ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

インフル大流行は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせい?

投稿日:

インフルエンザが猛威を振るっている。

厚生労働省が1月26日にまとめた発生状況によると、全国で推計患者数は約283万人。これは1999年に調査を開始してから過去最多だという。

これを受けてメディアは「なぜインフルが大流行したのか」みたいなテーマでさまざまな分析をしている。最初にワクチン不足があったせいだという意見もあるが、目下有力なのは、A型とB型が同時に流行したことで患者数がグーンと押し上がったから、らしい。

ただ、個人的には、ここまですさまじいほどの大流行をした根本的な原因は、日本社会に溢れかえる、「あの人々」のせいのような気がしてならない。

それは、「風邪でも絶対に休まないおじさん」である。

みなさんも職場や通勤電車で見かけたことがあるだろう。誰が見ても熱があって具合が悪そうなのに出勤してきて、マスク越しにゴホゴホしながら仕事を頑張る、おじさんたちだ。

そういう缶コーヒーのCMに出てきそうな「頑張り屋さん」が日本経済を支えているんじゃないかとかばう人もいるだろうが、この手のおじさんは周囲にとって迷惑以外の何物でもない。体調が悪いので仕事の効率は悪いが、周囲はそれを責めるわけにもいかず、むしろフォローをする局面が多い。要するに、中途半端な参戦によって、周囲に余計な仕事が増えるのだ。

だが、なによりも迷惑なのは、この手のおじさんは職場における「パンデミックの引き金」になってしまうことにある。

おじさんご本人はマスクをしているので問題ないと思っているが、完全密閉ではないのでどうしても「しぶき」などが隙間から、空気中に飛散する。さらに、手についた唾が、ドアノブ、複合機のボタンなどで周囲の人に接触感染を引き起こす恐れもあるのだ。

もうなにを言わんとするかお分かりだろう。

ご存じのように、今冬のインフルはかかっても高熱が出るなど重症化しない。そのため、「熱っぽいな」くらいの人々が日常生活のなかでウィルスをまきちらすことが懸念されていた。つまり、自覚症状なき人の代表格ともいうべき、「風邪でも絶対に休まないおじさん」が、日本社会のいたるところでインフルの感染拡大を招いた恐れがあるのだ。

●管理職の7割が「風邪でも会社にいく派」

なんてことを言うと、仮に「隠れインフル」が原因だとしても、そこでなぜ我々「おじさん」ばかりを目の敵にするのだ、と不愉快になるおじさんも多いことだろうが、それにはちゃんと理由がある。

「風邪くらいで絶対に休めない」という常識を社会に広めている犯人だからだ。

2016年、第一三共ヘルスケアが30~40代の4603人を男性を対象に調査をしたところ、約6割が「風邪で仕事を休めない」と考えていることが判明した。

つい先日も、『ネプリーグSP~林先生VS11人の最強インテリ芸能人!冬の陣~』で、「38度以上の熱で会社を休む人の割合」が45%、38度以上の熱があっても過半数の人が会社を休まないという調査結果が紹介されて話題となったので、特に驚くような結果ではないかもしれないが、この第一三共の調査で注目すべきは、この風邪でも「休まない派」を役職別に調べた点にある。

一般社員(47%)、係長/主任クラス(49%)、経営者(51%)などと比べて67%と圧倒的に「休まない派」が多いのが、なんと「部長クラス」だったのだ。

少しくらい熱や咳があっても出勤する、というと体力を過信している若者や、組織内での評価が定まっていない新人のイメージが多いかもしれないが、実は組織内である程度のポジションにつけばつくほど、「風邪くらいで休めない」と考えている事実が浮かびあがったのだ。

この結果は、冒頭で紹介した厚労省がまとめた患者数からもうかがえる。年齢別でみると、子ども世代を除いて最も多いのは40代(約29万人)で、次いで50代(約24万人)となっている。我が子から感染した親世代ということもあるだろうが、40~50代といえば働き盛り世代で、組織人ならそれなりのポジションにもついている。

部長クラスの7割が「風邪でも会社にいく派」ということを踏まえると、「これくらい大丈夫」と無理に無理を重ね、最終的にごまかしきれなくなって病院に転がりこむ40~50代もかなり多いのではないかと推察されるのだ。

