ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

スポーツ

村田修一、涙の現役引退セレモニー「今日をもって現役を引退します」

更新日:

「BCリーグ、栃木8-8群馬」(9日、小山運動公園野球場)

BCリーグ栃木の村田修一内野手(37)が、現役引退を正式表明した。

今季最終戦となった群馬との一戦を終え、ファンにマイクであいさつ。セレモニーの途中から涙をこらえきれず、何度もほほをぬぐった。冒頭でBCリーグや栃木への感謝の思いを口にし、「今日をもって私は現役を…」と言うと声を詰まらせて、スタンドからも「言わないで」と声が飛んだ。そして、村田は「引退します」と表明した。

小学校3年生から野球を始め30年間の野球生活を振り返り両親について「どんな時も車を出してくれた。そんな両親のもとで野球をできて幸せでした」と号泣。夫人や息子らのそれぞれの名前を挙げて「何より家族に感謝しています」と言葉に力を込めた。

そして、「未練がないと言えばうそになりますが、30年間の野球人生に悔いはありません。人生はまだまだ終わりません」と、顔を上げた。

この日の“引退試合”には村田の勇姿をひと目見ようと早朝からファンが駆けつけ、超満員となった。家族や恩師の大矢明彦氏もその勇姿を見守り、村田は「4番・三塁」でフル出場した。

ノーヒットで迎えた七回の第4打席で強烈な中前打。「25」の入った黄色のボードを掲げたファンから、大歓声が沸き起こった。九回の第5打席は一ゴロに倒れ、5打数1安打だった。

球場付近には、昨季までプレーした巨人の同僚から特大の“花看板”が届けられた。看板には「WE = SHU」(=はハート)と記され、巨人の阿部、菅野、坂本勇や杉内らの名前が記された。セレモニーでは巨人の元同僚や日本ハム・矢野や実松のメッセージも読まれた。

村田は、昨オフに巨人を自由契約になり今年3月に栃木入り。NPB復帰を目指したが獲得意思を示す球団はなく、新規契約が可能な期間が前日7月31日に終了した。翌日の8月1日に会見を行い引退を示唆していた。

NPBでは横浜(DeNA)、巨人でプレー。1953試合に出場し、打率・269、360本塁打、1123打点。BCリーグ栃木では60試合に出場し、打率・343、14本塁打、62打点だった。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000114-dal-base




【上記ニュースに寄せられたコメント】

@@@ | 野球人生中盤からの巨人移籍から紆余曲折あったけど一区切りができて良かったですね。
人は色々言います。
本人と家族だけしか分からない苦しみや悲しみの中で最後の引退試合をできて本当に良かったです。
これからの第2の人生は波乱万丈のない明るい道を歩けるように願ってます。
お疲れさまでした!

bla | 終わり方は人それぞれ。この終わり方が寂しいと言う人の気持ちもわかる。だけど本当に寂しいかは村田しかわからない。最後に見つけた居場所で終えたことが本人にとって誇らしいかもしれない。だからこの最期を寂しいとするのは違うと思う。

kan | FAすると、残留要請を蹴って出て行った球団とは仲が悪くなるし
生え抜きじゃないから、少し悪くなるとバッサリと切られるし
セカンドキャリアまで考えると、目先の年俸は増えても必ずしも良い選択肢とは言えないかも知れない。
村田氏の場合は優勝できるチームでプレーしたいからという事だったので年俸だけの問題ではなかったのだろうが。

hra | 村田の野球人生は、巨人移籍が全ての転機だったんじゃないかな。弱小横浜に愛想を尽かし、優勝したいと巨人に移籍。念願叶って優勝もしたし、最後は捨てられたけど目的は果たした。巨人に移籍した選手の成績が軒並み下がる中、意外と仕事はしてた気がするし。ま、移籍選手のなれの果てって感じかな。いいことも悪いことも両方だったね。お疲れ様。

sha | 芽が出ずに引退していった選手が大勢いる中でこれだけ長い期間野球が出来た事を感謝するべきだし、いい引き際だったと思う。若手指導と言うよりも未来ある子供達に野球の素晴しさを教えていってほしい。

thi | あのまま横浜にいたらもっといいプロ野球人生だったんじゃないかなぁと思う。
自分は巨人ファンだから言える立場じゃないのは分かるけど、巨人に憧れて移籍してくる選手で幸せになった選手ってほとんどいないと思う。
なんだかんだ言って巨人は生え抜き重視だし、移籍組は巨人にとって本当に使い捨てって認識しかないと思うよ。他のチームを弱くして、自分のチームは強くなるって損得だけで取ってると思う。
村田が移籍の際に横浜ファンに砂かけるような発言したのも痛かったかな。
やっぱりファンあってのものだからね。人気が出るまで支えてくれたファンを大事にしないといけないんだよね。

ma* | 一時、松坂世代では村田が一番長くプロ野球に残るのではないかと思っていたが思わぬ幕切れだった。
杉内も怪我から復帰できていないが、当の松坂があそこまで復活したのを見ると奮起したくなるだろう。世代を通じて早熟な人が多かったが、残っている選手達には精一杯最後まで頑張って欲しい。

mit | 巨人を解雇され、残りの11球団が獲得しなかったのは必然。お世話になった横浜で活躍しなかった年に年俸でゴネまくり、恩返しすることなく、優勝したいとFAで飛び出したが、ただ年俸を下げたくなかっただけではないか?という印象。複数年契約を結んだ巨人では契約最終年に活躍して高年俸を維持してきた選手。全く年俸に見合った活躍はしていない。選手に人望はあったかもしれないが、フロントには人望が無く、コストパフォーマンスの悪い選手だったような気がする。もしそうでないのなら、解雇された時点で古巣横浜をはじめ、どこかの球団が獲得していたはず。
因果応報としか思えない。

