ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

「命の危険感じる」近隣住民襲う竹林 相続の80代、資金が底…管理に限界 放棄は法で認められず

更新日:

「家の裏の崖から竹が落ちてくるんですよ。命の危険すら感じます。でも誰も取り合ってくれなくて」。福岡市西区姪の浜2丁目の中島美佐子さん(67)から、特命取材班にSOSが寄せられた。現場では確かに危険を感じた。ただ、取材を進めると「手放したくても手放せない」、土地所有権の問題に行き着いた。

中島さんによると、それは、台風に見舞われた2016年の夏の日のこと。庭先に長さ7メートルほどの竹が落ちていた。屋根の上にも枝が散乱。以来、風が強いと竹が落ちてくるようになったという。

「凶器みたいでしたよ」
洗濯物を干しに庭に出ると、雨どいにすっぽりはまっていたこともあった。恐怖を覚えたのは昨年11月。庭を掃除していると背後でストン、と音がした。「凶器みたいでしたよ」。折れて落ちてきた竹だった。自宅前には今も5メートルほどの竹が約20本積み上がる。

中島さんは当初、行政に助けを求めた。消防署の職員が3回、竹を切りに足を運んでくれたが4度目はなかった。西区役所の職員は「間違った対応だった。個人所有の土地なので行政が介入するべきではなかった」。樹木は財産にもなり得るため「慎重に対応しなければならなかった」と申し訳なさそうに話した。

伸び放題であふれ返った竹
取材用のヘリで上空から確認した。木々がこんもり茂る斜面のすぐそばに住宅が張り付いている。伸び放題であふれ返った竹が横に張り出し、小道を挟んだ中島さん宅に飛びかかろうとしているように見えた。

「もう、お金はないです」
竹が生い茂る土地の持ち主は同区の80代の女性。ようやく捜し当てた女性の自宅を訪ねると「あの土地にいくら使ったか。もう、お金はないです」。工事や測量…。束になった領収書を見せてくれた。

女性によると、問題の土地は亡き夫から1970年に相続。引き取ってもらえないか不動産業者や西区役所に頼んだが「使い道がない」と断られたという。

年金生活で業者を雇う余裕もなく
2001年に斜面が崩れた。市や消防が土砂を撤去してくれたが、安全管理は自己負担と言われた。コンクリートの吹き付け工事にかかった費用は367万5千円。親戚などから借金して支払った。

今度は竹が落ちるようになる。近隣の苦情を受けた西区役所から対応を促す書類が届いたときには「事故が起きたら誰かを殺してしまうかもしれない」と頭が真っ白になったという。

足が悪く、とても自分で処分はできない。年金生活で業者を雇う余裕もない。「もう諦めました。事故があったら刑務所にでも入れてください」。女性は目に涙を浮かべていた。

市が譲渡を受けるのは「使い道がある場合」
福岡市財務局によると、市が譲渡を受けるのは「使い道がある場合」に限られる。16年度に寄付を受けた土地は道路用地154件、農業用のため池1件。山林は難しそうだ。

そもそも「土地」は手放せないものなのか。早稲田大大学院法務研究科の吉田克己教授(民法)に尋ねると、土地所有権の放棄が可能か否かは民法にも規定がない。「所有者のない不動産は、国庫に帰属する」という条文はあるが、今回のように管理に負担がかかる土地の放棄は一般的には認められないという。

土地の相続放棄を目的に国に所有権移転登記を求めた裁判では松江地裁が一昨年5月、「土地の負担、責任を国に押し付けるもので社会の倫理観念に反する」とし、所有権放棄は無効と判断。広島高裁松江支部もこれを支持している。

土地を手放したいという相談、増加中
一方、NPO法人相続・遺言サポートセンター(福岡県)によると、土地を手放したいという相談はこの1年で増加中。「山林は使い道がないので特に深刻。管理負担を避けるため登記をせず、所有者不明の土地を生む原因にもなっているはずだ」と分析する。

