ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

奨学金受けた息子亡くし8年、夫婦に265万円の督促状

更新日:

■奨学金破産

手元にはA4封筒の束がある。中には奨学金の貸与が決まったことを告げる、日本学生支援機構からの通知。埼玉県立蕨(わらび)高校の仲野研(けん)教諭(59)は高3の生徒たちに配り、呼びかけた。

「開ける前に、自分が月々、いくら借りることになるのか封筒の端に書いてごらん」

正しく書ける生徒は約100人のうち7割ほど。「じゃあ、大学を卒業したら、どれぐらいの金額になる?」「毎月、いくらずつ返す?」。ペンをもつ生徒たちの手が止まった。

仲野教諭らが担う「奨学金」事務は、申請書類を集めて機構に送るなど、手続きを支えるのが役割だ。作業は単純だが、数百万円単位のお金に関わるだけに責任は大きい。

「私が借りた40年前と違い、いまは利子がつく場合もあるし、回収は厳しい。借りるデメリットも知らせないと、子どもたちを窮地に追いやりかねない」。生徒や保護者には、「奨学金といってもローンです」と伝えている。

0・37%――。

機構が2016年度、回収が難しいと見込んだ奨学金約1690億円のうち、実際に債権回収をあきらめた割合だ。同じように税金をもとに事業を運営する機関では、教育ローンなどを貸す日本政策金融公庫(国民生活事業)12・3%、個人向けに融資する商工組合中央金庫6・4%。比べると、桁違いに低い。

機構は、債権放棄の基準をこう定めている。

〈返還未済額が1万円未満でかつ2年以上無応答〉

つまり、1万円でも残額があり、2年前まで連絡がついていれば請求を続ける。例外は自己破産、行方不明など。本人が死亡しても、債権を放棄するとは限らない。

12年秋、北海道の港町に暮らす夫婦のもとに、265万円の一括返還を求める督促状が届いた。39歳の息子を膵臓(すいぞう)がんで亡くし、8年がたっていた。「なんで、いまごろ」。連帯保証人である夫宛ての書類を見ると、息子は借りた185万円のうち80万円ほど返していた。残金と利息の合計123万円に加えて、延滞金が142万円。延滞金は死後の分も含まれていた。

妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000058-asahi-soci

【以下、上記ニュースに寄せられたコメント】

kud | 里親のもとで育った子どもたちへの奨学金(返済義務なし)審査員をしているが、返済計画を立てたとしても10代後半でそのリアリティを感じるのは簡単ではないと感じる。
ご家族や先生など身近なひとが親身に相談に乗っても、借金を背負うことの意味を強く伝えるのは難しいのではないか。どこかで進学への意志や意欲をそぐ作業となってしまうからだ。
公金が投入されている貸付に対して、主に家族や親族が中心となる連帯保証という制度をやめてみてはどうだろうか。誰かが必ず返すという約束があれば、貸し手は注意深く借り手のことを見ることはなくなる。貸し手側の責任が発生しないとなれば、必然的に返す約束をしたが何らかの事情で返せなくなった人間と連帯保証人が100%の責任を負うことになる。加えて、十分に奨学金や借入を未来につなげられるひとでも、連帯保証人が立てられなければ機会をつかめないということもなくなる。

bak | 確かJASSOの場合、本人が死亡した場合は返済免除か減額できたはずです。
申請し忘れていたのならどうにもなりませんが、職員の対応も酷いですね。

ken | 奨学金というというより、学生ローンて名前にした方がイメージ掴みやすいような。

tak | 確かに今更ではあるが、支払い義務がある限り払わなければならない。定年を超え、収入がない方には気の毒です。

fro | かわいそうだけど、これは仕方ないと思う。

haa | もちろん返すのは義務だけど、多分その人は死ぬまではちゃんと返済してたんだよね?
ならもっと早く連絡してくれれば利子もそんなに増えなかったのに、死んで8年たっての督促。
まるで利子が増えるのを待って時効前に取り立てって感じ。悪徳金融みたい。

