollege管理人コメント】
外来種は敵! 弱い在来種を守れ! 的な報道しか見たことなかったから、やはり意外な感じとなんだか日本古来の在来種もやれば出来るじゃんか的な感情が入り乱れております。

ただ、冷静に考えれば種の輸入だけでなく、種の輸出もあるはずで、中には海外の生態系を壊すやつらもいるってことですよね。

海外の在来種を守る必要があれば、日本から渡った外来種を駆除するしかないよね。

それだけの話だと思うけど。







-IT 科学

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.