ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

張本サッカー発言に「珍しく同意できる」 「時間稼ぎ」問題で共感の嵐

更新日:

「イチローは日本球界に戻って来るな! 張本勲の発言に『あまりに失礼!』と激しい批判」
「張本さん、やっぱりサッカーお嫌い? 今度はキングカズに『もうおやめなさい』」

歯に衣着せぬ物言いで知られる野球解説者・張本勲さん(78)。その過激さから炎上に見舞われることも少なくなく、J-CASTニュースでもたびたび取り上げてきた。ところが、今回のサッカー日本代表に対する持論は、多くの共感を集めている。

■「監督が言っちゃダメ」

張本さんは2018年7月1日の情報番組「サンデーモーニング」(TBS系)の名物コーナー「週刊・御意見番」に出演した。

話題は、サッカーロシアW杯・ポーランド戦での日本代表のプレーに。ポーランド戦の試合終盤、日本は0-1で負けている状況にもかかわらず「時間稼ぎ」に終始した。

同時刻に行われたセネガル対コロンビア戦の展開を踏まえ、あえて「0-1」のまま負けることを選んだ日本。決勝トーナメント進出を最優先するため、リスクを背負わず時間稼ぎを徹底するという策を取ったのだ。

この策をめぐり、サッカーファンからは賛否両論寄せられているが、張本さんは「答えは出ませんわね」。どちらの言い分も理解できるとして、中立的な立場をとった。

ただし、西野監督の試合後の発言には「喝」。

「不本意だとか苦渋の選択だとかということを監督が言っちゃダメ。私が指示しましたと、それだけでいい」

「どっちも正しいと思いますよ」

共演者からは、

「100人監督がいたらこの選択をするのは1人、2人だと思う。それくらいしない選択」「僕は絶対しない」(サッカー元日本代表・秋田豊氏)
「見てるほうはつまらんわね」「(時間稼ぎするチームには)イエローカード出せないんですかね?」(司会の関口宏氏)

など西野監督の決断を評価しない声が挙がったが、張本氏は

「(賛成、反対)どっちも正しいと思いますよ。間違ってないですよ。両方言い分がありますから。ただ、スポーツは『しかし』は困るんだよね。『勝ったけどもしかし』『負けたけどもしかし』は困る」

と立場を貫いた。

ツイッターなどでは、

「張本さん、意外と客観的だった。やっぱりスポーツを極めた人は、一般の見方とはちがうんだな」
「ちくしょー!いつもは張本さんの発言に喝だったけど、今回は正論だと思う」

と、珍しく(?)賛同の声が相次いでいる。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000006-jct-ent&pos=5




【上記ニュースに寄せられたコメント】

nou | > 私が指示しましたと、それだけでいい。
クソッ、張本さんカッコいいな。

ris | だから、このことについて議論するのはもうやめて、次の試合でどうすれば勝てるか考えていこうじゃないか。

fen | トーナメント進出を決めたチームが、スタメン温存して戦うのとどう違うのかぁ?
同じ戦略やと思うけどエリアでシュミレーションしたり、明らかに潰しにいくプレーの方が、よほど汚いと思う

shi | 今回、ずっと思っていたことを張本さんだけが言ってくれた。どちらの選択も正しい。そうなんですよ。
攻めてカウンターを受けるかもしれない。実力には明らかな差があるし、会場は暑く体力は消耗していた。勝ち残る可能性がある方法を選択したことは理解出来る。
もちろん攻めて得点することが出来たかもしれない。だから攻める選択をしたとしても間違いではない。攻めない結果セネガルが得点したかもしれないし、攻めて失点したかもしれないし。
結果として次に進めたんです。監督と選手を手放しで応援しましょうよ。

dvr | 張本さん、その通りですよね。現場監督は言い訳せずに「私が指示を出しました」でいいと思います。その方が下の者たちも信頼関係が向上して更に上司について行くことでしょうね。

iwa | この件はネットでさんざん議論してるが、試合後の西野さんのコメントに言及したのはこの人が初めてじゃないか?
作戦の是非はともかくとして「監督たるものこうあるべき」というのは、選手としていろんな監督に仕えてきた元プロの意見として説得力があるし、異論は少ないのではないか?

