ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

IT 科学

関根勤さん・冠動脈狭窄 酒もたばこもやらず、健康そのもののはずが…心臓が止まる寸前に

更新日:

軽やかなトークに、独特の観察眼に基づくマニアックな笑い。デビューから43年。テレビやラジオ、舞台の第一線で活躍を続ける。
酒は飲まず、たばこも吸わない。犬の散歩で毎日のように体を動かす。肥満もない。健康そのもののはずが、2016年4月、心臓に血液を送る血管が詰まる「冠動脈狭窄(きょうさく)」と診断された。心臓がいつ止まってもおかしくない状態であることが分かった。

きっかけは、親友でタレントの小堺一機さんが司会を務めるテレビ番組のロケ。「心臓ドック」を2人で体験しようという企画だった。

心臓ドックは、心筋梗塞(こうそく)などによる突然死を防ぐため、原因となる動脈硬化などのリスクを見つける検査。CT(コンピューター断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)の画像診断などで、心臓の働きや血管に異常がないかを詳しく調べる。

「小堺君も僕も60歳を過ぎたので、検査を受けて心臓に気をつけようね、という軽いノリで引き受けたんです」

約2時間の検査の間も、2人はおすぎとピーコさんやジャイアント馬場さんらの物まねを披露して、大はしゃぎ。ところが翌日、再検査の連絡が入った。「(連絡は)僕だけなんですよ。2日後に行くと、院長先生が『もう少し丁寧にみたい』と言う。これはおかしいなと……」

脂肪の塊が付着、心臓動かす血管詰まる
親友でタレントの小堺一機さんの番組で心臓ドックを受け、再検査の結果、「冠動脈狭窄 」と診断された。心臓に血液を送る3本の太い血管のうち、2本は75%、もう1本も少し詰まっていた。「道路で言えば、環状7号線と8号線が大渋滞、6号線もちょっと渋滞みたいな感じ」

脂肪の塊が付着して、血管が狭くなり血流が悪くなっていた。父親が心筋梗塞(こうそく)を患ったため、健康には人一倍気を使い、毎年6月に人間ドックを受けている。コレステロール値が高いと言われていたが、異常に高い数値ではなく、気にとめていなかった。すぐに入院して治療が必要だと言われて、「本当にビックリした」。

心臓の病気は、自覚症状がないまま、検査でひっかかってわかる例が多い。前年に胃の痛みなどで胃カメラをのんだが異常はなかった。こうした症状も心臓病の予兆の一つと言われていることは、後で知った。

病状は思っていた以上だった。院長からは、同じ62歳の男性100人を無作為で選んだら、上から4番目に悪いレベルと言われた。「上位3人は、心筋梗塞で倒れているだろうから、普通にしている人では一番悪いんだと思いました」。2年以内に心筋梗塞を起こす可能性が高いとも言われた。

心臓ドックを受けていなければ……。「冷静に考えたら怖くなりました」

カテーテル治療で血液の流れ改善…「小川が大河に」
心臓に血液を送る血管3本のうち2本がほぼ詰まっていて、放っておくと、血管が完全に詰まる心筋梗塞へと進み、心不全(死亡)の恐れもある……。直ちに血液の流れを正常にする必要があった。胸を切り開く外科手術が頭をよぎったが、医師から示されたのは、血管内に管を通す「カテーテル治療」だった。

手首やももの付け根の血管から管(カテーテル)を入れ、管の先端に付いたバルーン(風船)を詰まった場所で広げる。バルーンを覆うように網状の筒形金具(ステント)が付いている。広がったステントを血管内に残してカテーテルごとバルーンを抜き取れば、血液の通り道が確保できる。

事前に、治療のビデオ映像を見ながら説明を受けた。説明通り、メスが入ったのは左手首に3ミリだけ。ここからカテーテルが入っていく。痛みや違和感はない。局所麻酔のため意識はあり、医師と会話もできた。治療は約2時間で終わった。後半の40分間はリラックスして、寝てしまった。

目がさめた後、治療中の映像を見せてもらった。詰まりかけた血管の部分は「小川のようにちょろちょろ」としか流れていなかった。ステントを広げ、カテーテルを抜き取ると、「バーッと広がって大河になるんですよ。うわ、こんなに詰まっていたんだって。どんなに危険だったか分かりました」。

「自分は大丈夫」…その過信は禁物
詰まった血管に細い管を通すカテーテル治療で、血液の流れは元の正常な状態に戻った。2泊3日の入院。治療の翌日には早速、ラジオ番組に出演した。

身体への負担の軽さはもちろん、治療効果の大きさもすぐに実感した。「舞台で激しく動いたり、好きなゴルフをしたりしても、以前ほど息が上がらなくなったんですよ」

再発防止のため、血液をさらさらにする薬と、悪玉コレステロールを抑える薬を毎日飲んでいる。血液がドロドロになっていないかを定期的に検査。治療1年後には、血管に詰まりがないか確認するため、再びカテーテルを入れた。

