ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

14歳の身体拘束77日間 「殺された方がましだった」

投稿日:

摂食障害で入院した14歳のときに77日間に及ぶ不当な身体拘束を受けたとして、東京都に住む女性(24)が17日、病院を経営する法人に1056万円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に起こした。会見した女性は「殺された方がましだと思うぐらいだった。当時から訴えたかったが、子どもだったのでできなかった。力のない子どもに、こんなひどいことをするのはやめてほしい」と語った。

弁護団によると、拘束された当事者が提訴するのは異例。訴状によると、女性は2008年5月に都内にある病院の精神科を受診。摂食障害と診断されて入院した。病室ではベッド上での安静を求められ、起き上がることも、外部との電話や面会も許されず、排泄(はいせつ)は看護師の前で簡易トイレにしなくてはならなかった。

抗議のため、点滴を抜いたところ、両手両足と肩を太いひもでベッドに縛り付けられた。栄養チューブを鼻から胃に、カテーテルを尿道に通された。排泄はベッドの上でさせられた。

足の拘束は38日間続き、すべて解除されたのは77日目。11月の退院後は、拘束される夢を見るなど精神状況が著しく悪化し、別の病院でうつ病と診断された。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000074-asahi-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

xtk | 医療保護入院で親の同意があったはず。まずは親を訴えましょう。
今の命があって結婚できたのは治療のおかげだと思います。
それほど摂食障害は死と隣り合わせの病気。
甘く見ちゃいけない。

ozi | 通院ではなく、入院するほどの病状なので、処置は妥当だと思う。

kou | なんだかこの人もお金目当てって感じで見てしまう。精神科?わかる気がする。

nas | 病院を恨んでるの?
入院させた親を恨んでるの?
それはいったい誰のせいなのですか?

pla | 酷い!と思ったけど、本当なら別の病気も併発してたかのような話しですね。
どうなんたろ?

smh | 摂食障害だけじゃないのでは?
精神的にも病んでた気がしますが…?
普通なら、摂食障害でベッドに括り付けたりしませんよ?きっと。

yoz | 申し訳ないけど、まだ病気が治ってないのでは?
再度、精神科へ入院して治療されたら如何でしょうか。
それほど、違和感がありました。

*** | 親の責任はどうなの?
そもそも未成年なら、親の同意というか、親の意向によって入院させられるようなもんでしょ?
親の監督責任とか問うのも必要かも。
精神病院は、入れられたら本人の意志とは無関係に、薬は処方されるは、閉じ込められるは、まぁ、自由は剥奪されますがね。
親が、貴方にそれを行ったわけで。

c1a | こういうことをされるから、どんどん摂食障害を受け入れる病院が減っていく。
著しい体重減少で動くことさえ危険な場合、ベッド上安静は妥当な処置。重篤な摂食障害は心臓が止まるリスクは高いし、転倒骨折のリスクも高い。面会させれば親に暴言吐いたり、親を巻き込んで危険な行動をする。
抗議のために点滴抜いたって……それをやってはいけないことだという認識がなかったという時点で、病識がないと思われても仕方ないんじゃないかな。
不当な身体拘束とは思えない。

k** | 治療の為の点滴を抜いてしまうのは、異常行動とみなされても仕方ないと思う

tm7 | 摂食障害とのことなので、そうでもして栄養を摂らせないと今頃生きていなかったという可能性も否定できないですよね。

bok | なら、入院すべきではなかったですね。犯罪者でなければ、強制入院ではないはずです。任意任意なら退院すれば良かっただけです。あくまでも、本人と家族の問題です。

hir | 子供が訴えるくらい辛いおもいをしている時、親はどうしてたのでしょうか?
その時の身体や精神的状況で拘束が必要だったとしても、女子が人前で排泄をしないといけないというのを見てみぬふりでしょうか?
病院から説明はあったでしょうに。

hiy | 本当に不当なら見舞いに来た親が退院させただろう。
親も断腸の思いで入院させて、その治療を選択したからこそ今命がある。
死んだ方がマシだったと思うのは本人の勝手なのでしょうがないけど、
親の気持ちを考えると辛いなぁ。

kjr | 看護師で働いていた先輩は目の前で同僚が精神疾患の方に指を食いちぎられたといっていました。
そのような危険な状態なら仕方ないのかなと...
結局、身内が看れないレベルだからそのような事になったと思うので。

dee | 治療なら仕方ないと思う。それくらい重症だったのだろう。

mom | 措置入院とはそう言うものだ。
確かに扱いに差は有るかも知れない…
でも、これを否定すると病院では何も出来なくなり、措置入院の意味も無くなってしまう。
苦痛に感じた事も、自分の症状が故の事だし、親が匙を投げての措置入院なのだから、親は納得づくなのでは?