Bak | 張本氏のコメントには珍しく同意。あの人酷評するかと思ってたら珍しく冷静。サッカー興味無いからだとは思うけど、ゲームマネジメントという点からコメントとしては秀逸。「不本意でした」は確かに不要。素直に自分の指示で行ったこと、リスクがあるなか選手は忠実に従ってくれた。これは日本が目標とするベスト8に行くための手段なんで、理解いただきたい。で良かったように思う。「不本意」とか言うなら選手の実力を信じてカウンターのリスクを冒しても点取りにいくべき。それで批判されるのも監督の采配。他力に頼った結果だったけど、グループリーグを突破できた。全て自分の指示で行ったこと。選手はよくやってくれた。それだけでいいと思う。

klo | スポーツは観るのもやるのも好きなので、今回色んな意見があるのも理解出来る。
あのポーランド戦の後、あるコメンティーターが、松井選手の高校時代の甲子園の連続敬遠を引き合いに出してコメントしていた。
あの連続敬遠も賛否両論が巻き起こった。
でも、今回とは根本的な事が違うと思う。
高校野球は、あくまで学校の部活の一環であり、教育の一環。いわゆるアマチュアだ。
しかし、W杯は世界の超一流のプロがしのぎを削る場所。プロとアマチュアの違い、それはプロは結果が全てと言う事。
アマチュア、特に学生であれば、正面からぶつかって、勝ち負けに拘らずベストを尽くす事の大切さを優先させるべきかも知れない。
でもプロは勝ってナンボの世界。
まして日本は違反はしていない。
ルールに乗っ取った勝ち方をしたまでだ。

unt | リーグ戦というのは【3試合で1つの結果】として決勝に進むシステムなので【1試合毎に1つの結果】を求めちゃおかしなことになる。
【3試合だけの短いシーズン戦】と考えても良いかもしれない。全体を通して常に4チームで競い合ってるんです。
例えばあのポーランド戦の最中も日本はポーランドだけと戦ってる訳じゃない、直接手を下せないセネガルやコロンビアとも順位を競って戦っている真っ最中。
コロンビアもセネガルとだけ戦っていた訳じゃなく、別会場の日本とも戦っている真っ最中。
セネガルも同じ。
目の前の試合だけの話ではなく、組の中でのポジションと勝敗を語らないとリーグ戦をやってる意味がない。
つまり、あのとき日本は『1対1の試合に負けてボール回し』をしてたんじゃない。
『4チーム中の2位勝ち抜けを狙う状況下でボール回し』をしてたんです。
これがダメなら世界中のプロリーグでブーメラン炸裂だよ。

sim | 秋田と関口はポイントが全く違う
秋田は時間稼ぎなんて問題にしてない
他会場に全てを委ねる博打的な闘い方に否定的なだけ
関口はサッカーが全く分らないし興味が無いだけ




SON | グループリーグ戦の戦い方は色々。時間稼ぎをしないことをフェアとする人もいるようだが、リードして最終盤に時間稼ぎをしないチームは、見たことがない。今回は特殊な事情もあったが作戦として非常識なものではなく、結果として勝ち上がったことを評価すべき。

aub | 張本さんが正論!結局どっちも正しいと思う!10分のボール回しに議論が集中してるが…大事な事はスタートだったと思う!スペインメディアが自分は一番共感出来る記事を書いてましたが…西野監督は前半から点数取りに行く布陣を敷いてたのに…宇佐美、山口、酒井高、武藤が全く機能しなかった!MFに至っては特に左側がデフェンス手を抜いてたりパスカットされまくってたから…何時もなら裏を取られても追いつく長友さんですら後半疲れて追いつかないシーンがあった!また柴崎さんはこのメンバーの動きの悪さから攻撃パターンを描けないので可哀想に精神的にも疲れてしまったと思う…その大前提があってのラストだった事をもっと議論しなきゃだと思う!

