ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

スポーツ

公務員だから出場料ゼロ。ボストンマラソン優勝の川内優輝はなぜ強いのか。

更新日:

ボストンマラソン(以下、ボストン)は世界最古のフルマラソンで、ワールド・マラソン・メジャーズ(WMM)のひとつ。テロの標的にもなったことがあるほど、世界中から注目を集めるビッグレースだ。そんなボストンから日本人ランナーの快挙が届いた。“公務員ランナー”川内優輝(31、埼玉県庁) が16日(日本時間17日)日本勢では1987年の瀬古利彦以来、31年ぶりのボストン優勝 を飾ったのだ。

昨年は気温が25度近くまで上昇したボストンだが、今年は当日行われる予定だったメジャーリーグ「レッドソックス―オリオールズ戦」の中止が前日に発表されたほど、冷たい雨が降り注いだ。そのなかで川内は変幻自在のレースを披露する。

ボストンはペースメーカーが不在の大会。まずはスタートダッシュをかまして、テレビ解説者に「クレイジー」と言わせるほどの、飛び出しを見せた。その後はトップ集団のなかでレースを進めて、中間点を1時間5分59秒で通過する。後半は前回覇者のジョフリー・キルイ(ケニア)に引き離されるも、40km地点で20秒差の2位につけた。ここからの川内も“クレイジー”だった。昨年のロンドン世界選手権で金メダルを獲得したキルイを悠々と逆転。後続に2分25秒差をける 圧勝劇を完結させた。

川内はレース後のインタビューで、「ただ前だけを見て、ひたすら前だけを見て自分のベストの走りをしたら勝てました。(強風と大雨は)私にとっては最高のコンディションでした」とコメント。優勝タイムは2時間15分58秒と平凡だったが、そんなことは関係ない。伝統のボストンを制したことは、テニスの四大大会やゴルフの四大メジャー大会に勝つことと匹敵するくらい価値あるタイトルだからだ。

いや、マラソンはアフリカ勢が本格参戦するスポーツであることを考えると、日本人が勝つことの難易度は、もっと上かもしれない。そんな“ミラクル”をフルタイムで勤務する公務員ランナーが達成。世界の「KAWAUCHI」となった川内優輝の「強さ」を探ってみたい。

現在31歳の川内が世界のトップランナーと比べて、ずば抜けているのは、稀有なレース・キャリアだろう。フルマラソンは今回のボストンですでに80回以上となる出場で、そのうち海外レースは世界選手権などを含めて35回目。どんな大会に出場しても、「どこかで戦ったことがある選手がいる」という状況になる。レース中は過去に勝った選手がいれば、それを勇気にして、過去に負けた選手がいれば、「今度は勝つぞ」とモチベーションにしているという。

さらに日本のトップ選手はメジャーレースに出場したがる傾向がある中で、川内は「優勝争いできるレースの方が何倍もいい経験ができる」と考えて、優勝タイムが2時間10~12分のレースにも数多く参戦。今回のボストンまでに32回の優勝を経験するなど、「成功体験」を積み上げてきたのだ。そのなかで勝負勘が養われ、同時に勝つための戦略を固めてきた。

そして、川内が自身の“ウイニングショット”として磨いてきたのが、「ラストスパート」になる。

2010年の東京マラソンで40kmからのスパート合戦で3人の日本人選手に僅差で負けてから、「ラスト2.195kmの力さえ磨けば勝てる」と分析。ポイント練習を行うときには、どんなにきつくても、最後は必ずペースアップすることを自分に課してきた。たとえば、距離走で駒沢公園のコース(1周2.15km)を20周(合計43km)する場合、19周まではキロ3分40秒~3分30秒ペースで走り、最後の1周はキロ3分を切るようなペースまで上げるという。日々の練習からラストの切り替えを意識してきたことで、驚異的なスパート力を身に着けた。

昨年のロンドン世界選手権は最後の2.195kmを出場選手最速となる6分41秒で走破。このタイムは日本記録と1億円がかかっていた東京マラソンの設楽悠太(Honda)と1秒しか変わらない。
今回のボストンでも川内は勝負どころまでは無理をせず、ラスト2.195kmの爆発力で大金星を挙げたことになる。ちなみに川内の5000m自己ベストは13分58秒。そんな選手が、マラソンの終盤では、5000mで12分台のスピードを誇る猛者を凌駕してしまうのだから、その戦術は「凄い」としか言いようがない。

