ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

有名人講演会の裏側 料金300万の人も、人気1位「鈴木政次」って?

更新日:

芸能人や有名人の仕事はテレビに出るばかりではない。テレビには出ていなくても、がっぽり稼いでいる人が実は大勢いる。その収入源のひとつが講演会の講師の仕事だ。意外と知られていない講演会の裏側に迫った。

講師の多くは、講演会の情報サイトに登録して、仕事の依頼を受ける。そうしたサイトは、セミナーを企画する企業や学校などと、講師をマッチングさせる役割を果たしている。ペルソンが運営する「講演依頼.com」はそのひとつ。同社はこのビジネスモデルを日本で初めて作ったという企業で、サイトには実に7500名以上の講師が登録している。

サイトを見ると、テレビでおなじみの芸能人から、顔と名前だけではわからないさまざまな分野の識者が講師としてずらりと並んでいる。講師はサイト側からオファーして登録する場合と講師サイドからの売り込みの2つのパターンがあるという。

「講演依頼.com」を運営するペルソンの営業部・土橋昇平さんはこう語る。

「こちらから声をかける場合は、潜在的なものも含めて確実に需要がある人。主催する企業側から問い合わせが多いジャンルなどはこちらでわかっていますので。著名人からも申し込みが増えています。テレビなどの仕事が減ったので講演活動を始めたいという人もいれば、逆に、所属事務所や本人に問い合わせが多すぎて対応しきれないから登録したい、というケースもあります」

気になる講演料は、まさにピンキリ。1回の講演時間は60分~90分程度だが──。

「10万円前後の人から、高いと300万円を超える人もいます。一般的に知名度の高い著名人になると、40、50万円くらいが一般的ですが、マーケットに応じてこちらから提案した料金か、本人の“言い値”で決まります。開催規模によって講演料が変わったり、ほかの仕事がやりづらくなるなどの理由で講演料を公表していない人も多いですね。しかし、公表するほうが講演会の企画者がすぐに検討でき、スムーズに話が進むため、サイトに表記することをおすすめしています」

1時間ほどで300万円! と言っても講演料がそのまま講師に払われるわけではない。

「弊社の仲介手数料は20~30%です。たとえば100万円の講演料の場合は、講師に70~80万円、弊社の手数料が20~30万円となります。メディアの露出がなくなった著名人も、テレビ出演時よりも講演会で稼いでいる、という人も多いですよ」

誰もが知っている芸能人が人気とは限らない。2015年の下期から6期連続1位で、同社のサイトで殿堂入りも検討しているという超多忙な講師は、意外な人物だった。

「赤城乳業の元常務取締役開発本部長・鈴木政次さんです。鈴木さんは『ガリガリ君』の開発に携わり、ヒット商品に育てたことでも知られています。企業は、既存の発想にとらわれない新しい商品やサービスをつねに求めています。そうした中で、唯一無二の商品を作って出す方法、商品開発の極意とは、というテーマの鈴木さんの話を聞きたいというニーズがとても多いんです」

時期によって講師の人気が変わることもある。例えば、今年はサッカーW杯があったため、元日本代表の北澤豪さんら、サッカー関連の講師が人気になった。オリンピックの時期になると過去の五輪メダリストへのオファーが増えるという。そして、近年、オファーが急増しているのが意外にも芸術家だ。

「企業が頭を悩ませているのが、メンタル不全になる社員が多いこと。そこで、書道家などの芸術関係で“心の整え方”というテーマでお話できる人に人気が集まっています。以前はスポーツ関係の講師へのニーズが圧倒的に高かったのですが。勝ち負けの時代ではなくなってきた今、個々で比べるものではないという点からも芸術関係の講師へのオファーが増えています。近年、スポーツ選手からアーティストに、という流れができつつあると思います」

講演会は基本的に、録音、録画は禁止。だから“テレビじゃ言えない”裏話を聞こともできる。講師の知られざる一面を見られたり、お宝話が眠っていることもありそうだ。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00000006-pseven-ent&p=1