解決策はないのか-。吉田教授は、国土保全の観点からも国や市町村を受け皿にして活用方法を模索する必要があると指摘。「地域の荒廃を防ぐためにも、一定の基準を設け政策として引き受ける仕組みが必要ではないか」と話した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00010000-nishinp-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

nan | このような問題、少子高齢化でどんどん増えそう。

mam | こういう木や竹を切って欲しいって需要は多いよ。でも持ち主が分からなかったり、予算がなかったりで、業者も手を出せない。今度できる国の森林環境税で、こういうのにも補助金を付けてくれれば良いんだけど、期待できないだろう。
崖下ギリギリまで家建てて緩衝地帯もフェンスも設けてない状況は、造成して家を売った業者や、それを認めた行政にも責任あると思うんだけど、逃げの一手なんだよなあ。

tok | ボランティアやマスコミが対応できないのかな?
暇な芸人使ったら番組ひとつ出来そうだけどね
テレ東なんてこんなの好きそうだけど

ant | 固定資産税はちゃっかり取るくせに

lov | 不動産は自治体、国に寄付すれば喜んでもらってくれると勘違いしている高齢者がよくおります。記事にもあるけど かなり限定的。 軽く考えていて亡くなったあと相続人が困るケース多すぎです。

be* | こういう話題が出ると思うこと、家を買ってはいけない、借りてはいけない場所。
ハザートマップとかにももちろん掲載されていないものの、買うとき、借りるとき、自分の目で確認しないと。

x19 | 土地の名義がひい爺さんのままの場合が かなりあり売却するにはひい爺さんにつながる子孫全員に権利放棄の書類に印鑑がないと売れない
売ろうにも多い人だと百人近くから権利放棄の書類に印鑑貰わないと売れない
それは無理だから 実質売れない土地がかなりある
都会の中に田んぼが残ってるケースがあるが ほぼそれである

skn | 通っていた小学校では、大きな竹林のある個人宅から毎年竹をもらって七夕をしていました。
七夕が終わるとその竹で竹蜻蛉や竹ぽっくり、竹馬を作ったり。
今思えば、竹を処分したい所有者と学校のニーズがうまくマッチしてたんだね。
ここもそういう活用法ないのかな。
学校行事でタケノコ掘りとか。

cdm | 現場の写真から推測するに元々は急な崖ではなかったように見える。下の土地を買った業者が無理矢理山を削って平地にしたんじゃないかな。命を危険に晒したのは竹藪の持ち主ではなく下の土地をを整地した業者だと思う。

kya | 昔のバブルの時代だったらこんなのでも売れたかも。

kis | 「家の裏の崖」とは言うけれど、写真を見る限り山を削って住宅地にした結果、山の中の土地が崖の上になっただけのように見えるけど。
それでも崖が崩れた際の責任は崖の上になってしまった土地の持ち主にあるのかという疑問。

rbd | 難しい問題だね

kab | 竹林は見た目で考えてはいけない。
竹林の根は現代のネットのような構図に似ている。
1本切ったところで解決にはならない。
だが、逆に根を全て取ると、今度は地すべりが頻発するだろう。
簡単な問題じゃないんだよね。

pac | 竹林や山じゃないけど妻の実家が利便性悪く土地の形も変な形でまず売れない、買い手が現れないだろうと思っている。
それ程資産も無いらしいから思い出、思い入れがあるだろうが相続放棄するように話してる。
家買ったら何かあれば売れば良いって考えてる人多いけど、駅近とかの好立地、資産価値高くないと売れないよ。
売りに出して不動産屋がポンポン買うわけじゃないから

mev | 全国各地、特に山間部に管理できない土地、税金払うだけの民有地が多くあるね。地主が財力持っていた時代は良かったのでしょうが、今は行政に寄付でもいいから手放したいという例が多く、行政側もそんな余裕ないため断わる状況。そういった誰もいらない土地を諸外国に買われないようしっかり法整備しておくべきと感じるニュースだなぁ。