tmk | 親の承諾を得ているはず。
裁判しても勝ち目はあるのかな??
訴える相手は親なのでは?
これで裁判に持ち込まれ負けたら、これからの精神科医療はできないことだらけになるんじゃないかな。
辛かった気持ちは理解できるけれど、そうする必要があったから拘束されていたのだと思う。
されてなかったら今頃命はなかった可能性もある。

cyw | 今、生きて訴え起こせる程、心身共に回復出来ているんだから、摂食障害は乗り越えたんだね。他意はなく、良かったと思うよ。
殺された方がましとか、口にするものじゃ無い。

mar | 自分が新卒看護師として就職した大学病院に高校の同級生が精神科病棟に摂食障害で入院していました。ダイエットが引き金の発症でした。客観的にはかなりの痩せでガリガリに見えますが、本人には鏡に映る自分が太って醜く見えるのでもっと痩せなくてはと食事を拒否するようになり、腕の血管にする点滴は自己抜去する、足りないカロリーや栄養を補給するために鎖骨下静脈に入れた点滴も自己抜去し、血まみれになりを何回も何回も危険な行動を繰り返していました。このときの彼女の精神状態は普通ではありません。どうにかして栄養を点滴からでも補給しなくてはいけない状態でしたが、上記の行動を繰り返し、残念ですが彼女は亡くなってしまいました。拘束されていたのはそれなりの理由があっての事だったと思います。医療サイドとしては助けたかったのだったと思います。

ken | 申し訳ないけど、精神病患者さんの記憶や主張を真に受けるのは危険だと思います。実際に接してみるとよくわかります。入院が必要なほどの摂食障害は死と隣り合わせ。しかも自分では正確な判断はほとんど出来ないケースも多いので単純に拘束されたなんていう主張は私は違和感を強く感じますね。

u_t | 摂食障害で起き上がることもダメ、ベッド上安静、ポータブルトイレでの排泄…てことはかなり痩せててフラつきがあって転倒のリスクがあったからそういう指示だったんじゃないの?
説明されたこと忘れてるか聞いてなかったか…本当に説明されてなかったか。
安静指示まで出されてるくらいだから栄養状態も悪かっただろうし、点滴しなかったら死んでたんじゃない?未成年、しかも精神疾患だから親の同意を得て、拘束、治療してたと思うけど。
まぁ、推測で事実はわからないけどね。
個人的には、今さら感があるし、もっともらしいこと言ってるけどお金目当てか病気が治っていないかって思っちゃうな。

kot | 原告側の主張だけでは判断できない。
患者のるい痩が進み転倒すると危険な状態にあって、一時的な拘束したのかもしれない。
生命を維持するための点滴を抜去したから、安全のために手を拘束したのでは。
摂食障害はそれほど怖い病気。
ただし患者への説明は病院の義務だから、そこが焦点かな。

d** | 当時14歳なら家族の同意の上ではないの?
子供だったから訴えられなかったのなら、何で成人してすぐに訴えなかったの?

cln | どう見てもいいカネが目的っぽく見えたり聞こえたりするのだがいかがでしょうか?家族の同意も得た上で、命にかかわる状況だったはずですがね。
それに、ついた弁護士がなあ。
なんにでも首を突っ込むが、屁理屈ばかりで、確かそんなに実績があるとは思えないと思うのは私だけかなあ。

wwa | ここまでしないといけない状況だった。
本人には苦痛でしかない治療
ある意味仕方ないのかもね。
点滴抜いたら、危険、異常とみなされるしね。

tin | 本人が食べないなら、チューブで栄養を入れるしか生きる術はない。なのに経管栄養のチューブを抜いてしまうとほぼ確実に誤嚥性肺炎になります。発熱ぐらいで済めば良いですが、命がない場合もある。拘束しないと危険だったのだろうと思いますよ。拘束と生命が危ういのは、どちらが良かったですか?もしくは、自力で食べれたのかな?