また勝つための準備にも万全を期してきた。海外レースの場合、現地入りしてからコースを確認する選手が大半だが、川内は昨年末、ボストンに赴き、コースをじっくりと試走した。昨年のロンドン世界選手権も、まだ日本代表が決まる前にも関わらず、冬休みを利用して、コースを下見している。しかも、自費である 。

「実業団批判はしたくないですけど、会社や陸連のお金ではなく、自分の給料から出してまで、コースを下見しようとする選手はいないんじゃないでしょうか。でも、自分のためなんですから、自分の給料を使ってでも、事前にコースの下見 をするなど、できるだけの対策を打って、いいイメージを植え付けておくことが大切だと思います」

昨年のロンドン世界選手権は9位と目標の「入賞」まで、あと一歩届かなかったが、今回のボストンは事前にコースを下見したことが功を奏した。川内は、大歓声のなかを最初にフィニッシュして、「人生で最高の日。ここはボストンで、世界最高のレース」と感極まった。そして、優勝賞金15万ドル(約1600万円)もゲットしたことになる。

公務員規定で大会の「出場料」を受け取ることはできないものの、近年はレースのほとんどを「招待」で出場しており、交通費などは大会主催者が負担してくれるという(賞金は受け取れる)。もともと川内は、「日本各地のマラソン大会に出る」という野望を持っていたが、ワールドクラスのランナーに成長したことで、その夢が「世界各地のマラソン大会」に昇華した。

今冬のマラソンでは、設楽悠太、井上大仁(MHPS)、大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)ら25~26歳の若手が川内の自己ベスト(2時間8分14秒)を上回る2時間6~7分台で快走するなど、2020年東京五輪に向けて、男子マラソンは大きな盛り上がりを見せている。誰よりも自由に走る男は、暑さが苦手ということもあり、「日本代表」からの“引退”を表明しているが、すでに出場資格を持つマラソングラウンドチャンピオンシップ(MGC)には出場の意向を持つ。伝統のボストンを制した川内の存在が、日本のマラソン界をもっと強くすることだろう。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000001-wordleafs-spo&p=1




【上記ニュースに寄せられたコメント】

yam | >実業団批判はしたくないですけど、会社や陸連のお金ではなく、自分の給料から出してまで、コースを下見しようとする選手はいないんじゃないでしょうか。
実業団を批判する必要はないと思うけど......この人には応援される理由があるんだよね。

ma_ | クレイジーっていう言葉がいい意味で似合ってる人。

mik | 結局は「賞金」は

fff | タイトルの公務員だから賞金ゼロは無いだろ!
賞金は貰えるって記事に書いてあるじゃん
川内はこの賞金でマラソン資金も楽になり、有給使って海外レースが増えるのでは?

mom | 賞金について記事とタイトル全然かみ合ってない

f12 | 川内選手優勝おめでとうございます。(^_^)v
この記事おかしいです
賞金は宝くじに当たったとおなじ扱いなので公務員の副業にはならい、マラソンにかかった経費、旅費ホテル代など引けます
一時所得として処理できます

iso | 出場料はもらえないが、賞金はもらえるということだったかと思います。

na* | 才能があるけど義務で走っている方々と、好きで走っている人の気持ちの問題ですね。
東京オリンピック、本人はあまり興味ないみたいですけど、日本国民はあなたの走りを見たいと思います。

poc | アスリートの生き方として、ひとつのかっこいい形を身をもって示してくれている。
もっともっと世の市民ランナーに夢を与え続けてほしい。

tak | 「賞金は受け取れる」って、どっちだよ笑

yos | 普通の人から見たら悪いコンディションが、自分には最高のコンディションだって言ってたように、まさに雑草魂という感じですね。
東京は、こういう人が活躍しそうだと思うんですが。

gan | 公務員だから賞金ゼロとタイトルに記している。
一方、文中に「交通費などは大会主催者が負担してくれるという(賞金は受け取れる)」
と書いてある。どっち?
ま、どっちでも良い。凄すぎる。川内優輝は凄い、、規格外。大谷翔平と一緒。。
アメリカのTVのカワウチは即刻日本に帰国して公務員としての仕事がある!とアナウンサーが何度も言っていた。このランナーは仕事がある!と言っていた。誇らしかった。
国民栄誉賞は無理にしても、埼玉県民栄誉賞を授与しようよ。