wes | 竹林は本当に厄介で、土地所有者はどこも頭を悩ませてますわな。
まず偕伐がほぼ不可能。
切ったところで翌年一面にまた生えてきます。
根を掘り起こすしかないですが、それは1m以上掘り起こす必要があり、地下茎を切断しながらの作業になるので、時間も労力も半端ない(パワーショベル必須)。
さらに斜面だったり他の樹が植わっている場所では、数年がかりの作業でも終わるかどうか(そもそも重機が使えない可能性も。写真のような地形では特殊な車両じゃないと無理でしょう)。
切った部分に除草剤を流し込んで蓋する方法もありますが、これも面積広いと相当な薬剤費用と作業日数がかかる(しかも確実性は低く、何年も掛かる事も)。
広がる前に、早めに手を打つ以外に対処の仕様がないんですよね。

get | 難しい問題だね
法整備は遅れそうだし
でも高齢化は急速に進んでる
これからもっと増えるんだろうね
ちなみに竹林は放っておくと大変な事になるよ!

tou | 負動産問題、明日は我が身
祖父母や両親が売るに売れない負動産持ってるとヤバイ

kin | 相続も嬉しい物とそうでない物とあって大変だよね。
嬉しい物だけを貰うことも出来ないしね。

dan | 昔、祖母が耕していた小さな畑があったのですが、祖母が亡くなってからほったらかしにしていたら、畑は数年で竹に占領されてしまいました。
竹の生命力は強く、どんどん根を広げて生育範囲を拡大して行きます。

pec | それでも固定資産税取るんだから行政が逃げてたらあかんと思う。個人で何とかしたくても無理。放っておくしかない。

wnm | こういう竹を必要とする業者さんもあると思うんだけどなあ。竹を無償で譲渡する代わりに定期的に切ってくれるとか。行政はそういう業者さんを紹介するとか。
80代の年金暮らしのおばあさんに全て責任をなすりつけるのは可哀想過ぎる。
この方が亡くなったらどうするんだろう。
行政も使い道があれば引き受けますって都合いいね。

nek | 昔は今以上に山林の土地の切り売りが多かった時代だからそのしわ寄せが余計に影響する。この女性と同じように悩んでる人がたくさんいるだろうから、国もいつまでも同じ返答するばかりでなく時代に見合った法律の改正を行わなければいけないと思う。

max | 行政も使い道の無い土地と認識しているのに税金掛けてるんですね。
もちろん「山林」になっていれば税金も高くは無いですけど、こういう理由があるのなら譲渡に応じて欲しいものです。
これで大規模に崖崩れが起きたら消防、行政、自衛隊と物凄い人員が割かれ、さらに人の命も失う可能性があるんですから。

dec | 行政が直接は関与しないにしても、ある程度整備すればタケノコなんかも取れそうだし、竹を欲しい人もいる思う。市のHPなんかで紹介するとか、あと池の水を抜くテレビ番組じゃないけれどテレビ局に声をかけて欲しい人とのマッチングを試みるとか、方法はありそうな気がする。
この女性も亡くなって相続者がいないとか連絡がつかないとかになれば結局は行政が処理しなきゃいけない問題でもあるんだから、後々のことを考えるのであれば、それぐらいの支援はすべきじゃないかと思う。

Sky | だから外国に買われちまうじゃない?

kic | こんな竹林や空き家問題もそうだけど、この先いくらでもこんな問題が出て来る。
この竹林も、現在の所有者が亡くなればもっと酷い問題になるのは目に見えている。
かと言って、所有者もお金をかけて維持してきた挙げ句、維持費に回す財産がなくなってしまう程。
民間の業者に任せれば、場合によっては維持費と称して搾取されて終了なんて事もある。
行政が、こういった問題や悩みを解決出来る相談窓口を作れば良い。
必要なら、その道の専門家を雇えば良い。
山林の維持で困っているなら、地域広報の様なもので掲載し、売却の支援をする程度の事は容易に出来るだろう。
困っている人には『処分したくてもどこに相談すれば良いか解らない』という、情報弱者もかなりいる。

