ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

藤井聡太七段、16歳八段へラスボスは羽生善治竜王

更新日:

プロ棋士になってわずか1年7カ月で三段階の昇段という、異例のスピード出世を実現した藤井聡太七段(15)。1957年、ひふみんこと加藤一二三・九段(78)が記録した史上最年少の17歳3カ月を61年ぶりに塗り替える15歳9カ月での七段昇段でした。このスピードなら八段、九段…。「七段」と呼べるのはいつまでなのでしょうか。日本将棋連盟に聞きました。

プロ棋士は全員が四段からスタートし、その後の成績で、九段まで昇段できます。段位はプロにとってのステータス。昇段条件は細かく決まっています。

気になるのは藤井七段がいつ八段に昇段するのか。日本将棋連盟によると、八段への昇段条件は以下の3つです。

<1>七段昇段後公式戦190勝

<2>順位戦A級昇級

<3>竜王位1期獲得

この3つのうち1つをクリアすれば八段へ昇段します。ただハードルはかなり高いようです。

まず<1>ですが、藤井七段の17年度の勝ち星は59勝。「もし、このペースで勝ち続けるなら3年と数カ月で190勝に到達するでしょう」(日本将棋連盟)。これまで以上のペースで勝ち星を重ねていったとしても最速でも「18歳八段」です。

<2>については藤井七段は今期からC級1組に昇級したばかりです。順位戦は将棋界で最も歴史のあるタイトル戦「名人」への挑戦者を決める戦いです。将棋界は名人を頂点にA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5クラスあるピラミッド構造。最上位のA級にいる10人が約1年かけてリーグ戦(順位戦)を戦い、優勝者が名人への挑戦者となります。

デビュー2年目の藤井七段は5クラスの中で下から2番目のC級1組。「順調に1期抜けしたとしてもA級に昇級するには最低でも3年かかります」。<2>の条件では最速でも「18歳八段」です。

藤井七段が本年度中に八段になることができる条件は<3>です。

6月5日、竜王戦5組ランキング戦決勝(関西将棋会館)で石田直裕五段と対局します。この5組で優勝すると、各組上位者11人による挑戦者決定トーナメント(T)に進みます。強敵がそろうの挑戦者決定Tを勝ち抜くと、最難関の強敵が立ちはだかります。10~12月にかけて行われる7番勝負で、現タイトルホルダーの羽生善治竜王(47)を挑戦します。7月が誕生日の藤井七段は16歳。もし羽生竜王を撃破すれば「16歳八段」になります。もちろん史上最年少記録です。<3>が八段の最短条件です。

将棋界の最年少記録を次々と塗り替え、歩みを進める藤井七段。まあ、いずれにしてもちょっとすごすぎる15歳です。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00213956-nksports-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

mgj | 藤井七段が、ものすごい速さで昇段した事で「段位の価値が下がった」とのたまう方もいらっしゃいますが、順位戦無敗で昇級、佐藤天彦名人、羽生竜王、広瀬八段と並居る強敵を撃破しての朝日杯優勝の実績は、やはり「すごい」の一言。常人の想像の域を超えています。
だれもなし得なかったから、「驚異的なスピード」なわけで。
藤井七段には、竜王タイトル奪取も「夢ものがだり」で終わらなそうな、そんな才能と勢いを感じます。

sao | 豊島、永瀬いつタイトル獲得してもおかしくないが何度も跳ね返されてるが藤井君はタイトル戦でたらあっさり取りそうだね。

(== | ここまで来たら最短での竜王戦勝利で竜王奪取してほしい!甘くはない世界なのは十分承知ですが、彼には夢物語ではない異次元差を感じてしまうし、これまでの期待以上の事をしてくれるのを知っている分応援したくなる。頑張って一つ上を、その先を見せてほしい!