san | 姿勢も結果もカッコいい。

tor | ボストン優勝は凄い。川内が引退してもその肩書き残るしオリンピック出場、入賞よりもね。

bun | タイトル
>公務員だから賞金ゼロ。
本文中
>交通費などは大会主催者が負担してくれるという(賞金は受け取れる)。
結局どっちなのよ…と、微妙な記事。
ただ、アフリカ勢が圧倒的な強さを見せる近年のマラソンで、今回の優勝はまさに偉業だったと思う。

n** | 日本男子マラソンを牽引しているのは、まちがいなくこの選手なんだけど、この年齢でもまだまだ上を目指せるのはすごいと思う。

OSA | 賞金は受け取れる  って書いてあるやん!
どっちやねん!!

tos | 日本代表引退って言うことは、もう陸連と関わりたくないということかな?
関わってもメリットを感じないし、代表をちらつかされて嫌な思いをしたりするとかがあったのかもね。
この前のロシアみたいに「オリンピックアスリートオブサイタマ」とかで個人参加できると面白いね。

tan | 地方のマラソン大会にも足を運んでいつもと変わらない走りと、あの独特の喋りと笑顔で他の参加者や沿道で応援する人たちを和やかにしてくれる。だから自然と応援したくなるんだろうね。私の地元のマラソン大会。昨年、ラストの大会だったけど川内選手がハーフに出場してた。スタート直後に急な下り坂になってるんだけど、地元の人たちは「坂道を転がり落ちるようなロケットスタートだった」と言って喜んでた。勿論ぶっちぎりの優勝だったけど、表彰式ではいつもと変わらない早口でインタビューに答えてた。最後の大会に川内選手が来てくれてよかったと思う。

fsf | タイトルの方が、間違ってるのかな。

ten | いろんな人がいていいじゃないか。
実業団の選手も走ることに生活、人生をかけてるんだし、人間得手不得手あって、器用な人も不器用な人もいる。走ることしかできない人もよし、川内さんのように陸上競技組織に会わない人もよし。

mas | 世間には「ミスコンあらし」とか「のど自慢あらし」というのが存在するが、さしずめ、川内選手は「マラソンあらし」だと思う。
もちろん良い意味で。
自費でマラソンに掛かる全ての経費を賄い、優勝を目指す。
賞金は次への資金に充てる。
1つ1つのレースに賭けるギラギラさが他の選手とは違う。
稀有な存在だと思う。

lak | 埼玉県内の地域マラソンで妹が実物を見たらしいけど、他の参加者とは段違いに軽く美しいフォームでサアーっと目の前を走り抜けて行ったって。すごく爽やかで清らかな綺麗なオーラをまとったひとだってさ。

jam | いい意味で、いちかばちかが仕掛けられる人だと思う。
結局は、結果が一番!

ncc | 報われて欲しいと思える選手ですね。

nan | ハデな見出しと内容に明らかな違いがあり誘導意図が感じられる。最後の方で公務員の場合は招待者としての出場料は受け取れないが(賞金は受け取れる)とのことでホッとした。受け取れないのでは海外の下見など高額な経費が掛かれど誰からも補填してもらえない自腹は厳しい。しかし独自の戦略でレースを組み立て常に優勝や上位入賞は素晴らしいとしか言いようがない。陸連としたら強化選手でもない個人ランナーの活躍はさぞかし面白くないだろう。彼はきちんと人生設計ができていて将来的には一般企業に所属するより公務員の方が老後も安定しているからなのだろうね。

tzx | 賞金は受け取れますよね。

yok | 結局、賞金ゼロなの?受け取れるの?
記者の自己満足のすごく分かりにくい記事。

tok | 以前川内選手は実業団は走らなさ過ぎる。と批判していたと思います。結果を残した川内選手は凄いと思います。

sen | ゴール後の表情を見て理解できた。
ハイのレベルが違うんだろうね。他の選手と。
上手いこと入れば、すごい走りをするんだろうけど、ある意味色んなものと隣り合わせ。

