ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

「なんでんかんでん」6年ぶり復活 2度目の“しくじり”避けられるか

更新日:

博多ラーメンブームの火付け役「なんでんかんでん」の川原ひろし氏が来月初旬、閉店から6年ぶりに東京・高円寺で店を“復活”させることがわかった。

東京・世田谷区羽根木の環状7号線沿いにあった同店は、2012年11月6日にファンに惜しまれながら27年の歴史に幕を閉じた。復活開店する新店舗は、JR高円寺駅南口の商店街入り口で立地条件は抜群だ。

川原氏を直撃すると「自社のスープ工場を構えることができた。これで全国にフランチャイズ展開できる環境が整った。なんでんかんでんのラーメンを知らない若い人にも食べてもらいたい」と力強く語った。同地域周辺は都内のラーメン激戦区で、川原氏といえども知名度だけで生き残れるかは不透明。秘策はあるのか。

「お客さんに本当の“おもてなし”ができる店にしたい。スープの味だけにこだわらず、接客を重視し、従業員に指導していく」(川原氏)

川原氏は昨年3月に放送された人気番組「しくじり先生」(テレビ朝日系)に出演。最終的に閉店した理由を「1日300杯が限界なのに1200杯のラーメンを出していた。単純計算でいくと、4倍(スープを)薄めていた」と衝撃告白。ネット上では「笑えない!」「ひどすぎる!」と猛批判を浴びた。だが、その真意を川原氏は「しくじり先生では、テロップで『4倍薄めていた』と流れたけど本当は違う。実際は『多少スープが薄くなった時はお金を取らずに食べてもらっていた』と言っていたんです」と説明した。

ラーメン専門店は、全国で年間数千軒の店が開業されるが、そのほとんどが廃業に追い込まれているのが実情だ。

川原氏は「店の味がおいしいとか、場所がいいとかで儲かる時代は終わった。現実はどの店も厳しい」。2度目のしくじりは許されない川原氏の生き残りを懸けた勝負が再び始まる。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000006-tospoweb-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

oha | 今は色々美味いラーメン屋が有るからね。

two | 環七の時は異臭が凄かったけど、大丈夫かいな

(╹ | この人は信用できない。
また何かやらかしそう。

saw | いきなりフランチャイズ。
1店舗から様子見て、儲けたら増やせばいいのに

ttm | 最初はこんなとんこつラーメン無かったから凄く流行ったね!
でも何年か経ってから食べたら、?こんなだっけ?って思ってから行くことはなかった。
今は美味しいラーメン屋さんいっぱいあるから厳しいよね。

ste | 値段が高くて美味しいラーメン屋は潰れる。今はスープも麺も外注に出して安くそこそこの味の方が長くやっていける時代になっちゃった。こだわりのラーメン屋は趣味でしかやれない。

rea | マネーの虎は面白かったなぁ

mot | なんでこの人店潰したの?
美味しくなかったのかな?

aya | 味音痴なのかもしれないけど正直、話題 行列の出来る店で上手いと思ったことは無い。イメージ以上に美味しいと思わないからなのかな?
無名でも500円程度で提供するラーメンのがよっほよっぽどおいしい。

*** | 通うラーメン屋って数店くらいで決まってるよな。
儲かるか儲からないかの差が激しそう




shu | もう需要はないと思う

t** | もう名前だけでラーメンは売れません。

yur | このおっさんはショボいけど、番組は斬新な内容で楽しめたな。

nao | 写真、クリス松村みたい

fdf | 社長、黒さは変わってないけど、心なしか痩せて無いですか?
マネーの虎懐かしいな。

ara | 店に駐車場がないとダメな時代。

tma | マネーの虎は復活しないのかな

bkh | 羽賀研二かと思った、まー何となくやろうとしてることも似てるかも

*** | 自社のスープ工場とかFC展開とか失敗しそう感満載ですけどね。

yak | なんでもかんでも
復活したらいいってわけじゃないぞ笑笑

【newscollege管理人コメント】

話題性はあるよね^^ でも当時とは味のレベルも競争率も全然違うぞぉ。はたして生き残れるのかな!?








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.