!** | 高校の進学説明会では、奨学金を借りるように推進する。うちだってギリギリの生活だけど、子供は借りない、返金無しの奨学金が出るとこを探して、半額免除する大学に進学した。親として安易に借りるものではないです。

c** | 借りたものを返すのは当たり前のことと思いますが・・・。

iro | 借りた金は返さないとダメ。

ldf | やはり借りたのだから返さないといけないのでしょうね。連帯保証人には義務がありますから。でもっ、ては思います。

chi | なによりまず、奨学金を借りることが決定した高校3年生のうち3割も、自分が借りる金額を知らないことに驚きます。
概ね2~4年後に自分が返すことになる借金をするのに、金額も分かっていないなんて、そんな愚かな頭で借金をしてまで進学する意味が分かりません。
連帯保証人の欄に署名した保護者も、申請書を書く段階で子供にそれを教えるべき。

ght | 借りたものを返すのは当たり前。親が出さないという事は、まだ働き口も決まっていない子供にローンを背負わせるという事。
利用するのは便利だし結構だが、親として何かあった時は責任を取るくらいじゃなければ。
両親が揃っていて、学費の工面も出来ないような暮らし振りだったのか?
うちは利用しなかったが、もし使うなら親が返してやろうと思っていた。
この就職難で、例え生きていても子供には荷が重いぞ。

mi* | 督促された両親が酷い仕打ちを受けたみたいに書かれてるけど、連帯保証人になってるなら借りたのは知ってたはずだし、返すのは当たり前では。息子さんが亡くなったのはお気の毒だが、8年間も放置した事にも非はあるはず。実際返済説明会では、死んでも返さないといけないから生前に家族に伝えるように言われた。

fri | 息子さんが奨学金を借りていたことはご存知でしたよね?万が一忘れていたとしても、亡くなられていろいろ整理していれば気付くと思います。その時すぐに手続きをしていれば利息はそんなに膨らまなかったでしょうね。

occ | どんな目的にしても「金を借りたら返さなくてはならない」ので仕方がありませんよね。
でも心情的には本当に気の毒に思います。
かといって誰にでも無償の奨学金というのには反対です。
財政が厳しい中、やる気にない人間や能力のない人間を支援する様な余裕はありません。
奨学金は「投資」であり、教育という投資に対して将来働く様になったら元本を返済し更に社会に余剰を還元できるからこそ受けられる物です。
それができない人は「返せなくなる」ので借りるべきではありませんし、逆に借りた以上は「返せる様に」必死で頑張らなくてはなりません。
慈善の様でいて実は投資だということを理解しておくべきだと思います。

Duh | お金を借りるということはそういうこと。
親も子も奨学金って言葉で安易に考えすぎ。借金だからね。

min | 今現在、借りている身としてはしっかりしなきゃと思う。月10万以上借りてるから最低金額で返していったとしても40過ぎまで支払いに追われる。母からも結婚して専業主婦になろうなんて甘い考え通用しないよって言われてるし、借りてる以上返さないと。
親にも保証人になってくれてる叔母にも迷惑はかけれない。
ふと思ったけど、この記事のご両親が奨学金の存在を忘れていることに驚いた。

suk | 気の毒といえば気の毒だが185万ぐらいまともな職について真面目に働いて返済すれば5〜6年で完済できないか?
金利も低いし余裕を持った計画を立てたとしてどんなに長くても10年あれば返せる金額なのにこれだけ残高が残ってるのは体壊したとか辛い理由があったのかね…
あと流石に8年も督促が行ってなかったとは思えないので正確な記事ではないと思う
債権者側の視点の情報が足りないかな

nom | 記事を読んだ正直な感想は、単純に相続手続きに漏れがあって、連絡と返済の義務を過失がないとは言え怠っていたのだから、機構としては当然の対応。

hok | なんで もう少し 早い時期に奨学金の返済を知るきっかけが 無かったのかが 不思議。。。
息子さん無くした夫婦も息子さんの荷物整理したりしてれば 奨学金の存在に気づいたはずだけどな。。。

kem | 常にこの手の記事を書くとき、朝日新聞は制度が悪い、国が悪いの論調で記述してしまうが、これは、返さない方が悪いという考え方で書いたらデスクに無条件に跳ねられるのか?毎年、年に一回位は残額状況のお知らせみたいなものが来るんじゃないの?子供の死亡後、その手のお知らせ、転送手続きなども取らず放置していたか、その手の案内が来ていたのに、見ずに捨ててただけなんじゃないの?