paz | 拘束を行うのは医療として、治療目的として相当の妥当性があるわけであり、更に病院毎に拘束を行う上での規定が定められており、その規定に則って書面で同意を得ているはず。
一連の手続きに不備があったのであれば病院側の落ち度と言わざるを得ないが、そうでなければ訴えるべきは同意書にサインを行った保護者でしょう。残念。

jqz | いや、親の判断だよね…
そうするしかない状況だったんだろうなと思ってしまう。
最初はかわいそうと思って読んでたけど途中からあれ?っとなりました。

joh | 14歳ならまず親が入院させたと思うのだけど。
他害か自傷があれば拘束はされるでしょう。
会話ができないほど病んでいたのでは。現場を見ないとわからないですが、一方の訴えだけではわからない。

opp | 仕事で排泄を見守らないといけない方の身にもなってあげて欲しい。
例えば排泄物を口にするとか、見ていないと何するか分からななったからでは?
精神を病んでいたんでしょう。
それなら意思とは無関係に拘束など色々されるのは仕方ないと思いますが・・・。

oku | 病院は悪くないでしょう?さらってきて監禁したわけじゃないし。家族が連れてきて、家族が許可したことなんだから。訴えるなら相手が違うぞ。
残念だけど、結局金か?って思ってしまう。

nec | 看護師の前での排泄は嘔吐の有無の確認
点滴を抜かないように拘束帯をし、チューブで栄養を投与したのは全てこの方の命を守るための行為だと思いましたが違うのでしょうか
でも良かったです
裁判を起こすまで元気になられて…命があって…

dac | 77日の身体拘束は確かに今日の精神科治療からすると長いかな。ただし、
>排泄(はいせつ)は看護師の前で簡易トイレにしなくてはならなかった。
意図的な嘔吐や食事廃棄のリスクのある患者では有り得ることです。
>点滴を抜いたところ、両手両足と肩を太いひもでベッドに縛り付けられた。栄養チューブを鼻から胃に、カテーテルを尿道に通された。
飢餓で死ぬリスクが高い場合には止むを得ず有り得る事です。これらは訴える根拠にならん。これが通ったら摂食障害の積極的な治療ができない=死人が出るよ。

yos | この方はえらく都合がよろしいかと存じます。
まあ、治療のゴールや入院の経緯が分からなければ判断しかねるところも多々ありますが、まずは入院継続、拘束容認の親御様または代理人に事情をお聞きすればよろしいですね。当時未成年なのですから…

hen | 縛らなきゃ暴れたのでは?
多分、おとなしい人を縛らないと思うよ。

t_d | 憶測は良くないですしとても難しいですが、まぁBPDでしょうね
判決を待つことになるでしょうが、本人も無自覚に他者を巻き込み操作する傾向があるので、摂食障害やパーソナリティ障害に知識の乏しく、かつ極端な傾向を持ち、利害関係が一致した弁護団が、彼女から受けた印象に操作され裁判に持ち込むことになった形でしょうか
望んだ結果が出てもそれでも私の人生は帰ってこないと嘆く
望んだ結果が出なければ弁護団をこき下ろす
彼女に必要なのは裁判ではなく継続的な治療的サポートだと思いますね

kl8 | 患者が点滴自己抜去=命の危険
助ける医療従事者の立場になったら、なんとしてでもこの人の命を守らなければならないと思うのは必至
患者が投げ出そうとする命を叩かれようが怒声を浴びようが死に物狂いで繋げようとする気持ちがあることは少しは理解してもらいたいと思う
その時の病院の人間も死なせてはならない絶対に命をつなげるんだと 必死だったはず同僚は患者さんのことが心配で夜うなされたりしていましたよ
患者さんの気持ちを大切にするのか命を大切にするのか
まだまだ考える余地がある問題

kuk | 摂食障害で、点滴中の抜去だけであれば持続の拘束ではなかったのかもしれないがたぶんラインを残しても抜去するリスクが高かったのかもしれない。ここには記載がないが,鼻注栄養などでも結局抜去するなら拘束せざる得ない。翼状針で一時的に点滴入れる事も摂食障害の場合は考えにくいだろうし。
この案件で不適切な状況であれば、家族の医療保護入院のはずだから、そこに対しての訴えがどうなっているのかだろうね。最初任意入院でも点滴→拘束エンドレスなら医療保護入院に切り替えるはずだし。

mrr | こういうニュースだと、我々一般人は判断を「迷う」。精神科の治療について詳しくを知らないから。知らない事を知っているから
でも、例えば普通の不倫事件やセクハラ事件、その他の民事事件などでも、実は当人たちしか知りえない事情は数多くある。でも我々はそこは想像で補えてしまうから、勝手に判断し、勝手に裁こうとする……知らない事に気付いてないから。
ネット社会は安易に「裁き」に参加することについて、もう少し自重した方が良い気がする

【newscollege管理人コメント】

訴訟を受ける弁護士個人の見解を聞きたいね。仕事が欲しかっただけじゃないかなぁ!?








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.