ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

点滴中毒死 乏しい責任感・暗い人間関係…負の呪縛「混入20人」 極刑も覚悟、身勝手な動機

更新日:

横浜市の大口病院(現・横浜はじめ病院)で起きた連続中毒死事件で、久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)=殺人容疑で逮捕=が弱った患者に狙いを絞り、薬品混入に手を染めた異様な犯行形態が明らかになってきた。多人数に投与したことを認め、「極刑も覚悟している」などと供述。乏しい責任感、暗い人間関係、コミュニケーション能力の欠如…。自ら負の呪縛(じゅばく)にとらわれ、「おとなしくて地味な人」は容疑者に暗転した。

◆同僚への犯行否定

大口病院では、事件前後の約2カ月の間に、およそ50人もの患者が死亡している。多いときには1日に5人。末期のがん患者や回復の見込みが低い高齢者らが痛みの緩和治療などを行う病院ではあったが、病院幹部も「異常な数だ」「呪われているのか」と首をかしげる事態だった。

神奈川県警の捜査関係者によると、久保木容疑者は、多くの患者の点滴に毒性の強い消毒液を投与したことをほのめかしており、その数は20人に上るとされる。「死刑になっても仕方がないことをした」。こうした身勝手な供述も始めているという。

ただ、かたくなに関与を否定する場面がある。当時、病院内で起きていた別の異変だ。大口病院では看護師のエプロンが裂かれる事案が発生。別の看護師のペットボトルに刺激臭のある異物が混入される騒ぎもあった。

同僚らの間では久保木容疑者の犯人説が流れていたというが、本人は今も「違う」と訴えている。看護師間でのいじめのような陰湿な人間関係があったのでは、と指摘する関係者もいる。

久保木容疑者は3つの病院での勤務歴があるが、関係者らによると、実際にトラブルを起こしたのは大口病院だけだったとされる。暗い職場環境のもと、次第に精神をゆがませていったのか。

◆終末期のほうが楽

久保木容疑者は幼少期から目立たない存在だった。両親と弟の4人家族。小学生時代を過ごしていた水戸市のアパート管理人は、「近所の子供たちが遊んでいるのを一歩引いてみている引っ込み思案な子だった」と振り返る。中学のときに父の仕事の都合で神奈川県伊勢原市へ転居し、やがて高校に進んだ。

そこでも、おとなしく内気な性格は変わらなかった。愛称は「あゆ」。同級生は「授業中に発言は絶対にしない。体育祭などの行事では、とりあえず後ろからついていくような消極的な人だった」と語る。髪を染める生徒も多かったが「外見も黒髪で地味だった」。

高校は高齢者施設への職場体験を奨励するなど福祉教育に力を入れており、卒業後は看護師として働く人が多かった。久保木容疑者も平成17年3月に卒業後、専門学校を経て21歳のときに看護師としてのキャリアをスタートさせた。

ただ、周囲と少し違う側面ものぞかせていた。別の総合病院での勤務を経て、終末期の患者を多く抱える大口病院に入ったのは27年5月。「(終末期の患者は)手がかからず楽だと思った」。多くが看護師としての職責に誇りを持つ中、久保木容疑者は転職理由をこう打ち明け、周囲を驚かせていた。

◆人との交流は苦手

終末期医療の患者は手術や投薬による積極的な医療を施さない場合もあり、おとなしい久保木容疑者にとって、当初は理想の職場だったのか。「不満をもらさず淡々と仕事をこなしていた」(同僚)。ただ、病院関係者らは、1人でいる時間が多く、コミュニケーションが苦手な久保木容疑者の一面も見ていた。潔癖症だったとの声もある。

誤算も生じた。職場では日常的に死があり、人と接するのが苦手な久保木容疑者にとって遺族への経緯説明はハードルが高かった。

内向的な性格に院内の複雑な人間関係、そして日々突きつけられる死。「自分の勤務時間帯に患者が死ぬと遺族に経緯を説明する必要があり、それが苦手だった。だから担当時間外に薬品を入れて殺した」。逮捕後の調べに久保木容疑者は、そう動機を明かした。さらに「(事件発覚の)2~3カ月前から(多くの患者に)混入を始めた。だんだん感覚がマヒしていった」とも話している。

