ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

野口健氏が亡くなった栗城さんに数日前遭遇していた

更新日:

アルピニストの野口健氏(44)が、エベレスト登頂を目指していた栗城史多さんの訃報に「とてつもなく寂しい」と吐露した。

野口氏は22日、インスタグラムを更新。エベレスト挑戦中に体調が悪化し、下山を試みていた栗城さんが遺体で発見されたことについて「引くに引けない状況まで自身を追い込んでしまったのだろう」と推察した。

野口氏は、栗城さんと同時期にエベレストを訪れており、4月30日に更新したインスタグラムでは栗城さんに遭遇したことを報告。「数日前に栗城さんとモレーンのなか、すれ違い数分共に過ごしました。交わす言葉は少なかったですが、しかし、栗城さんの背中から決意と覚悟を感じた。みな、何かを背負い生きている」とつづっていた。

「あのモレーンでの数分間が最後に。互いに言葉が見つけられないまま息づかいによる会話が少しだけ。手を握り別れ振り返ると後ろ姿がとても小さく見えた」と最後に会った栗城さんに思いをはせ、「また1人、大好きな仲間が逝ってしまった。『山で死んではならない』『親より先に死んではならない』とあれだけ語り合っていたのに。無念の一言に尽きる。とてつもなく寂しい」と早すぎる死を惜しんだ。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216279-nksports-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

*** | 野口さんはだいぶ気にかけてましたよね。ただ残念というだけでなく、複雑な想いがあるように感じます。

sat | 登山家ならではの思いがあったんでしょうね。。

hic | 野口さんも批判に似たことを発してましたが、彼は他の人たちと違って「心配な思いを込めた批判」だと感じました。
栗城ファンの一人として今回の死を悼みます。

kaz | 今となっては遅いけど、栗城さんも最難関のルートに挑む前に先ずは登頂という事を考えなかったのかな…。
1度エベレスト登頂してから最難関のルートに挑むという選択肢があっても良かったと思う。

ntj | 朝のワイドショーでこの人が、「こういうやり方だと、そう遠くない先にこういう事が起こるだろうと思っていた」と言っていて、その言葉って今となっては重いなと思った。

asy | 晩年の栗城さんは山というより死に向かっていた気がします。やめてほしかったけどたぶん彼にとって山を諦める事は死に等しく、止める手立てがないままこうなってしまって残念です。言い方は悪いですが自死に向かう人を何とか助けられなかったかというような無念さが残ります。常に焦燥感にかられていたような彼が人生の頂上にやっとたどり着き、今は安らかにいると信じたい。ご冥福をお祈り致します。

kb* | 野口さんは普通に登って帰ってきてるんでしょ。
普通じゃだめだったの?よくわからん。
過激なユーチューバーがやり過ぎて死んだりしてるのと、何が違うのか分からない。

nue | 野口さんの意見をちゃんと聞いていたらと思いますが、歯止めがきかなかったのでしょうね。

aaa | 『山で死んではならない』『親より先に死んではならない』これに尽きるよ。自分の子供が同じ夢を持ったとして、止める事が出来るかはわからないけど・・・「生き続けて欲しい」って事だけは伝えたいな。

snk | 本人のことは置いといてメディアにもスポンサーにも責任がある
これはチャレンジと言えるのか?ハッタリかました人をもてはやして死まで追いやった、という事件じゃないのか

ty_ | アスリートより更に、辞めどき、諦めどきが難しい世界だと思う。男性なら尚更、層が厚くて評価もされずらいし…
本当に引くに引けなくなったなら、悲しい結果だなあ

jin | 指も9本失ったし、もう何も失うモノが無くなってしまいもう迷いは何も無かったんでしょうね。しかし最後には命をも失ってしまった。ご冥福をお祈りいたします。

sab | 栗城氏は「冒険の共有」をキャッチフレーズにしてたけど、他の登山家の知恵や経験、警告や忠告を共有することをしなかった結果、何度も同じ失敗を繰り返した挙句、今回の結末を迎えた。
今回、生きて下山したとしても、どうせ同じやり方を繰り返して遅かれ早かれ(これまで通り8000メートル地点を突破することもなく)同じ結末を迎えたと思う。

*** | ある意味、他の生き方が出来ない人だったのかな
本人もそれがよく分かっていたからスタイルを変えられなかったのかも……

bea | いくら登山家が危険な職業とは言え、生きて帰ってこそとは思いますね。

non | 引くに引けない状況っていうのなんかわかる…
自分の実力以上に評価され期待されて
ある意味で可哀想な人だったんだと思う

rrm | 登山家ならば好きで登る山で死んじゃいけないし、何より親より先に死んじゃいけない。
野口さんの言う通りだと思う。

tm9 | 『山で死んではならない』『親より先に死んではならない』
その通りだと思う。
チャレンジ精神と情熱は立派。
でも、死んだら終わり……。
もう終わりなんです。
やはり、険しい悪路は万全な態勢で挑んでこそ。
そういう余裕もなかったか……
悔やまれますね。