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kur | 人前で喋れるのは立派だよ

rob | その人に高い話術と社会経験があればお金を払ってでも聞きたい話はあるよね。

hel | 講演会を本業として生計立ててる人の話は全く役に立たない、なぜならもう今を頑張ってる人ではないから。過去の話のテンプレートをどこでも同じ話ばかりを繰り返し稼ぐ人。
逆に滅多に講演会をしない人の話は今を頑張ってるリアルな仕事の話が聞けたりする、話は慣れてないかもだけどすごく財産になる話だったりする。

ken | 我々、凡人からすると、成功者の話は聞いて参考にして、あわよくば自分も成功したい、金持ちになりたいと思うのは当たり前。
私も、なりたい。
でも、冷静に考えると、その人だから、その会社だから成功したように思うようになった。
松下幸之助さんが本田宗一郎さんの真似をしてもだめだろうし(逆も)、同じ会社内でも、森田さんが井深さんの真似をしてもだめだと思う(逆も)。
立派な経営者一人では何もできない。
その経営者に付いていく優秀な人達(設計・製造・資材調達、宣伝・販売など)がいて、その努力が報われて初めて、その経営者は神(経営の神様とか)と呼ばれる。
決して、一人で設計・製造・資材調達、宣伝・販売をするわけではない。
このことを強く感じるようになってからは、あまり他人の成功話を聞かなくなった。もちろん、参考になることは参考にするが、結局最後は、自分なりの考え・行動が大切だと思う。

ats | 費用対効果が高ければ、講演料が高くても良い。
しかし、研修などで行った講演がひどい時は、心の中で「時間を返してほしい。」と思う。

sim | 自分から行く講演、講習は二時間聞いても疲れないが、無理矢理行かされる講演、講習は5分と持たなく睡魔に教われる。
政治家の講演なんかは、高いだけで、中身がない。
人を引き付ける技術が凄い人は尊敬してしまう。

dor | 他の業界に比べて仲介手数料高すぎじゃない?普通15%以下でしょう。そこまでセッティングにお金かかってるとは思えない。
経験上、200万円以上の講演料の人の話って貴重ではあるかもしれないけど、そこまでの値段だと思ったことはないので、それだけ出すなら100万の違う人2人とかにした方が良い。
有名な人ほど本出してるから、特に著作が出たばかりの人の話は何百万円も出して聞くほどのものでもない。

san | 講演会もいいけれど、本当に彼のことが知りたければ著書を買って読めばいい。ほとんどの人は最初の著書に彼の出自からこれまでの経験のほぼ全てを書いている。
試しに沢山本を書いている人の本を全て読んでもほとんどが最初に出した本の刷り直しだと気がつくはずだ。ただ彼が凄いのはそんなことができる語彙力があることだろう。
倹約家な人はアマゾンの中古本で1円で売っている事もあるのでお試し下さい。

luk | 私が最後まで飽きずに聞き入ったのは、故鉄人衣笠氏ただ一人でした。
経営者向けの内容でしたが、苦労人らしく緩急つけての内容は、何度でも聴きたいと思わせる面白さでした。
亡くなられたと聞き、本当に残念でなりませんでした。

glo | 不特定多数の全国の国民に誰が必要としているかもわからない情報を垂れ流すテレビよりも、自分が必要としている情報をお金を払ってでも得たいと思う人たちの為に情報を持って帰ってもらう講演会の方が有意義ですね。また、やり方によってはテレビギャラよりも多く稼げるというのもある意味理想的だと思う。国全体で考えても生産性があっていいですね。




en* | 講演会、イベントが多いご時世ですね。
勝ち負けの世界からアートのような多様性・精神性を伴う世界へという流れにあることを知り、時代を見る上で参考になる記事でした。お値段は見たい、聞きたい需要に応える供給側次第だとは思いますが、勝ち負けの利益第一主義ではなく精神性を高める方向で話し手聞き手の固定化に流動性を生むことができれば、社会にある格差の歪みにも変化が起きるかもしれないですね。