bon | 八段昇段に期待がかかってるけど、藤井七段はいつも昇段とか全く気にしてないコメントがカッコイイ

*** | 5組も6組も決勝トーナメントは一緒のスタート地点だからね
去年、挑戦して1組に上がってたらかなり違っていたんだけど…
そんな楽じゃないから段位に意味が少しはあるわけで。
それを乗り越えていく藤井君だからこそみんな応援するんだよね

ryo | ただただ凄い、そして素晴らしい。
目標は八段になることではない。
一つ一つの対局を真剣に取り組んで、そして力をつけていってほしい。

d_b | そんなに急がなくてもいいでしょう。楽しみは少しは取っておかないと。ただ、ここまで来たら竜王戦の決勝トーナメントには進出してもらいたい。妄想ですが八段昇進より先に何かのタイトルを取る可能性の方が高いような気がしてなりません。

hos | 今年中に竜王のタイトル取るのは夢見すぎw
そりゃ取れれば素晴らしいけど、まず羽生さんのいるタイトル戦まで辿り着くだけでも、随分遠いよ〜

lev | 一つだけフォローするなら、比較される加藤や羽生の時代よりも、竜王戦規定等で昇段しやすくなっているのは事実。
まあそれを踏まえても現在強さの指標を表す棋士別レーティングだとまだまだ上昇途上の段階で八位。末恐ろしいよね。
同い年の時の羽生は、序盤にアラはあったけれど、藤井は序盤も精通している。かつ終盤も隙がないし、詰将棋も宮田以上と来た。
竜王戦、決勝トーナメントは少なくとも出てほしいね。楽しみだね〜!

ken | マスコミは昇段スピードばかり注目するけどタイトル獲得数が棋士の実力を示すものだと思う。羽生永世7冠は前人未到の99回獲得、谷川永世名人は27回獲得、渡辺永世竜王は20回獲得、昇段が早かったひふみんは8回獲得に留まっている。藤井くんには是非とも羽生さんに迫るタイトルを獲得して欲しいね。




ara | 今後の昇段も気になるところだけど、それよりも最年少タイトル獲得ができるかどうかに興味がある。

ken | まあま もう昇段のスピードではなくてタイトルの方に興味は行ってるけどね。
昇段は遅かれ早かれくるものだもの。それよりいつ名人を取れるか。
そこに注目だな。

bea | 次はタイトルですね。それにしても強くなるスピードが凄い。

ken | 将棋界は順位戦を中心に考えられてるから順位戦のクラスが上がらないと段位が上がっても対局料が上がるぐらいであまり意味はない。

asd | 5組以下で挑戦者になった例はまだない
4組で挑戦者になった例は3回あるが、現行ルールになってからは1度もない
現行ルールで4組以下が3回戦を突破した例は1回のみ
5組優勝まずイケる
1回戦6組優勝(都成or大橋)たぶんイケる
2回戦4組優勝(三枚堂or増田or谷川)たぶんイケる
3回戦1組5位(糸谷or佐藤康)厳しい
4回戦1組4位(久保)かなり厳しい
5回戦1組1位(豊島or広瀬)豊島がきたら絶望的
挑戦者決定戦(?)ここまで来たら逆にイケる!
竜王戦(羽生)たぶん日本中が祭り状態

oku | 多分、もうなかなか負けないんじゃないかな。かつての藤井くんじゃないし、前に勝った棋士もこれからやれば、勝てないような気がする。寝るたびに強くなっている。七段で無敗を続けるんじゃないかな。凄いよ。

uru | さすがにすぐに8段への昇段はないと思う

sma | 藤井は今後将棋界の誰をも寄せ付けず全てのタイトルホルダーになる程の実力者になってしまったらいったいどうなるのか?出来ることなら藤井は世の政界の先を読み尽くしてヤベーや痔公政権を倒し日本国民の危機を救って欲しいものだ。

y33 | 四段のころ五段連中が強敵に思えたが今じゃかなり格下感がある。
ラディッツやナッパのように。

wbc | この記事のタイトルはおかしい。
八段>竜王位みたいに解釈できる。
実際は竜王位>>>八段だぞ。




【newscollege管理人コメント】

藤井さんの才能がとどまるところを知らな過ぎるね。

どんどん記録塗り替えて欲しいと思う。応援しちゃってます。








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.