*** | これが海の事故で、例えば、サーファーが、サメのいる海でいい波があるからと言って、入って足食われて、ケガ直して、もう一度海に入って、サメに食われて亡くなったり、素潜り選手が大会で、事故起こして障害負って、もう一度潜って亡くなる。
とかでも、美談になるのかね。
なんか、日本の場合って、山ばっかり、特別扱いでこういう事が美談にするから、栗城氏のような人が出てくるんじゃないかと思うんだよな。

cas | 野口氏がなにかの番組で語っていたが、登頂に成功し山頂で泣いていると、誰もが「嬉し泣き」だと思っていたが、本当は下山が恐ろしくて泣いていたのだという。
かくも下山は危険なり。登ることよりも。
あの植村直己氏だって、遭難したのは下山時だったし。




bea | つくづく 野口氏は 臆病さと謙虚さを備えた素晴らしい登山家だなと思った
登山家や 冒険家には 必要なことなのかもしれない
栗城氏にも それがあれば。

tok | まわりに一人も止める人いなかったのかな

hqw | いろいろな事を言われていますが、死して尚、責められなければならない理由は栗城さんにはないと思う。
どんなに無謀な事をしてきたとしても今回は下山中の出来事。
山の事は何もわかりませんが、登る事を断念した後の死。
無念だったろうと思う。
すれ違いざま、互いに何を思ったのか…
ご冥福をお祈り申し上げます。

mom | あのやり方でエベレスト頂点目指し続けたら99.9%死ぬ。と、言ってたのは野口さんだっけ?
とにかく名のある登山家たちはみんないい続けてたよな。

ptp | 男が浪漫求めたら結局、、、、、、、、死なのかも知らない。
ただ個人的にどんな人間も好きな事をやって死ねるなら本望なのではないだろうか。
可哀想だと言い出したらなら始めるなという話に結論ずく。
やりたいのに止められて、恋い焦がれて死ぬよりやって自分でここまでなのかと悔いながらながらの方が人としてはいいのかも知れない。

yhn | サポート隊の方々も7回も失敗してる人に付くのは、死ぬこともあるのに嫌じゃなかったのかな…

ugm | 悪い言い方をすると、技術や知識や体力のないまま、登山を配信するだけの、YouTuberみたいな感じの人だったし、本当の冒険家や山好きの人から見れば、事故が起きてイメージ悪くなったり、真似する人が出ても困るから複雑な感じだったろうね。
下山家と呼ばれたり、大変な目にあったり、登山の技能をもっと磨いてからにしろとか言われても、これが仕事であり飯の種だから、もうやめるにやめれなかった部分もあると思う。

pon | 自分1人で趣味の登山ならいつでも引き返そうという気になるんだろうが、スポンサー付いてたらどうしても登らなきゃいけない焦燥感でも出るんだろうか?

kat | 色々と批判的な声も聞かれますが、人一人の死を語るのであれば、なるべく故人を傷付け、その死に鞭打つ様な言葉は控えて欲しいと思います。

nip | 野口さんの言葉、あったかいな

nik | 野口さん優しいね。
まともだし、本物の登山家。
この亡くなった方はただ単に山で死にたかったのでは?

*** | お父さんの栗城さんへの言葉が残ります。ご冥福をお祈りします。

mas | 大人ですね

hos | 素人の下山家とプロの登山家
そんな感じの二人だもんなー

aaa | 彼は最期の時薄れゆく意識の中で何を思ったのだろう

nam | エベレストって怖いんですよ、登山中に回収不能な遺体があちこちあるんです、頂上で泣いてるのは嬉しいよりあんな高い所で怖いから。
野口さん、講演で話されてたな。

min | 大きなニュースになるほどの、実績のあるクライマーとは思わない。

*** | 登山は全くの無知なんですがエベレストで会う事なんて、ある事なんでしょうか?
特別な事なら最後の下山のきっかけとして必然的な出会いだったように感じるし
息づかいだけで言葉を交わした時に、この結果を二人ともが強く感じた気がする。

slj | 森山憲一さんという登山ライターの去年6月9日のブログに、彼がどんなに無謀で危険かが分かりやすく書かれている。
そしてそのブログでの予言が今回本当になってしまった。
登頂するつもりのない登山か。
そんな嘘をつく彼に、山は何度も警告してくれたのに、そしてこのブログを彼も読んでたはずなのに、それを聞かなかった。
避けられない結果だったんだろう。

gos | 冒険とは、あえて危険を冒すことではあるのだろうが…。 でも、その中で生への実感や仲間への絶対的な信頼と充実感を感じられるのだろうと想像はできる。 何はなくとも、まず生きていなければ何にもならない。 どこかで、何かを間違えてしまったのか。 野口さんの言葉の通りだと思う。

【newscollege管理人コメント】

山を愛する人、山を愛する人を愛する人、野口さんの言うとおりですね。








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.