ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

柳沢慎吾、仕事途切れず40年 “笑味期限”知らずのワケとは?

更新日:

デビュー以来、約40年にわたり一線で活躍し続ける俳優・タレントの柳沢慎吾が、相変わらず元気だ。トークバラエティをはじめ、旅ロケ、情報番組のほか、現在放送中のドラマ『極道めし』(BSジャパン)では役者として、お調子者の詐欺師を熱演。来年は2本の出演映画も公開される。

独特のハイテンションな喋りは時に賛否あるものの、デビューから役者としてもタレントとしても“笑味期限”知らずの活躍ぶりだ。50代半ばを過ぎ、漂って然るべき大人の男の風格もない(?)…と思いきや、三菱UFJ信託銀行のCMでは、“ふぞろい”以来の盟友、仲手川こと中井貴一と、真田広之という50代トリオを結成し、相続について熱く議論を交わしたりもしている。永遠のひょうきん男は、なぜ視聴者を惹きつけ続けるのだろうか?

【一覧】“笑味期限”が長いのは誰? 「2018年ブレイク芸人ランキング TOP10」

■三枚目俳優のキャラそのままに、20代半ばで現在に通じる特異なポジションを確立

柳沢慎吾が芸能界へ入ったきっかけは1978年、『ぎんざNOW!』(TBS系)の「素人コメディアン道場」で第19代チャンピオンになったこと。当時、このコーナーはかなりの人気で、同コーナーからは関根勤や竹中直人らもデビューしている。

その後、1979年にドラマ『3年B組金八先生』(第一期/同)にチョイ役出演したことを皮切りに、ドラマ版の『翔んだカップル』(フジテレビ系/1980年)に出演、『翔んだライバル』(同/1981年)では主演と、俳優として順調にステップアップしていく。そして1983年、柳沢の代表作とも言える『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)で一躍、世間的にも知名度を上げた。

同作では仲手川良雄役の中井貴一、岩田健一役の時任三郎とともに三流大学の学生役を演じ、完全に三枚目の役者としてのポジションを確立した。そのキャラの影響もあってか、バラエティ番組では“うるさい”“落ち着きのない”キャラクターを披露。そして1989年、とんねるずの正月特番『仁義なき花の芸能界全部乗っ取らせていただきますスペシャル』(日本テレビ系)で放送された「ねるとんね紅鮭(べにじゃけ)団」(芸能人によるねるとん)で、元おニャン子クラブ・内海和子にフラれた際に言い放った「あばよ!」の決めゼリフでブレイク。20代半ばにして、現在にまで通じる「俳優兼バラエティタレント」としての地位を築いたのである。

■俳優ながら芸人顔負けの“バラエティ力” ジャンル不問の汎用性

柳沢の最強の武器として、「ひとり甲子園」や「ひとり警視庁24時」などの“ひとりシリーズ”がある。そもそも『徹子の部屋』(テレビ朝日系)などのトーク番組で披露していたものが評判となり、各バラエティ番組でも取り上げられるようになったのだが、2008年には甲子園の熱闘をひとり20役で演じたCDアルバム『柳沢慎吾のクライマックス甲子園!!』を発売したり、今年3月には、横浜スタジアムでひとり甲子園を再現する「日本一長い始球式」が話題になるなど、このネタは見事に“ひとり立ち”した。

そんな柳沢が“笑味期限”知らずなのは、その“汎用性”の高さに起因しているといえるだろう。俳優ながらも芸人顔負けの“バラエティ力”があるため、ときには芸人以上にハマることさえあり、テレビなどでの露出も途切れず、結果的にお茶の間でも欠かせない存在として認知されていく。また、ネタにしても「ひとり甲子園」や「ひとり警視庁24時」のように、一過性のものではなく、ある意味普遍的なネタであり、決して腐ることもない。いつの時代でも“生きた芸”なのである。

柳沢の得意技のひとつ、「あばよ!」に代表される一発フレーズも、今なお“現役”。そのほか、「いい夢みろよ」、「おい、かまいたち」、「お前中三のとき、俺高三っ!」などのフレーズにしても、よく考えれば大したことは言ってないのだが、逆にシンプルすぎるインパクトから、やはり“普遍性”“汎用性”を獲得していくのだ。