be* | 価値があると思うから依頼されたり支払ったりする世界だろうから、一介の底辺にはわからない部分も多々あるが、運や縁と時代とか結局そこかいって話されるより、しくじり先生じゃないが、失敗した人の話の方が役に立つと思うな。
100ある人に10しかない人が100の使い方を聞いても90はどっから?な話で、100ある人は100の経験と基準でしか語れない。90は?と聞くと抽象的だったり精神論みたいに話される。
組織や体力に見合った話に価値があるんじゃないかなって思う。

ken | なにかの分野で成功している人はなんらかの哲学を持っているものだと思う。そういうのは聞いただけじゃ身につかなくて、結局、多くの経験を積んで学ばないとダメなんだろうね。でも話を聞くことで、意識を変えるキッカケになることもあるし、そのために払うお金はムダじゃないと思う。

gol | >赤城乳業の元常務取締役開発本部長・鈴木政次さんです。鈴木さんは『ガリガリ君』の開発に携わり、ヒット商品に育てたことでも知られています。企業は、既存の発想にとらわれない新しい商品やサービスをつねに求めています。そうした中で、唯一無二の商品を作って出す方法、商品開発の極意とは、というテーマの鈴木さんの話を聞きたいというニーズがとても多いんです
これは人気があって当然だね。

uta | 日本人は、自動車とかの目に見えるものを200万円とかで買うことには平気だけど、情報とかの目に見えないものに、お金を払うことが苦手の時期もあった。なので、車を盗む人は、あまりいないが、コンピュータプログラムなどを違法コピーする人が多いって時代もあった。今は、目に見えないプログラムの違法コピーなども減ってきている。
そして、こういう講演会とかが流行ってるのなら、昔に比べれば、少しは、情報とかの目に見えないものものの価値がわかる人も多くなってきたのかもしれない。

let | 営利法人が主催する講演だと場合によってはそれだけ高額にもなるが、依頼元が公的機関だったり、公的補助金を原資に行うものだったりするとあまり高額にならない。
現時点では規定が変わっている可能性もあるが、例えば福祉医療機構の補助金で講演会やシンポジウムを開催する場合、講師謝礼金は原則として1時間につき12000円との制限がある(医師や弁護士など専門性の高い資格を持つ人に関してはその限りでない)。

kum | 講演会って有名人を生で見られるってところが大きいのかもね。
ためになるとかより、エピソードとか聞きたいとかが大きいのでは。

nou | 長年コーディネーターの仕事してきて何百本もの講演見てきたからわかる。値段と内容は比例しない。同じネタでも何度でも聞ける達人格安講師も、バカ高い無駄先生も知ってる。
テレビや雑誌いわゆるマスでは絶対できない話がおもしろいが、最近は録音禁止、他言も絶対禁止のここだけ話がすぐ拡散するから講師もあまり過激なこと言わなくなった。
クライアントもいない楽屋や移動中のオフレコが一番面白いのは内緒。関係者はみんな漏らさないから表出ないね。ブラック講師とかも。

nya | 社員が病んでる原因は職場環境だったりするのに講演を聞かせて治すってのは治療法として違っているような気もします。講演、トークライブと表現は違いますが生の声で話を聞くというのはまた違う体験で楽しいですよね

he* | 私事だが、国務大臣などを経験したことがある国会議員の「講演」(資金集めのパーティーや選挙絡みのものではない)を聞いたことがある。
時間は90分だった。
だが、直接的にテーマのことをお話になったのは30分ほど。残りの時間は「国会の裏話」やメディアの前では言えない話。
しかも、実務家や大学教員とくらべて論理破綻が甚だしく、終わった直後には、なにを聞いていたのかがわからなくなったほどである。
なお、この方の目の前のあたりに出身大学の理事長(本人より10歳ほど年上で、大学の先輩)がいたらしく、壇上からこの法人及び理事長をいじるなど、笑えない(本人は笑いをとっているつもりでいた)場面もあった。
・・・まあ、講演/講演会というものも、講演者というものも、いろいろですね、ということで

【newscollege管理人コメント】

講演はアタリハズレが激しいのよね。K-1の石井館長のお話はおもろかったねぇ^^








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.