tai | 実際、終わり方には色々意見はあると思うが引退表明して引退試合やセレモニーをしてもらえる選手なんてほんの一握り。
大抵は、目立たず騒がれずさっと消えてしまう。
納得いくまでプロで野球はできなかったかもしれないが、終わり方としてはたくさんの方に応援されながらの最後で良かったのではないでしょうかね。
それに、現地には元巨人のチームメイトからの花看板もあったようですし、マスコミの作り上げた自己中心的な傍若無人な人柄の人間ではないってことが改めてわかりましたね。
村田選手、お疲れ様です。
彼ほどの方ならまた解説なりなんなりで、野球の仕事もらえそうですね。

no7 | 誰もが自身が望むかたちで引退できるわけではなく、むしろ報道もされずひっそりと引退していく選手が大多数。30代後半までできる選手も少数。村田の件は誰が悪いとかではないと思う。確かにまだやれる感はあるけどこればかりは仕方がない。ただ彼が素晴らしいバッターであったことには誰も異論はないでしょう。
お疲れ様でした。その技術を若い世代に伝えることができればそれが一番いい。




kei | 需要が無かったから獲得球団が現われなかっただけの事。村田自身が選んだ道だし、後悔もしてないだろう。それを巨人や獲得しなかった他の球団を批判するのはお門違い。

kyh | たくさんのプロ野球選手を見て育ち、たくさんの選手が引退していく姿をみてきて、今の自分の年齢になると、ほぼすべての選手が自分より年下になった。
それでも、尊敬の念を抱かされる選手はたくさんいるが、これほどまで「もったいない」という気持ちにさせられる引退は今までなかった。
個人的な感情は「残念」ではありますが、大好きな選手の一人でした。
お疲れ様でした。
また、指導者として、ユニフォーム姿を見れる日を楽しみにしています。

eva | 誰でも、良い悪いところがあるが、村田さんは良いところより悪いところが、目立ち過ぎた。誰もが、怒りがあるのだが、村田さんの場合、あとを引く怒りの感じがする。怒りを感じても、目立ち過ぎないタイプなら、誤解もされなかったと思う。一本気な性格を悪いとは言わないが、誤解される場合が多いと思う。正直過ぎて、うまくかわせないタイプだったんだと思う。何はともあれ、お疲れ様でした。

hak | 一般企業でも言える事なのだけど、これだけ時代が移り変わっても、名門企業ほど生え抜き至上主義的な所が多いです。
そして外部からスカウトされて来た人材が厚遇されるのはあくまでも生え抜き以上の働きをしている時だけで、肝心要の最も苦しい場面では、あくまでも外様は外様としての扱いしかしてもらえないし、切られる時は実にあっさりと切られる。
そういう深い道理を教えてくれる良い先輩には恵まれなかったのでしょうか?
夢と年俸と素晴らしい年金という実利を目指す大リーグ挑戦とはあくまでも違うという事です。

cbl | 今までお疲れ様でした。村田さんの巨人での活躍は忘れません。来年はまた各球団、監督が変わるところもあるでしょうから、実松さんの言う通り、手を挙げてくれる球団もあると思う。
行くところがない。という状況は辛いでしょうが、三人の息子さんたちのためにも前向きに頑張ってほしいと思います。

soa | 村田選手お疲れ様でした。FAもした。クビにもなった。が、しかし最後は自分の口で引退と宣言できた。なかなか引退と言える選手は多くないはず。それだけ活躍し必要とされていた証拠です。色々な場面を見てきた村田選手だからこそできる指導があると思います。いつの日かその姿を見せて下さい。

Hoo | 原ジャイアンツのレジェンドには代わりはない。
これだけ巨人の選手に慕われ、最後に栃木県の野球ファンに愛され、村田修一は幸せだと思う。
2000安打より、大きな財産を幸せを村田修一は手にしたと思う。
何より村田修一を1番慕う巨人の現4番岡本の背番号25が輝いている。辞めてからもアドバイス送り続けた村田修一は立派。日本一の三塁の守備力は衰えてない。お疲れ様でした。

mar | 巨人を自由契約になった時点で、他に獲得球団が出てこなかったの非常に気の毒に感じたけれど、どれだけ優れたプレーヤーでもいつかは現役を引退する事になるのは仕方のない事。
離別の形が残念な形ではあったけれど、巨人の選手として獅子奮迅の働きをして、選手会長まで引き受けれくれた事には感謝しかない。
お疲れさまでした。

ken | 男気を感じられる選手。
どのような形であれ、これからの人生の方が長い。
頑張ってもらいたい。
残念なのは巨人に入団したことでしょうね。
かつて、移籍してきて引退まで活躍した選手が思い当たらない。
村田選手くらいまでは「やっぱり巨人」っていう憧れみたいなものがあるのでしょうかね。
他球団なら、もっと現役を続けられたか、少なくとも球団に関わることが出来た気がするのですがね。
何はともあれ、お疲れ様でした。

ash | 巨人に行かなかったらもっと活躍したかもしれないし、行ったからここまでの選手になれたかもしれないし、どちらが正解かわからないけどそれは個人の選択。
でも名前は残した選手の1人かな、お疲れ様でした。

【newscollege管理人コメント】

まだ出来る!引退するような選手じゃあない!まだまだ出来る!!!(涙)  お疲れ様でした!夢をありがとう!!!








-スポーツ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.