■底抜けの明るさと愛嬌で派閥知らず 天性の愛され男“慎吾ちゃん”

さらに言えば、年輪を重ねても変わらぬ “舎弟キャラ”と、生来の性格のよさから、芸能界の各方面から “慎吾ちゃん”と愛されているのも芸能寿命と関係している。芸能界を生き抜くための最重要課題である“人間関係”をしっかりと構築しているのだ。

たとえば、ウッチャンナンチャンとは『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)以来の仲だし、「あばよ!」は、とんねるず・石橋貴明の助言から生まれたものという。タモリの『笑っていいとも!』にもコーナーレギュラーとして半年間出演しているし、京本政樹(『火曜サプライズ 京さま・慎ちゃん 都バスで飛ばすぜぃ!』で共演)とは親友と呼び合う仲だ。人柄の良さについては、ズケズケものを言うことで知られる遠野なぎこでさえ、女性誌で「あれほどまでに、裏表のない芸能人を私は見たことがありません」と語っている。

そのハイテンションな喋りから、一発屋っぽさも感じさせるが、実は芸歴40年の大ベテラン。柳沢慎吾が“笑味期限”切れにならないワケは、ひょうきんな言動の裏に隠された「ネタの汎用性を見抜く鋭い目」と、芸能界の派閥争いとも無縁の「人柄」にあるといえよう。十分なキャリアと実績がありながら、“ただの芸達者タレント”に見せているのは、“役者”という基盤があるだけに、柳沢流の高度な“演技”なのかもしれない。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000371-oric-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

tke |  絶対に偉ぶったりしないよね。この人は。
物マネするにしても、あくまで自分流のスタイルを貫いてる所が凄い。
別にその本人そっくりに似せようとか、そういった芸風じゃないのに何だか…その本人に似てるように見えるからね。
このスタイルは柳沢慎吾しか出来ない領域だと思う。もうホントの意味で芸人だよね。

prr |  「ひとり甲子園」や「ひとり警視庁24時」は、何度も見ていてわかっているんだけど、私は笑ってしまう・・・
慎吾ちゃんの「ひとを楽しませよう」とするサービス精神の熱量がすごい。
ある映画の宣伝大使として、記者さん相手に会見は終わっても何度も再登場してしゃべりまくるのを見て司会者がまじめに「もう帰ってください」とキレ気味にうながしたのには笑った・・・

mat |  この方は神奈川県の産んだ宝です。
テレビ点けてこの人が出てたら、必ず見ます。
一発芸や、後輩いじりという今の芸人さんたちの多くを支えている私には理解できない会面白さではありません。
「心の琴線に触れる」という言い方がありますが、そんな感じで、おもわず吹き出してしまうためのスイッチを必ず押してくれる芸を持っています。
これはテレビで育ったというより、寄席や劇場で育った昔気質の芸人さんのもつ面白さに近いと思います。
「不揃いの林檎たち」での切ない演技も好きでした。
テレビにはもっとこういう本物の役者さんを出してほしいです。
特にこういう日本がしょげているような時には・・・

sak |  慎吾ちゃんは観ていてハッピーな気分になるよね。

yod | いつ観ても楽しくて明るくて性格も良さそうな方だなと思う。
テレビでずっと観てたいのは「坂上し○ぶ」みたいな人じゃなくて、こーゆう心和ませてくれる人だと思う。
元気貰えル気がするし。

kok | 慎吾さんのお人柄の良さも人気の理由だと思います。
ひとり甲子園・ひとり警察24時は
本当に抱腹絶倒です(笑)
これからも、お茶の間を、楽しませてください。

lau | 一人舞台で甲子園やってほしい。
で、最終的に客は疲れてるけど本人はやり続けてる、みたいな。

tom | 言われてみればこの人、芸人じゃないよね(^_^;)
一人甲子園の始球式とか、場を任されて回してしまうのを見てると、司会力のある芸人さんにしか見えない(笑)
でも、刑事ドラマの脇役は何に出てもはまるし、役者さんとしても素晴らしいです。どちらも半端じゃないのがすごいですね!
これからも活躍してください!野球のネタ増やして、(始球式長すぎると選手かわいそうだから一人シリーズじゃないやつで!)球場に来てほしいです!
てか、この人私設応援団に入ってほしいわ。絶対楽しい。