意識的に歩く量を増やし、野菜も多めに食べるようにした。「自分だけは大丈夫と高をくくっていたら、頭をガツンとたたかれましたからね」

入院中、娘でタレントの麻里さんが、孫娘を連れて見舞いに来た。「2歳の孫が20歳になるのを見届けたい。そうすると82歳まで頑張らないといけない」。最近は「孫でこんなにかわいいんだったら、ひ孫は……」と笑う。

健康に過信は禁物、を実感した。「酒もたばこもやらず、運動をして人間ドックも毎年受けていた僕の血管が、ほとんど詰まっていたんです。50歳を過ぎたら一度、心臓ドックを受けることを勧めます」

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00010000-yomidr-sctch&p=1




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kik | 心臓とか脳ドックとか、それ以前に大腸カメラとか会社の検診じゃ見てくれないところ多いよなあ。
全部毎年やるのは難しい

mim | 私は42で、昨年、会社の健康診断の心電図で引っ掛かり、精密検査を受けるようにと指示され受けたところ、狭心症と、陳急性心筋梗塞(30日以上前に起こった梗塞)と言われました。
昔から飲みすぎた翌日に胃の辺りと左腕の痺と痛みがでる症状が10年くらい前からあり、『飲みすぎたな』の程度。
心当たりのある方、一度精密検査を!

kur | 人間ドック、一般的になればいいんだろうけどねー。
いまどきの、健康診断ってどうなってるんだろ。
簡易的なもので済ます感じだろうか。
国から健康診断のお知らせとか来るけど、見ると、、一ケ所で済まないから超面倒。
何箇所も、回らなきゃいけないって考えるだけで億劫だ。
一ケ所で済むような?人間ドックが一般的であれば、いいのにね。
ある程度の年数。
5年や10年に一度は、人間ドック行ってくださいねーってのがあってもいいと思う。
会社の方も、国がそういう指針を示せば?
率先して、時間つくって・・人間ドック行ってこーいって言えるんじゃないかしら。
まぁ、人間ドックは、ふつーに無理な話か。
簡易健康診断・・めんどくさがらずに行くとしよう。

ohk | まずは良かったが、そんなにひどいなら、毎年の人間ドック検査で見つからなかったのがおかしい。どうやって防いだらいいのか?

con | 重度の血管の詰まりは前回の人間ドック以降に、一気に進んだのでしょうか。もしそれ以前から起きていて、タレントが行うような豪華な?人間ドックでさえ見逃されるなら、サラリーマンが行うような集団検診などは、あてにできない検査なのかと思ってしまいます。元々流れ作業的な集団検診の有効性には懐疑的ですが、この話でより一層その考えが強まりました。

aki | 他に書いている人もいるけど、健康診断は毎年出来ても人間ドックは高額過ぎてできない人も多いですよ。
脳や心臓の検査を毎年やれる人は経済的に余裕のある人ばかり。

nan | 勉強になりましたわ。

mar | 私も以前、不安定狭心症と診断され、冠動脈のバイパス手術になりました
暑い日に外で仕事をしていたら、胸が圧迫されるような痛み
ただ、普段から酒を飲んだ時などに短期間そのようなことがあり
その痛みが過ぎた後はいつも全然問題ない感じでしたのでその時は熱中症かなと、病院にも自分で行ったのですが、症状を言うとすぐ専門病院にいけと言われました
行った病院では即入院せよと言われ、その後カテーテル検査で見るとほとんど詰まってる状態で、さらに転院となりました
転院したその日にいきなり緊急手術という展開でした
どうも最初の病院のカテーテル検査の見立てでは、いつ死んでもおかしくないと思われたようです
実は20年以上まえから症状はありました
思ったのは、この手の症状はそこを見るピンポイントな検査をおこなわないと発見しにくいのだと
無駄になるかもしれませんが、怪しいなと思ったら専門病院の診断をお勧めします

syo | 酒もたばこもやらないから健康だと思ってる方が危険だと思うけど

ut8 | 酒もたばこもやらない一見健康志向な人が、どんな食生活だったかが知りたい。




ges | 突然死する原因のほとんどは心臓と脳の血管の病気だと思うのに
なんで定期検診のメニューに無いんだろう?

nan | 市の健康診断やってるけど最低限の事しかやらないから脳とか心臓とか分からない事が多いかも。人間ドックの案内も農協から来る(笑)少しの補助金があるけどそれでも4万前後、脳と心臓は別で脳が4万、心臓1万5千。他にも色々あるけど10万は必要って事になる、俺みたいな貧乏人には無理。テレビの撮影で検診出来る芸能人が羨ましい

hit | 芸能人って売れれば売れるほど仕事とプライベートの境が曖昧になっていくお仕事だけど、こういう風に医療系番組のオファーをきっかけに番組制作費で大規模な健康診断ができるのは役得だと思う。
九死に一生を得た関根勤さんにも、まだまだ「笑い」を通じて生きる力を分けて欲しいしね!