tre | タイトルがおかしいって言う人、多いけど合ってるよ。
「出場料がゼロ」なんであって、賞金はもらえるよ。
実業団やプロ契約の選手は出場するだけで数十万円〜数百万円のお金がもらえる。
公務員の場合、それは「副業収入」にあたるので川内選手はゼロ。
もちろん、出場のための経費も認められない。
でも賞金は「獲得金」にあたり、株の配当や、不動産の収入、宝くじの当選金、小説や美術の入賞賞金と同じで、公務員でもその受け取りを認められている。
ただし、そのための活動は勤務時間以外でやらねばならないが、川内選手の場合、勤務に穴を開けてないし、公式に有給をとってるわけだから、何ら問題はない。
むしろいかに経費をちょろまかすか必死の、他の公務員さんにも見習ってほしい。

joe | 川内の強みの抜群の粘り強さで優勝出来た。
こういうレースでは抜群の走りができる選手ですね。
ますますの活躍をお祈りいたします。

hir | 本当に強いランナー!
こういう選手が代表に1人はいて良いと思う
しかしこの人、本当に暑さに弱いのかな?
暑さである程度タイムが落ちるのはみんな一緒だし東京五輪の時期の暑さなら完全に消耗戦になるからメンタルが強く悪条件にも強い川内選手には有利に働くような気もするんですがね。。。

nwa | 懸賞と同じような感覚で、賞金はもらっていいと思う。
天下りはよくて、賞金はダメっておかしくない?

gol | 日本記録狙えるほどの速い選手ではないが強い選手。かけっこが大好きな小僧って感じ。スマートにオシャレに走ってる最近の若造ももっと強くなってほしい。

mus | 川内選手を何とか暑さに強く出来ないものか。
無理して命縮めても行けないから仕方ないが。
冬季オリンピックに極寒マラソンでも作ってもらいますか。

kam | 普通の道筋と違う生き方を貫くのは並大抵のことじゃない。批判や仲間外れ、圧力や蔑み等々。川内さんは記録や結果を出したから凄いんじゃなく、自分の信じたやり方を貫く生き方がカッコイイし尊敬に値する。

tdk | 日本代表の選考基準に海外のビッグレースでの成績も考慮してみたら面白いかも。

sta | 見出しの、賞金ゼロは読者を引き付けるための「フェイク」だったね。もらえないのは出場料。賞金がもらえないなんて変だと思った。こんな書き方をすると、記事の信用性を失うぞ。

pop | 冬季のマラソンしか勝てないと批判する向きもあるし、事実五輪は夏季競技なので批判も当てはまるけど、今回に限れば冬季どころか完全な酷寒下でのレースで勝ってしまったもんだから、なおさら夏季五輪絡みのレースは出ないだろうね。MGCにはいっそ御上である日本陸連から足代を払って「ペースメーカー」で出てもらってはどうだろう?もちろんユニフォームには「SAITAMA」のロゴ入りで。そもそも市民ランナーだから国家国民的名誉”しかない”五輪マラソンより、自分の意志で良い意味で好き勝手に走れる世界各地のフルマラソンに参戦する方が有意義だと思える。ある意味Xゲームスに参戦するエクストリーム競技の選手と同じ思考か

rea | 勝ったのは凄いと思う。が、今回はちょっと天候のせいで、他の選手が実際どう走っていたのかが気になる。
まともに受け入れられないところも正直ある。

*** | 何がモチベーションなのか知りたい。

ton | 今年の北九州マラソンではお母様も含めた川内一家四人参加!!優輝さんの優勝と歴代レコードの大幅更新で終わりました。ますます輝いて欲しいですね!!

shi | 国際マラソン大会はIAAFの規定で格付けのあるランナーを規定の人数以上招待しないといけない。川内選手は実績でIAAFブロンズランナーの資格があるので海外大会から招へいを受ける事が可能になっている。
日本のマラソン大会でもよくわからないアフリカ人ランナーとかを招待選手で招いているのは規定を満たすため。

acs | 彼には「変なプレッシャー」が無い分、伸び伸びとレースを楽しんでいるんではないのでしょうか?
楽しんでスポーツをしているのは現在フィーバーしている「大谷翔平」に似ているのでは・・・。
それこそ「大谷翔平」はメジャーの年俸なんか関係なく、「ただ野球をしたい」という気持ちが全てを凌駕しているのかと感じます。
ですから、「川内優輝」というランナーは「レースを楽しみながら追求している」ように私は感じています。
遅れましたが「優勝おめでとうございます」
本当に価値のある優勝ですね。
昇太師匠!座布団10枚あげて下さい!!