ko_ | 亡くなった山城新吾が、お昼の番組で彼をべた褒めしていた。気取らず、裏表がないと。柳沢慎吾も彼が好きだったのかメガネをいじる際の物真似をしているように思える。それから石立鉄男のネタもあるね。石立は亡くなった後、悪い話が拡散したが、柳沢は可愛がってもらえたのかもしれない。

nik | まず、柳沢慎吾さんは「俳優」というカテゴリーなのでしょうか?
見る人の世代にもよるのでしょうが「お笑い芸人」の称号も必要では(混じりっ気の無い純粋な褒め言葉)
俳優としてのみでカテゴライズするのであれば、「全方位でお笑い芸人より面白すぎる」俳優だと思うのですが。
お笑い芸人とされる人の中で、この方よりも面白い人はほとんどいないので、お笑い芸人というカテゴリーの名誉の為にも上記のような称号が必要だと思います。




mel | 嫌みがないよね。
純粋に笑わせようとしてる感じ。
甲子園とか何度も見てわかってるネタだけど、フフッてなる。

oli | カメラが回っている時とそうでない時の表裏が感じられない所も人気の秘密かな?と思います。
自分ではないですが、友人の一人がロケ現場にたまたま出くわし、他のタレントさんが皆はけてしまう中、集まっている一般の人達と最後まで相手してくれていたのが彼だったそうです。
カメラが回っていないところでも皆を笑わせようとして自虐も加えながらスタッフが周りからいなくなっても喋っていたとか…
その友人はそれまでは別にファンでも何でもなかったようですが、その後はファンになって彼が出ているTV番組を探してまで観るようになったとか…
人柄ですね。

dot | 大好きです。明るい密室芸。

rie | 柳沢さんは、芸人や俳優というよりも、コメディアン・喜劇俳優に近いのではないでしょうか。ポジション的には往年のジムキャリーとか竹中直人。
すーっと人の懐に入り込んでくれる暖かさが素敵な方ですね。

ket | やかましい人だけど憎めない。
飽きたはずなのに顔を見れば決め台詞を聞きたくなる。
愛すべきキャラクターですよねぇ。
あばよっ!がねるとんねから生まれたとは…
見ていたはずなのに気づかなかった。
しかも、相手が内海だったとは。

aaa | 芸能界で長い芸能人の特徴。
①代表する芸がある。
→やっぱりこれが基本。
柳沢慎吾は、高校野球のテレビ中継全体の真似、とか、「太陽にほえろ」のワンシーンとか、独特の世界観のある、マニア受けする芸がある
・弱点を曝け出しつつ、後腐れない
→何度もテレビでフラレてみせて「あばよ!」
潔く去って行った。
視聴者は成功をひけらかすヤツ、偉そうなヤツ、文句言うヤツには厳しいが、潔く弱みを見せて前向きに振る舞うタレントには好感を持つ。
・MCが困った時に振ったら適切なリアクションができる。
→場が回せなくなった時に何か返して、オチまでつけてくれるタレントは貴重。
柳沢慎吾は尺も稼いでくれるから、時間が余ってる時はMCはラクなはず。
・業界関係者に好かれている。
→一番はこれ。
毎回確実に成果を出し、スキャンダルで穴を空けることもなく、かつ人柄がよい芸能人とはもう一度仕事がしたいと思うハズ。

vai | ヤッパ警察無線かな。

nmi | 謙虚さを感じますなぁ

ech | さんま御殿で、明石家さんまを上回って自分のペースに引き込んで笑いを取っている絵を見て、この人すごいなと感心したことがあります。
出川と同じく天性の才能があるんでしょうね。

tam | 本業は役者なんだけど芸人もできる役者だから需要があるような気がする。
うるさすぎて周りが疲れる時もありそうだけど面白い芸能人。

【newscollege管理人コメント】

慎吾ちゃんは永遠に慎吾ちゃんなんだよね。この方こそ、ほぼ神だね^^








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.