emy | 中学卒業迄のタイミングで世の中の職業と学歴と収入について学んだ方が良いと思う。
中高あたりの学校と社会が完全に分離しすぎてて、何したいのかとか、どう稼いでいくのか、全然分からないまま何となく高校大学の受験戦争するのは不幸でしかないでしょう。

phe | なんで朝日新聞は、こんなお涙ちょうだいのような書き方するんや?

hin | >妻(77)が機構に電話をすると、担当者は言った。「払えなければ裁判になります」。脅されているようだ、と感じた。
当然の請求だとしか思えない・・・。亡くなった時に何らかの手続きをするのを怠った結果じゃ無いの?

lio | 近年朝日新聞などで、奨学金の返済に苦しむ本人や家族を描写する記事を目にする機会が増えていて、奨学金に苦しむ本人や保証人というテーマだけ与えられるのですが、何のためのテーマなのかよくわからない記事が多くないですか?
何を伝えたいのか実際の所よくわからないんですよね。

so_ | 気の毒だけど、大学もまた多額の税金が注がれている。その税金は必死に働いている人、少ない年金生活の人達も払っているおカネです。

sir | 39才で亡くなった…、自分は10年返済で終わったけど
姉は、早く返して安心したいと30才前に終わらせていたなあ
一部の話なんだろうけど、なんか悲壮感たっぷりに書いてませんか、朝日さん

bun | この年齢になって、お子さんを亡くして追い打ち的な話はお気の毒ではある。
機構側もなんでこんな長期間放っておいたのか、電話での言いぐさはどうかと思う。
でも、なぜ奨学金を悪者にするんだろう。
少なくとも旧育英会、今の支援機構は良心的だと思う。
返せなくなった場合の救済措置も最初に説明されるし、月1万ちょっとくらいの低額返済も選べた(もちろん時間はかかる)。
借りられなかったら学校行けなかった。ありがたかった。
踏み倒す人も多いとは聞いたけど、同じような若い人が一人でも助かるようにと思ってチビチビ全額返しました。
借りた物は返す、どうにも返せないならきちんと手続きしてケジメをつけるのが当たり前だと思いますよ。

ky7 | 奨学金を2年ほど前に完済しました。月額13000円程の返済額でしたが、正直お給料の低い時代からの返済としてはきつかったです。貯蓄や趣味、保険などに回せたらなと何度も思いました。私は奨学金とアルバイトだけでは学費が追いつかず結局大学は中退し、働き始め学費を貯めてから良く考え夜間の専門学校へ行きました。結局、最初の考えのつめが甘かったとしか言えません。ただ大学進学を諦めずにチャレンジできたので、納得して辞める事もできたのだと思います。
これだけ世間が奨学金に対してシビアに考える様になったのは、経験の少ない若者にとっても、より選択の重要性を認識させる上で、良い事だと感じています。無理なく出来たら後悔のない選択が出来る様に大人も自分のことと同じ様に考えるべき時が来たのかなと感じました。

mi5 | 奨学金の返済の延滞は全体の1% 1%の話を大きく膨らましてあたかも3割以上が延滞しているかのような報道をやってるね。卒業後連絡なく行方が判らなくなるので、貸した方も勤務先や移転した実家を探すのですよ。特に実家の場所が変わった時が厄介です。各々条件や借りる奨学金の種類によって異なるが、こういう報道のやり方は反対である。 1%延滞者の報道によって返済しなくてもいいという空気を作り出し、将来の奨学金を希望する学生に貸し付けができなくなる事態になったらそれこそ問題である。 こういう報道のやり方は貧困女子高生の頃から朝日やNHKがさんざんNPO法人とつるんで半ば活動家の記者がやって来たことじゃないか!朝日新聞の配達で進学できると今でも誘っていますよね。