eaw | これまでマラソンレースだけで3500キロ以上走ってる。まさにクレイジー。

ful | 別の記事に、「勝負どころで結果を出せるタフなメンタリティーは、甘やかされた環境では身につかない。緊張感のある場を経験したり、厳しい環境を耐えたりすることで身についていく」とあったけど、まさにこの人を思い出した。陸連とは関係ないところで頑張ってほしいな。見てる人は見てるし、評価する人は評価すると思うから。

rei | 批判的な意見を述べる人も少なくないが(とくに陸上関係者に多い)これだけの実績を見せつけられる選手がほかにいるかね?と逆に問いたい。
ほとんどプロ契約みたいな実業団のエリート選手でさえ困難と思えること(トレーニング環境とレース出場数)を、この年齢でやってしまわれたら?
実業団チームはおろか、日本長距離界の常識を根底から揺るがすことを、自らのパフォーマンスで具現化しちゃうからね~・・・
敵は多いだろうね?確かに、でも世間は彼の味方が大多数であってほしい。

myf | タイトルの「賞金」が「出場料」に訂正されているが、本文にそのことが書かれていないのは、メディアとしていかがなものだろうか。
このような誠意がみられないメディアおよびニュースは、信憑性に欠けるし、ライターあるいは発信元の怠慢が透けて見えると思うのは私だけだろうか。

mar | 公務員規定だと出場料はもらえないけど優勝賞金は貰えるって事?

onb | マラソンヲタク。

itt | 賞金も受け取れるし、渡航費用等も出して貰えるけど、出場料は受け取れないって事ね。
釣り見出しでもいいけど、嘘は書くなよ。

sin | 賞金ゼロ → 出場料ゼロ
見出しを変えたら記事の末尾にでも修正した旨、入れとこうよ。

mat | 賞金はアスリートとしての報酬だから、もらってもいいと思うけどね

tha | ボストンマラソン優勝は競技者としてはもちろん埼玉県公務員としても歴史に名前が残る程の偉業だと思う

pir | 確かに、先頭集団にはいてもラストスパートで勝てないと1位はないけど・・・
40km走った後にタイムを上げるって凄いしんどいだろうなぁ

tic | 31歳の川内が31年前の瀬古以来の優勝。
この人は持ってるね。

shi | 【タイトル】:「公務員だから賞金ゼロ。ボストンマラソン優勝の川内優輝はなぜ強いのか。」
【本文】:「公務員規定で大会の「出場料」を受け取ることはできないものの、・・・交通費などは大会主催者が負担してくれるという(賞金は受け取れる)」
なんじゃこりゃ???

goy | アスリートは,かなり昔から科学的根拠に基づいたトレーニングを取り入れているけど,結局は精神論・ハングリー精神が勝るってことかな。
どんなことでも気持ちが入らないとやる気が起こらないのは確かだし。

WWW | 副収入は確か年額500万円迄は認められてるんじゃなかったか?県に一旦入れて毎年限度額ずつ支給する契約にしたらダメなん?
どうせ定年までの年数で平均化すればオーバーしないはず。

shi | 色んな意味で変人だけど、尊敬出来るのが川内選手。
自分のスタイルを貫いて欲しい。

kam | 悪天候にコンスタントに勝てるタイプだからウルトラマラソンとかそっちの方へシフトしていくのかなぁ

sac | 出た。川内選手の実業団批判。好きだわ~。

roc | 川内さんの終盤の粘りと力の絞り出しは日本男子マラソン界ではトップではないかと思う。何より、メンタルが強い!最後まで絶対に諦めない。ゴール後に医務室直行になるまで、極限まで走り抜くスタイルは応援したくなりますよ!

koj | これはアルバイト?

sou | 真夏の東京5輪は無理っぽいみたいだけど、寒い時期のレースは総なめ出来るかも?

toz | 細かい話というかタブーな疑問かもしれないが、公務員は副業禁止なんですけど、こういう賞金は規定に触れないのでしょうか?
農業はOKとかあるのできになります。誰か教えてください。

【newscollege管理人コメント】

誰が何と言おうと偉業なのは間違いない! 結果が全てのスポーツにおいて結果を出したのよね、川内選手は!!!








-スポーツ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.