za4 | 都市部でもこのような問題出てきそう
土地が高いといっても買う人がいればの話で売れなけりゃゼロ円同様。
個人購入には高い、開発するには狭すぎる
売れないで困った。税金はいっちょ前に高いし

nob | 大変な問題ですね…。
仮に0円譲渡するにしても、所有者をなった後の整理費用などをかんがえると、誰も引受けないということですよね。
だったら、せめて、自由に竹くらいは切らせてあげてほしいものです。
直接、被害をうけている家の方にしてみれば、まず最低限の危険だけでも回避したいはずです。
伐採の費用などは、その家の方の持ち出しになるかもしれませんが、それでも、放置よりはましでしょう。なんなら、ボランティアでの対応も可能かと思います。
「所有者が開き直ったら、誰も手出しができない」では、本当に、事故がおきないかぎりは、どうしようもないということですよね…それは間違っているでしょう。

tac | 秋元アナなら買い取ってくれるかもしれません。一度フジテレビに電話してみてはいかがでしょうか?

m** | もともとただの山林でそれほど手入れが必要でなかったところが宅地開発された結果念入りな手入れが必要になったって順番なら、全部負担させるのは気の毒よね。

kur | ヘリ飛ばす金あるなら、竹切ってあげれば。

yui | 外資に買収されない為に、国、自治体の寄付できるといいんだけど。

ari | チェーンソーが使えるし、福岡大都市圏に住んでます。
少しでも出るのなら、代わりに伐採してあげたいです。
今の時代 自動車免許すらない人が増えてます。
ある程度の肉体労働 運転能力は必要だと思います。

sun | 竹は古くから様々な用途に利用され、日本人には馴染み深い植物であるが、実は植物の生態系の世界では悪魔のような繁殖力を持つ種なのだ。
その成長スピードと繁殖力から競争にめっぽう強く、他の森林を短期間で飲み込んでしまう。
しかも一度竹林となると他の種の進入を許さない。
人工的に伐採しようにも、地下茎を網のように張り巡らせる為に、完全に取り除くのは非常に難しい。
日本でも外来種が在来種を駆逐してしまう事例が取り沙汰されているが、実は日本から海外に渡った竹こそ最強最悪の植物といっていいレベルで猛威を振るい問題となっている。
竹といったら涼しげなイメージだったり、美味しいタケノコのイメージであるがそういった危険な面も知っておいた方が良いだろう。

bat | 道路に面してて用途が宅地なら、福岡市西区なら欲しい人たくさんいると思う。
うまく活用できる人も多くいると思うから、行政のHP内にそう言う掲示板があったらいいのに。
行政は知らぬ存ぜぬじゃなくて、ケースバイケースで立ち入るべきだと思う。

rv* | この記事、たくさんの人が「明日は我が身」と思っていると思う。

ltj | 山の木も竹も皆資源だった。おひさまが育ててくれている。活かして使う技術が大事。
竹は地下茎が頑丈で山を守ってくれてるとも思うし。女手一つに任せてしまって気の毒。全国的に考えるべき問題だね。
地方を元気に。丁寧に守らないと、端っこから他国に奪われるかも知れない時代。島に限らず。

FM_ | 今は東京に住んでいるが、実家の鹿児島に土地が1000坪もあるが、使い道も無いので、固定資産税も来るので、無料であげたいが、誰も貰ってもくれない。確かに似た様な事例は無数にあるね。

han | 春には近所の人に筍掘りをしてもらう。
又はどこかの学校に筍掘りの遠足に来てもらうとか、課外授業とか。
竹はそれなりに需要があるのでは。
以前、傘メーカーの人が話をしてくれたけど、最近では端材の竹しか使用を許されないとか。
ここなら沢山あるので、傘の柄、茶道具、和風住宅などに仕えるとは思うけど。
何とか学校や業者と契約を結んで竹を駆除できないでしょうか?