こころぎふ臨床心理センター代表理事の長谷川博一氏は、久保木容疑者の性格について「こだわりが強く、1つのやり方に固執するタイプ。一方で自分の行動がもたらす結果を予測する力が乏しい」と分析。その上で、「立て続けに患者が死亡すれば周りも偶然ではないと気づき始める。警察の捜査が始まれば自分にも手が及ぶかもしれない。そうした展開を予測する想像力がない」と指摘した。

県警は、入院患者の八巻信雄さん=当時(88)=を殺害した疑いでも立件する方針。物証が限られ、ほぼ供述頼みの難しい捜査が続いており、事件の全容解明には時間がかかりそうだ。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000059-san-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

tos | 結局、このサイコパスは看護師になってはいけなかった。

wal | 看護師は免許取ってから定期的にメンタルが維持できているかカウンセリングが必要じゃないのかな

ryu | どんな職業でもストレスはあるよね。
看護師さんも大変なお仕事だと思う。
この容疑者は幸せと思える時間がなく、ストレスの発散も上手じゃなかったかもしれないけれど
だからと言って身勝手な理由で人を殺めてはいけないよ。
彼氏や友達が居て、楽しい時間があったら良かったのに。
どんな理由であれ犯した罪は大きいし、極刑は免れないと思う。

suh | >大口病院では看護師のエプロンが裂かれる事案が発生。別の看護師の
>ペットボトルに刺激臭のある異物が混入される騒ぎもあった。
元々、問題のある病院のようですね

let | この事件相当ヤバいのに全然報道されないね。色んな事が重なって霞んでる感じが怖い

dor | 看護師になってはいけない人だった。
希望通り極刑に。

har | W杯や水害、オウムのニュースがあったが、このニュースの報道の少なさは異常。
1人の女による大虐殺が世間に晒さられないまま終わってしまうかもしれない。
殺害されたかもしれない人がもっといるかもしれないのに。

rua | まあ普通関係無い患者を殺さないんで本人の問題だと思うけど、死亡経緯を看護師に説明されるって嫌だな
どうでも良いような相手じゃない限り医者じゃないと納得いかないし、こっちの質問にも答えられないと思う

xnc | 母親が入院してた高崎市の病院も凄く亡くなってる人多すぎるんだよな
調べて欲しい

kor | 自分の勤務時間帯に患者が死ぬと遺族に経緯を説明する必要があり、それが苦手だった。だから担当時間外に薬品を入れて殺した。
とあるが死亡までの経緯の説明を遺族にするのは主治医の役割でしょ。
もし看護師にやらせていたならばこの病院は管理体制などまるでなっていない。だからこう言う事件が起きたとも言えるが・・・
他にも色んな理由があると思うけど。




*** | 48人~50人が立て続けに亡くなったと聞いたけど、20人は過少申告ではないですかね?

yuk | なんだか、生きずらかったんでしょうね
普通に生きるって難しい

sop | 責任能力は十分にあるのは間違いなさそうですが、共感性欠落障害のたぐいでしょうね。周囲がそれに気づいていればこの職業は選ばないよう助言しただろうし、惨劇も起きなかったと思います。

hir | 高校時代のくだりはいる?髪染めずに黒髪ってそれが普通なんじゃないの?

Chi | 蓋を開けてみたら、前代未聞の大量殺人だったのね。
殺人看護師がいる病院に入院するかしないかは、完全に運でしかない。
他の病院だったら、もう少し家族と過ごせたかもと思うとすごく悲しい。

*** | コミュニケーションが苦手な看護師なんて怖い。

mon | 誰かの役に立ちたくて看護師目指してるのに、この人は、なんで看護師なったんかなぁ?看護師にならなきゃいーのに。

go_ | まさに白衣の堕天使ですね。
恐ろしくて入院したくなくなりました。

smm | 昔、リハビリセンターで働いていた20代の若い子が、昨日までお世話していたお爺ちゃんが朝、亡くなってたりするから辛くてストレスから散財して借金したと話しているのを思い出した
とっても明るい子で借金返済兼ねて夜のバイトしてストレス解消してると言ってたけど、ストレス解消もセルフケアに限界がある人もいるんじゃないの?と疑問に思う

hen | 高校時代のくだりいる?

【newscollege管理人コメント】

病院にこんな殺人鬼が潜んでいるなんで怖すぎでしょ。








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.