rnc | GL方式は進まないと何も残らないので、結果として突破できたので「結果には」問題なし。結果論でしかスポーツの勝ち負けは決められません
批判されるべきは試合が始まるまでの事象(情報リーク)や始まる前に決めた戦術などのプロセスです
フォーメーションとメンバー選定がまずは批判対象、急な変更と大幅な入れ替えが不安定さを生み出した原因ではあるので。得点が取れなかったのもそこに起因するのでやはり急なフォーメーション変更とメンバー選定は監督のミスです
スタメンを休ませる意味が大きかったはずなので「宇佐美の途中交代」は最大のマイナス
フル出場が無理なら無理で、特に守備時のスプリントをサボらせない制約はつけるべき。誰も納得しない
批判対象になる選手は何人もいますが、それも含めて監督のミスに変わりはありません
能力がもともと足りないのだから
それ以外に責める箇所はない
次に備えて休養と練習をするだけ

kao | 最後のパス回しはほとんど結果論の世界だと思う。要は6人変えてきたメンバーが前2戦のメンバーと比べて明らかに劣っていて、そのために長友や柴崎がいいところを出せず、疲労してきた時に失点されたというのが事の本質だと思う。やはり3戦は少しポーランドを嘗めすぎてたと思う。その失敗をなんとかかんとか取り戻すことができたのが、最後のパス回しで、正直リスクを考えれば仕方ない
西野監督はミスを犯した。でも結果的にはツイていた。というのが本質なのでは

cfe | 張本さんのコメントが1番ファンが納得するものだったっぽい。監督が選手と同じような言い訳より、バシッと自分の指示です!が、色々言われなくていいかも。

bwr | 秋田に監督がつとまらない理由がわかった。

asu | 答えはすでにでている。「間違い」である。この試合で子ども達に何を教えたというのだ。未だにプロは勝ってなんぼなどと、選手自身のことのみ考え、研ぎ澄まされた一流のプレーを期待している人々のことを後回しにしている。サムライでない人には、サムライが取るべき振る舞いが理解できないのだろう。国辱的なプレーに、恥をかかされたのはサッカーに無関係の大和民族も含まれていることを忘れてはならない。ただ勝てば良いと騒ぎ立てるサポーターだけが、侮辱されているわけではない。この国辱は、たとえ優勝しようと拭えないものであり、ワールドカップの歴史に名を刻まれるのである。願わくば、この試合により「無気力試合」に対するイエローカードなどというルール改正がされない事を祈るのみである。更なる国辱の上塗りとなってしまうからである。

bbm | 張本氏の意見には完全に同意。どちらの言い分にも一定の理があり、完全な正解と言うものはないし、監督にはその決断に自信を持っていてほしい。
納得できないのは関口宏の発言。なぜイエローカード等と言う話が出てくるのか?今までどれだけのチームが試合中に時間稼ぎをしたと思っているのだ。総当たりのリーグ戦では当たり前の戦術であり、それが批判されたことはあっても、イエローカード等と言う話は一度も出たことがない。なぜ日本がやったとたんにそのようなことを言い出すのか?ならば今大会で、最初から勝ちを放棄して試合に臨んだフランス・デンマーク戦やイングランド・ベルギー戦はどうなる?

sti | 確かに張本さんの言い分は分かりますね〜。そこははっきりと監督が指示したって言えばめっちゃかっこいい。
まぁけど別に言わなくてもいいと思いますけどね。言ったら言ったで叩きそうだし。
それより私はW杯本戦は結果が全ての結果至上主義だと思います。リーグ突破するための最善策を取り結果を残したんだから何ら批判されるいわれはない。選手も猛暑の中よく走りました!
つかセネガルだって日本戦後半肘打ちとかで明らかに削りに来てたけど…。プレーがクリーンな方が勝ち上がるのは納得ですけどね。

num | >「(時間稼ぎするチームには)イエローカード出せないんですかね?」
遅延行為はイエローカードだが、鳥かごでイエローなんて聞いたことがない。
出すなら出すでレギュレーション変えればいいが、守備が成り立たないので、サッカーでなくなるだろうね。

【newscollege管理人コメント】

ハリーの老害もたまにはいいことをいうってこと!?








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.