●「風邪くらいで休めるか派」を問題視する理由

日本人は組織内での責任が増すほど「風邪でも休まない」という傾向がある。この事実は、みなさんが想像している以上に日本社会に悪影響を及ぼしている。

「プレ金だ時短だなんだいっても上司が早く帰ってくれないとこちらは帰宅できない」という声をよく聞くように、日本社会は「上へならえ」が基本である。だから、部長クラスのおじさんが「風邪くらいで休めるか」という思想にとりつかれると、その部下である若者世代はもちろん、おじさん社会のなかで肩を並べて働く女性たちも、否応なしにそこへ合わせなければならない。つまり、「風邪くらいで休めるか」という思想が、管理職世代から組織全体、そして社会全体へとまるでウィルスのように広まってしまうのである。

これこそが筆者が、「風邪でも絶対に休まないおじさん」を問題視する最大の理由だ。

厚労省の予測では、新型インフルが発生した場合、最悪200万人の入院患者が出て、64万人が亡くなるという。このような事態をさらに深刻化させるのが、感染してもコホコホと咳をしながら、人混みや職場へ出かけてしまう人たちであることは言うまでもない。来るべきパンデミックの対策としても、1日も早く「風邪でも絶対に休まないおじさん」の減少に努めなくてはいけないのである。

では、いったいどうすればいいのか。

これまで示してきた調査を見ても分かるように、「風邪くらいで仕事は休めない」というのは、もはや日本の常識といっても差し支えないほど定着している。

常識を壊すには、これまで正しいと信じられているような考えをひとつひとつ否定していくしかない。そこで筆者がまず真っ先に手をつけるべきだと考えているのは、「皆勤賞」というものに対する否定である。

だいぶなくなってきたがいまだに、日本社会には「無欠勤」というだけで評価されるカルチャーがあった。なにかしらの功績をあげたとか、人一倍努力をしたとかではなく、「体が丈夫」「毎日休まず通勤(通学)した」というだけで、「すごい」ともてはやされてきた。

●「休まない」ことに価値がある

なぜこういうおかしな風習ができたのかというと、明治時代の近代化による影響が大きい。江戸時代あたりの日本人はわりとアバウトで、約束もよく破ったし、いまのように働き者ではなかった。そこで、明治の経営者たちは、休まない労働者を褒めて、サボりぐせのある人たちにはペナルティを課すという、いわゆる「信賞必罰」というマネジメント方式を導入した。これが皆勤賞の始まりだ。

富国強兵が進むとこの傾向はさらに強まり、無欠勤はなにをおいても尊いものだとなった。それを如実に示すのが、戦時中、生産体制を支える労働戦士を鼓舞する新聞紙面を飾った無欠勤賞賛記事である。

・無缺勤で追撃増産(読売新聞 1944年10月19日)
・働く沖縄乙女に贈る眞心 共に励まし合つて誓ふ“無缺勤”(朝日新聞 1945年8月8日)

どの記事も、「休む」ことは個人エゴであり、それを押し殺して組織に身を捧げることが国のためであり、日本人としての誇りであり、生きがいだと説いた。それは軍国主義だったので仕方がないとマスコミは言い訳をするが、そうではない。拙著『「愛国」という名の亡国論 「日本人すごい」が日本をダメにする』(さくら舎)のなかで詳しく考察したが、当時の日本社会は受け身ではなく、自主的にこのような「常識」を受け入れていた。事実、こういう無欠勤信仰は戦争に負けてきれいさっぱり消えるなどということもなく、戦後もしっかりと続いていた。

それがうかがえるのが、1957年のインフルエンザ流行だ。この年もいつものようなインフルエンザにかかる人が多くいたが、なかでも東京・八王子の流行が深刻で、小中学校8校が休校として、ついには中学1年生の男子が亡くなってしまう。そこで八王子教育委員会はこのような対応をとった。

「こんご児童の無理な登校を恐れて、学業皆勤賞などすべての(褒)ほう賞制度を廃止することとなった」(読売新聞 1957年10月29日)

これは裏を返せば、少しくらいの熱があっても、皆勤賞を目標に無理をして登校をする子どもがたくさんいた、ということである。

当時は戦争が終わってまだ12年しか経っていない。今の我々の「常識」と2005年ごろの日本社会の「常識」がそれほど変わっていないように、1957年の日本は戦時中の「無欠勤信仰」を当たり前のように引きずっていた。