tak | 人間ドックってあんまり意味ないな。
よほど悪くなってるか、すごい医者でなければ病気を発見できなさそう。

cat | 僕も関根さんとほぼ同じ年齢、少しの運動で心臓がどきどきする。
父親も祖父も心筋梗塞を患っているので自分も心配はある。
どの検査をすればわかるのだろう。
血液じゃわからないだろうし、超音波、レントゲン?
造影剤を入れなきゃわからないのか今はもっと簡単に見つかるのか。
素直に「軽い運動すると心臓が・・・」と循環器の医者に行った方がかしこいのだろうかと考えてしまう。
余談だが、フツーの人間ドックで見つかるものだろうか。
身長、体重、視力、聴力、腹回りを測ってメタボとか見た目でわかる測定は不要、体脂肪も今は家庭でも測れるしそんなのでいくらかわからない費用を出さなくてもいい思う。

kur | 酒やタバコをする人は100%病気になり、やらない人は100%病気にならないわけではなく、あくまでも確率の問題。
それなりの年齢になれば、外見上、「健康そのもの」でも、何らかの問題と抱える人が多い。

est | 健康診断の検査で何も異常は無いと酒もタバコもガンガンやってる人が年齢に達すると突然この様な検査異常が出る事は多いらしい、専門医で検査をしていない場合が多い、かかりつけ医でも安心は出来ないが本人に自覚症状がない場合というのが大変危険な事であるのは確かで、その体調の変化に本人が気付く為にも特にタバコは禁煙する事が一番大事なのではないでしょうか。

mid | この病とは別だけれども、息切れ動悸が激しく力が出ないので医者に見てもらったら不整脈と診断された。
原因を聞いたら、加齢による要因もあると言われた。

w20 | どんなに気を使っても、病にかかり亡くなっている。何気なく受けた検査で病を知り助かることもある。人生は運で導かれているから焦る気持ちは必要ないかも。

m_h | 親が心筋梗塞→家族歴があれば、十分リスク群だわ。
冠動脈のリスクといえば、年齢、性別、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、家族歴、喫煙歴
この中で明らかにリスクじゃないといえるのは、肥満ではないことだけだな。喫煙は、今は吸ってなくても、以前吸っていたらだめ。
年齢、性別、家族歴は当てはまるから、決して冠動脈に関して健康そのものってわけではないだろう。
しかし、これだけ狭窄あるのにステント治療っていうのもな。狭窄が弱いのがLADだったってのならわからなくもないが、LADも狭いのにステント治療したというのなら、エビデンスのない治療を受けられて、お気の毒にとしか言いようがないな。




for | こうやって不安を煽って○○かもよ?って信教宗教みたいだなとしか思えない。
心臓ドックも脳ドックも私は受けない。
健康検診は、そもそも炭鉱で働いていた人や、娼婦の人たちが受けさせられていたけれど、近年それが、普通の人にまで広がったと書いてある本があった。
中には、がん検診を受けるからガンになると考える人もいるくらい。
自然に生きたい。
血管の検査をして亡くなる人は多いよ。
知っている人は知っているはず。
血管の検査入院ですぐに帰ってくるからと、再来週来てね…と耳鼻科の先生が言っていたけれど、血管の検査入院で亡くなりました病院の正面玄関に張り紙が貼ってありました。
病院がストを起こした地方は亡くなる人が凄く減ったそうです。
病院は、病気を治し健康にしてくれるところなのか。
病院は、健康な人の身体をいじくりまわして死に追いやるところなのか…と。。。
知人の元医師は、病院嫌いです。

450 | ヘビースモーカーだった、自分がやった病気だ。
当時は、夜中に何度も胸が痛くて起きた。脂汗が酷くて、ニトロを舌の下に置いて落ち着くのを待つ・・。もう、懲り懲りだね。
禁煙すると、数ヶ月でピタリと完治した。タバコは体に悪すぎだよ。
子供が進学する前に、逝くところだった。

moo | ここまでくるともう運が悪かったと思うしかないよな

bel | 無料検診は簡易なので見つからないときも多いのでは。

bbb | タバコも酒も健康習慣も、病気になることを確定させるものではない
あくまで確率を変動させるだけ

goy | 目立った持病とか無さそうな関根勤さんだけに驚きましたこの記事。

*** | 見た目が健康でも、不健康な人はたくさんいますよ。

tad | たしかにお酒や煙草の影響は大きいんだけど、こういうのって、大半が体質遺伝が原因なんだよね。
自分も遺伝子検査して、なりやすい病気とか色々わかったから、それは気を付けている。
病気の大半が、遺伝子が原因だから、ある分野では努力しても全然ダメな場合もあるし、ある分野では努力しなくても全然平気な場合もある。
病気や寿命は、ある程度運命だね。

yon | 摂生してもこれなら、酒やたばこは、ストレス解消のために適量なら、健康にいいのではないかなと思う。

kod | 酔っ払いがよく 関根さんが昔わずらった 冠動脈きょうさにならないのが不思議だ

【newscollege管理人コメント】

定期的な健康診断なんてもう、10数年受けてない、、、せめて受けなきゃだよね。








-IT 科学

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.