ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

海外news

15世紀のマリア像、ど派手な色で素人が修復=スペイン

更新日:

スペイン北部アストゥリアス自治州のラニャドイロ村にある小さな教会で最近、15世紀のマリア像が派手な色彩で修復され、スペイン各紙の話題をさらっている。

修復前は木目がそのままの彫像だったが、今は鮮やかなピンクやスカイブルーで塗られ、殺到する批判に対し、修復した近所の女性マリア・ルイサ・メネンデスさんは「私はプロではない」と地元紙に反論した。

メネンデスさんは教会の責任者の許可を取って修復した。「私はこういう作業が好きだし、私のできる範囲で色を塗った。私にとってはすてきな色だし、近所のみんなも気に入ってくれている」と述べた。

スペインでは2012年にも北東部アラゴン自治州ボルハの教会で、約100年前の古いキリストのフレスコ画を近所の素人の女性が塗りつぶすような修復を行って騒ぎになった。スペイン美術保護協会(ACRE)は「こんなことを繰り返されて誰も気にしないのか。祖先の遺産を目の前で破壊されるのを傍観して、一体どういう社会なのか」と怒りの声明を出した。ボルハの教会は修復で有名になり、観光客が殺到している。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000010-jij-eurp




【上記ニュースに寄せられたコメント】

fir | 許可を取っているのであれば許可をした方に文句を言えばいい

gai | そもそもプロに頼まないでド素人に依頼した結果。
遺産保護か観光での潤いで保存か難しい。

ang | >ボルハの教会は修復で有名になり、観光客が殺到している。
こういう人生にはしたくない

mec | スペイン美術保護協会(ACRE)は「こんなことを繰り返されて誰も気にしないのか。祖先の遺産を目の前で破壊されるのを傍観して、一体どういう社会なのか」と怒りの声明を出した。
繰り返されても、誰も再発防止策を言い出さない。つまり、スペイン社会の大半は容認していると思われる。それが良いことか、いけないことかはわからないけど。
日本では、あまり考えられないが、スペインでは繰り返されても、再発防止策の声がほとんど出て来ない。

-_i | スペインは期待を裏切らないな

mak | プロではないと自覚してるのなら、何故修復を引き受けた?

nob | 「協会の責任者に許可をとった」とのことなので、それが事実であれば、攻めらるべきは、協会の責任者でしょう。
その責任者は、マリア像の価値もわかっていなかったのでしょうかね。
=責任者として失格かと思います。
ただ、本当に責任者なる人に許可をとったのでしょうかね…なんなら、協会のお手伝さんみたいな方に「私が綺麗に塗ってあげましょうか」とか伝えただけなのではと思ってしまいますが。

typ | どういう経緯で教会責任者の許可を得たのだろう?

nnn | >スペイン美術保護協会(ACRE)は「こんなことを繰り返されて誰も気にしないのか。祖先の遺産を目の前で破壊されるのを傍観して、一体どういう社会なのか」と怒りの声明を出した。
文化財への予算が組めないでボランティアという名のど素人のアマチュアに修復を依頼するスペイン、自治州が非難されるべき問題。
仰る通り社会の問題であり、関心がない国民市民の責任かと。

maa | 美術品としての価値や歴史的価値、ひいては観光資源として考える前に、この像は地元の人たちの信仰の対象であることを忘れてはいけない。みんなが納得して今後も変わらず信仰の対象であり続けるなら、これはこれでいいと思う。キリスト教徒でもない我々が批判することではない。




kei | >ボルハの教会は修復で有名になり、観光客が殺到している。

教会も地元も潤って良かったですね。
教会なんか予算がそれ程あるわけでもないのだから、専門家に任せる余裕はそもそもないだろう。
それに、そもそも欧州の教会はそれこそ数百年前建設レベルのものがゴロゴロしているわけで、15世紀の像ならそれこそ履いて捨てるほどあるから、特に文化的価値があるわけでもないだろう。
地元民が納得しているなら、他人がどうこう言うべきものではないし、たとえ非難されるにしても、それは修復を許可した教会関係者出会って、修復した本人ではない筈。
(ただし、教会が依頼した修復内容と違っていれば、本人が責められるべきだが)

*sa | 白すぎ城みたいなものですかね
若い頃は作品が持つ歴史を汚す行為だと思ってましたが、年をとるとそれもまたその作品の歴史かな、と思うようにもなりました
自分が作者ならこの修復を見れば怒るなり笑うなり色んな感想を持つとも思いますが、忘れられて寂しく朽ちて行くよりは、愛されて嬉しいという感想も少しはあるかもしれません

yak | 法隆寺だかの大昔の建物は当時は極彩色で塗られてたけど、今 同じように極彩色で修復や再建したら違和感あるから多少くすんだ色にするなんてこともあるかもしれないので、何が正しいのかは本当はよくわからないかもしれない。このケースではどうなのか知らないけど、このマリア像が作られた当時はド派手な色だったからそれをそのまま再現するというのならそれも正しいし、古いものなのである程度退色した感じで修復するという考えもありうる。修復を注文する方がその方針をきちんと判断して修復作業する人に伝えるべきなんだろうけど、どうなってたのかな。

was | 正直言って、協会や近隣のお店が中心となって、ボルハの教会の二番煎じを狙ったとしか思えない。
塗って良いかや、色が適切か、は別として、塗り方は結構上手だと思う(笑)
「15世紀のマリア像ではあるんだけど、他にもあるし、良いんじゃね?」くらいの感覚で、この人が修復するのを黙認したんじゃないかな。
確実に観光客は増えて、近隣のお店が潤うのは間違いない。

kat | ワシの見た限りそんなに美術的にはいいマリア像ではない。地方の田舎作。信仰の対象としてなら彩色も可だと思うが。

ktr | 感覚として先に起こった悲劇を面白がる人がいて悪しき前例を作ってしまったが故にこうして第二の悲劇が起こる。
もちろん素人に修復発注したのであればそれもどうかと思う。
作り手の一人として自分の作品がもしも評価されて後世に残ったとして将来こうして犯され冒涜されるのは止めて欲しい。

wvw | ポップアートだと思えば塗り直したマリア像も悪くないのでは。
元の像がそれほどでもないから、受け狙いでやったのかな。
ミケランジェロの作品を塗りたくったら問題ありだろうけども。
地元の教会のひとや地元民が了解してるならいいのでは。
けっこう可愛く塗れてて親しみやすい像になったと思うが。

uta | もともとの像が美術的価値を問題にするものではないと思います。
教会の許可を得て。誰が修復しようが問題ではないと思います。

kei | これが本来の姿でそれを受け入れる素地があるならこれでいいと思ってます。
だいたいに於いて現代の感覚でみるから干からびて厳かであるべき、と考えがちですが、果たしてここに据えられた当時のこと(感性や死生)を知る人が今居るのでしょうか?
むしろ、この極彩飾がホントの姿なら?ふと考えてしまいました。
個人的には好きです。

cho | 批判するなら文化財指定しなかった政府の方だと思う。

【newscollege管理人コメント】

この手のビックリニュース配信先のスペインさんには頭が下がるwww 保護したいのなら国が保護指定すればよいのよね^^








-海外news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.