tam | そもそもなんで裁判しますが脅しなんだろう?
裁判所に訴えたことで脅迫罪が成立することはないし、、、もちろん国民性として裁判が怖い存在のようなものは理解しますが。。

aby | 『子どもたちを窮地に追いやりかねない』でも道を選ぶのは本人や親御
それにしても相変わらず朝日は何を言いたいのかわからん(笑)
返済免除!?奨学金の廃止!?
前者は納税者や自費就学の人達が許さないだろうし、後者は希望の芽を摘むことにもなりかねない…

sak |  奨学金、申し込む時って親の同意が必要ですよね?
ってことは、この記事の親だって、息子が奨学金を借りていた事は知っていたはず。
亡くなった時、連絡しなかったのはなぜ?
私なら、手続き等どうしたら良いか問い合わせするよ。

rs2 | 奨学金って言う名前の学生ローンですからね!
破産しない限り支払いの義務が発生するのは当たり前。
支払わ無ければ裁判になるのも当たり前の話…
言い方が冷たいって言うか、世間は冷たいし、役人なら尚更…
決まって居る事項を淡々と話すだけ!

jmt | 奨学金とついてるけど、実態は学生ローンじゃないかと批判する人もいますが、現在の制度に納得して借りたのであれば返す努力をするべきだし、返せないならその相談を機構にするべきだと思う。他のローンじゃない期間の返済の延期、返済額の減額措置等の対応をしている。
この記事は親の視点からの情報しかないから判断できないけど、8年も経ってから連絡が来たのではなく、8年間本人死亡を知らないまま督促を続け、回収不可能と判断して保証人への請求をしたというのが流れではないかと思います。支援機構の奨学金は借りるためには親の承諾もいるから、親が知らないということはありえない。本人が亡くなるまたは闘病中で連絡ができないなら相談を代わりにするなどの対応は必要だったのでは?支援機構がひどいというよりは借りた側の認識が甘い事例だと思う。

msk | 奨学金としての日本学生支援機構
教育ローンとしての国民生活金融公庫があります
特に支援機構の方は無利子のプランや大学、専門学校在学中は
返済義務が発生しないなど
普通に借金するよりは優遇されています
現在進学者のほぼ半数は利用しています
色々批判はありますが無くなったら困る制度なので
正確に理解して上手に利用するのが
借りる側の最低限必要なことであり
親が知らなかったは無責任だと思います
しかもこの記事の額は平均貸与額より多いのでは?と思います
進学費用を用意できなかった親はせめてルールくらい把握しときましょうね

co* | 未払いの人がどんな職種に就いてるかも気になりますね。

aka | 奨学金は借金。
確かに年月は経っているのかもしれないがそれは関係ない話。
年月が経っていても借金はなくならない。
連帯保証人に行くのは当たり前。
借りた場所にもよるのだろうけど国民の税金からでてる場合もある。

cro | 学費が高いのが一番の問題だろ。
昔だって大学に学費はどうにかなるって考えで入った奴は居た。今よりその問題が少ないのはある種昔の殆ど無に等しい学費が一番でかいでしょ。今は国立理系で500万だぞ。1度推移を調べて見るといい。
あと大体この問題にネガティブコメントしてる人は中年以降が多そうだけど、学費を上げる原因となる不景気を作った自分たちには責任が無いのかな?バブル崩壊とかもはやその世代の人達の欲が作った最低な出来事でしょ。
ミクロな問題は遡及されやすくマクロな問題は遡及されにくいからって上手く逃げてるよな〜本当

【newscollege管理人コメント】

奨学金の問題提起としてとりあげた案件なら安易すぎる。。。

借入金の仕組みは解かっている人からすれば、残念ながら「はぁぁぁー!?」な内容だと思う。

年配のご両親をダシにして何を訴えたいのか解からない。

これだから朝日新聞の記事の信憑性が低いって言われるんだよね。








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.