nsh | 結局この女性が亡くなって相続人が相続放棄したら国庫になるんでしょ?
なら今国庫に入れて何が問題なのか。
なんで死亡事故みたいな人的被害が出ないと国や市町村は動かないのか不思議で仕方ない。
それが出来ず画一的なサービスしか提供出来ないなら人が多過ぎるので人員カットすべき。
誰から何のお金で成り立っているか役所はもう一度考えて欲しい。
国があるから人がいるのではなく、人がいるから国があると考えて欲しい。

kyo | 所有権の移転、土地の放棄とか、財産や税金にも影響する事なので、法律上の事やら簡単には行かないとは思うけど…今後の日本が抱える由々しき問題ですね。
永続的な処置、対応ではないだろうけど、即時的には例えばNPO団体や町内や近隣のボランティアなど、竹の伐採や切った竹の活用など考えられないものだろうか?
以前、学校の裏の竹やぶが伸び放題だったのを、PTAメンバーで協力して伐採し、その竹を使って流しそうめんやらイベントで利用した経験あるんだけど、色んな協力が必要だけど、一石二鳥でした。皆の助け合いが必要だな。

tra | 竹はやたらむやみに植えてはいけないってほど、強いって言うもんね。

col | 深刻な問題。全ての人の問題。助かる道を作ってあげてほしい。竹が欲しい人いるはずです。竹買ってあげてください。法律の専門家の方やマスコミの皆様情報提供よろしくお願いいたします。とてもお気の毒です。

sek | 竹藪ではないけれども「今にも倒れそうな空き家」の対処を役所や区に願い出たけど、全く手をつけてくれなかった。
小学生や幼稚園児の通学路になっていたし、歴史的な街道で元は賑やかな商店街の一部だったところ。
なのに全くなにもしてくれない行政に違和感を感じた。
行政には行政の言い分や法律もあるのだろうけども、事故が起こってからではどうしようもない。
結果的には同敷地内から出火して近隣をも焼く大火事になった。死人も出た。

kou | 同様の境遇にあっている者ですが、ボロボロの空き家と竹林、森林、田畑含めて20数箇所ほどを相続してしまい、管理に使ったカネは数百万円。手も回らず会社員も辞めました。悲惨です。竹林は3000本位生えた広大なものでしたが半年かけ1本1本ラウンドアップ注入で根絶させました。田畑、山林を売却しても驚愕の安さです。場所によっては買い手ありません。このような境遇の人は日本中山ほどいるはずです。一般の人には少しでも状況理解してもらえればと思います。同情だけでも〔涙〕。。

tak | この手のニュースを読むたびに見える少子高齢化の影響と日本の国自体が限界を迎えている現状に不安を感じざるを得ません。
どうしたら良い方向にに向くんでしょうね?
全くわかりません。

jun | 氷山の一角で、全国にはこう言った土地や空家が腐る程あります。こちらの土地はしっかり相続されているだけまだましです。中には相続人がかなりの大人数になっていてしかも所在不明が多数あります。今後、ネズミ算式にどんどん増えて行きます。

non | 連休前、高槻市の役所からいきなり所有者が亡くなり固定資産税が徴収できないので親戚で相続を話し合い、払う人をきめろ、と書類がきた。決まらない場合こちらが勝手に決めると書いてあってビックリした。
その人はあったこともない遠い人で主人は甥にあたる。
幸いその人の兄弟が一人生きていて相続放棄の手続きをしたが、いきなり固定資産税を払えといってきたのには憤慨する。
とれるものは何としてもとるのに面倒な土地は住民が困ってどうしようもないのに見捨てるとはひどい行政だ。

pd* | 切ってもらって竹を売却すれば何とかならないかな?
そんなに値段つかないか。

【newscollege管理人コメント】

この問題はこれから多発するだろうねぇ。

不使用な不動産の活用方法を抜本的に見直すようなアイデアが出てこないかなぁ。。。








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.