つまり、高度経済成長期に日本人があれほどがむしゃらに働くことができたのは、戦前に刷り込まれた「休むのはエゴ」という教育によるところも大きいのである。

●風邪でも休まないのは「社会悪」

このような皆勤賞カルチャーは高度経済成長期、外国人から「クレイジー」と呼ばれる企業戦士を生み出す要因ともなった。台風でも国鉄のストで交通機関がまひしても、歩いて会社を目指す彼らの頭には、戦時中の労働戦士と同じく、「休むのはエゴ」という思い込みがあった。

その後、バブル景気や「失われた20年」など紆余曲折はあったものの、「休むのはエゴ」という労働文化が消滅することはなかった。むしろ、近年になると、人口増型の経済モデルが破たんして、あらゆる業種がブラック化したことで再燃している。その背中を押しているのが製薬会社だ。従来の風邪薬ではなく、「仕事を休まなくていい薬」というコンセプトを前面に押し出した新商品を続々と世に出してきたのだ。

その代表が、「風邪でも、絶対に休めない あなたへ」というキャッチコピーで知られる、エスエス製薬の「エスタックイブファインEX」だ。これらの薬は、熱や重症になった喉の痛みに効果が高いとされるイブプロフェンが配合されている。要するに、「風邪をごまかすことができる薬」なのだ。

こういう市販薬トレンドもあって、いまや日本社会は無欠勤信仰があふれた戦後と同じくらい、「風邪でも絶対に休めないおじさん」が溢れかえっている。戦後レジームからの脱却なんてことをいうが、ワークスタイルだけをみれば戦前レジームに先祖帰りしている、というのが現実なのだ。

風邪で休んだらクビ・降格というブラック企業をなくしていくためにも、「皆勤賞」から始まる「休むのはエゴ」という明治期につくられた常識を壊していくしかない。つまり、風邪でも休まずに会社に来る、学校へ来るというのは「社会悪」だというくらいの発想の転換を促さなくてはいけないのだ。

休みたくても休める雰囲気ではない。自分が休んだらもうなにも回らない。そういう悲鳴が日本中であがっているのは、よく分かるが、先ほども申し上げたように、病人が無理を押して仕事をしても効率が悪いだけだし、組織全体にはマイナスだ。

日本の生産性向上のためにも、新型インフルで犠牲者を減らすためにも、政官民が一体となって、「風邪でも絶対に休まないおじさん」を「風邪は絶対に休むおじさん」に変えていかなければいけない。

安倍さん、裁量労働制拡大なんかよりもこちらのほうがよほど重要な「働き方改革」のような気がするのですが、いかがでしょうか。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000030-zdn_mkt-bus_all

【以下、上記ニュースに寄せられたコメント】

mas | インフルエンザ3日で治したとか自慢気に言う若いやつが会社の皆にうつして大変なことになった...熱下がってから2日休んでくれよ。

tam | 子どもでも、熱が下がったからと直ぐに学校にくる子が多い。親が何日も仕事を休めないから。最近は、抗インフルエンザ薬で数日で熱が下がって直ぐに学校にくる。うちの学校は、医師からの登校許可書の提出もないから、規定通りに休まない子も多い。既に、複数のクラスで学級閉鎖です。

boc | 高校スポーツなんかをみていると、確かに教育がなってないと思う。今ここで無理をさせない、怪我や病気を治すのが優先、という当たり前のことをしようとしていない。インフルエンザなど感染力の高い病気にかかった状態で出勤すると、本人が所属する職場だけでなく、訪れる客、取引先にまで害を及ぼす加害者になる。他社に被害を及ぼさないよう、しっかり欠勤すべし。

zac | 先日、スーパーで立ち話していた二人の若いママさん。お互いに4~5才くらいの子供を連れていた。子供はマスクなし。店内で遊んでいる状況。その横をすり抜けようとしたら「まさか同じBインフルなんてウケル(笑)」とママさんの会話。「ホンマに~♪てか普通に走ってるし(笑)」と、こんな感じで蔓延するのよね。自己防衛するしかないよ。オジサンだけが悪い訳じゃない。庇うわけじゃないけどね(笑)

aoi | そういうオジサンもだけど、子どもの体調が悪いのに無理やりにでも登校させる親も。朝37.5度を超えない程度まで熱が下がったからとすぐに行かせる親とか、インフルエンザなのを隠して休まないといけない日数を減らす親とか。だいたいが働いてるママがやる事。つまり、どれも日本の働き方が問題なのかも。もっと休みやすい環境になるといいのに。

kag | 社会人でインフルになると会社のルールで『○日間、休む事』ってなっているけど、それを従業員が周知してない事が多いので、せめてインフル流行前に周知する様にした方がいいと思う。後は確実に休む日数で良くならない場合もあるので、そこは最低限、臨機応変にしてほしいかも…きっちり治ってないのに出社して周りにうつされたら困ります。インフルじゃなくても風邪で咳が酷い等の体調不良があるのに無理して出社するのも禁止してほしい。

ana | おじさんに限らず電車とかでゲホゲホする人に限ってマスクしてないわ手で口元覆いもしないわで不愉快極まりないです。
風邪じゃなくてもそれによって飛ぶ唾とかは綺麗なものじゃないんだから自覚してほしいですね。
それが気持ち悪くて気休め程度ですが1年中マスクしてます。
この時期は特に手洗いも入念に…。

ich | おじさんのせいって、休ませてくれない会社のせいだろ。おじさんだって休めるなら休みたいでしょ。あとは人前で咳やくしゃみを飛ばしまくり、人に移すことは何とも思ってない人たちや、病院でも子どもを裸足で歩かせたり寝っ転がらせたり、床に上着やバッグを置いて平然としてる親御さんなど、感染拡大の意識の薄い人が多いね。

*** | それもあるのは確かでしょうが、働くお母さんの中の意識の低い人も一因ですよ。熱がある子どもを学校に行かせる。「絶対保健室に行っちゃだめ」と言う。帰されちゃうからなんだけど。(小学生は保護者が迎えに行かなきゃいけないの。)子どもは具合が悪いまま学童に来る。そこで倒れる。そして働いているお母さんのほかの子どもたちにうつる、という構図。病院に行かず、「熱が下がった、インフルエンザじゃありませんでした。」と言ってすぐ来る。またそして発熱。薬も飲まず、検査もせず。病児童の保育してくれるところを作った方がいいのではないですか?お金かかりますね。あと小学校の先生方。具合の悪い子どもを学童に来させないでください。早く帰りたいのはわかりますけど。うつること考えないの?責任取りたくないの見え見えです。

ipp | 風邪なんか根性で治すとか前時代的な根性論を振りかざすオヤジが多い。お前一人いなくても会社は回る。パンデミックになった時の方がよっぽど会社にダメージを与える。偉い人なら、つまらない根性論よりも組織全体を見てほしい。

har | これホント迷惑です。あるお仕事でその会社に伺った時に、目はうるんで咳込んでいて、熱で顔が赤黒くなっている部長さんがいました。私たちは、出てこなくていいからといいましたが、いや自分がいないと5日間最後まで頑張っていました。
こちら側は「迷惑だよ、こっちに風邪がうつるよ。自分たちがどれ程風邪ひかないように神経を使っているか考えてほしい」と裏では怒っておられましたので「本人も苦しそうだし、周りに風邪がうつるかもしれないので出てこなくていいと伝えてほしい」と、担当者に言うと、「うちの課は、みんな順番に風邪うつって寝込んでます」と笑いながら言うので、もうどうしようもないなと思いました。

fut | おじさんだけではないですよ。どんなに辛くても買い物に行かなきゃいけない主婦、共働きで子供を休ませてあげられない家庭、休めない仕事のある社会人、インフルエンザ検査を受けずに普通の風邪だと思って通常通りの行動をしている人・・・ほぼ全ての人では?
咳エチケットを守らない人も多いですし、流行するのは当たり前だと思います。それに、流行しなかった年なんて無いでしょう?
日本でインフルエンザ流行を阻止する事なんて不可能だと思いますよ。

【newscollege管理人コメント】
少しだけ皆さんの意識が高まると感染の拡大は鈍るとは思いますけど、どこまで効果があるのかな(笑)

感染拡大しやすい環境を認識して自己防衛をしっかりするしかないのでは!?

手洗い・うがいをしっかりと習慣にして、バランスとれた栄養ある食事充実した睡眠とって免疫力を上げて対抗したいっすね。

予防接種も受けておきたいね。お金かかるけど。。。








-経済

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.