ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

IT 科学

オイル交換をしなかったクルマの末路! オーバーホールでも復活できないことも

投稿日:

車両火災を引き起こすこともある
クルマの性能がよくなって、「オイル交換への意識はかなり低くなっている」と、ディーラー、修理工場、用品販店に取材に行くと耳にすることが多い。以前であれば、オイル交換しないと振動や異音が出たものだが、最近は普通に走れてしまうことが多い。

そうなるとまだ大丈夫という気持ちにもなるもので、実際にオイル交換を勧めると「走れるからまだいい」と断られることも多いという。もちろん、それではダメで、指定を守りつつ、しっかりと交換を行なうのは鉄則。油脂類をもし換えなかったらどうなるのかを見てみよう。

油脂類というのは、潤滑のためと、油圧のためというふたつに大きくわかれる。まずは前者だが、交換しないと、潤滑性能が落ちて磨耗が進む。異音は大きくなるし、燃費も落ちるし、そもそも寿命が大きく縮まる。

そして後者はブレーキや油圧パワステ(最近は使われなくなったが)などに使用されていて、劣化すると作動できなくなり、ブレーキが利かないとか、ハンドルが重たくなってしまう。

と、ここまでは通常の劣化程度なのだが、さらに長期間放置するとどうなるか? エンジンやミッション、デフなどの潤滑系は、ドロドロになって、さらにそのままにするとスラッジが大量発生して、あちこちに石みたいなものが堆積しだす。実際にヘッドカバーを外してヘッドを見たことがあるが、西部劇に出てくる荒野の岩山みたいな感じだ。そのすき間を墨のようになったドロドロのオイルがちょろちょろ流れる程度になる。こうなると、完全分解のオーバーホールでも復活は難しいほど。またオイルラインを塞ぐので、行き場のないオイルが吹き出して、排気管にかかって火災を起こしたという例もある。

一方、油圧系も無交換も含めて、交換サイクルはとても長いが、実際には劣化はどんどん進んでいく。とくに熱のダメージは大きくて、こちらも墨のようになったり、スラッジなどが大量発生。こうなると正しい作動は無理となり、固着や破損などが起こる。ATの油圧部分は泥のようなものがびっちりと溜まるし、ブレーキはサビで固着して分解できても虫食いだらけで使い物にならなくなってしまう。油脂類はユーザーが管理できる部分だけに、定期的に交換してやりたい。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181001-00010003-wcartop-ind




【上記ニュースに寄せられたコメント】

tak | オイル管理は燃料入れるとの同じくらい車にとっては大切なこと。これを怠ると10万20万キロもつエンジンもそれこそ数万キロでオシャカになる可能性がある。自分で車をメンテナンスしない、出来ないユーザーが増えた今、例えば中古車等を買う時は十分気をつけないといけない。

ccc | こういうネットニュースとかを見てる人は交換してる人が多いと思う。昼間の情報番組でもこういう事を取り上げてもらえればより交換の必要性を訴えれると思う。

ame | さすがにオイル交換とエレメントは定期的に交換してるけど、してない人いるの?
そりゃ怖いね、、、
タイヤの交換もなかなか時期が判断しずらいんですよね。
さすがにスリップライン超えるほどは乗らないけど、バーストとかしたらいやだからどれくらいで変えるべきか悩む。
民間整備工場やガソリンスタンドで言われるままにはさすがに変えんけどね。
夏場はアスファルトが熱くなるからひび割れ防止スプレーとか使ったりはしてるけど。
人によってはこれくらいまで大丈夫という線が違うから判断に迷う。単純に走行距離だけで判断しずらいしね。
でもオイル交換はメーターどこまでと交換したときに言われるから多少超えることはあってもその前後で交換しますね。

yas | 私は、新車時期からオイル効果頻度を5000kmと決めていて、現在、総走行距離が25万km走っていますが、調子良く走れています。もちろん、マフラーから煙が出ることもありません。
いいエンジンに当たった訳で無く、定期的にエンジンオイルを交換したからだと思います。

mar | 昔、技術の先生にオイルはマシンの血液ですと教わった。
当時は良く理解してなかったけど後に、なるほどなと思いました。

nan | マイカーからバスまで色々乗ってメンテもしてきたけど、壊れないこと前提なら、取説の規定は守ること。大手のバス会社では早めのオイル交換などせず、規定どうりの実施で100万キロ以上大丈夫。ただ絶対に守ることはオイル水は不足させないこと。オイルが消費し始めても適正量になるようにチェック補給してりゃ少々伸びても平気。エンジン壊した例ではチェック忘れで量不足の原因が多い。マイカーはケチってもシビアコンディションで交換してます。年1万キロ未満の走行ならシビアコンディションになることが多い。

pon | 女性ドライバーはボンネットを一度も開けたことがない人が多いと聞く。ということはエンジンオイルの点検なんて一度もしたことがないということである。 でも最近の車でちょい乗りしか使わない人であれば、年間5000キロ未満であろうから、次の車検の2年後にディーラーで車検を受けてオイルとエレメントを交換していれば、まず問題はないであろう。もちろんターボ車は除きますが。。。それよりもファンベルトの異音がしたまま走行しているドライバーを見かける。 何とも思わないのだろうか?

kur | 無理に勧めることもないだろう。オイルなら定期的に交換しないでエンジン壊れても持ち主の責任。オイルばかりではないが、GSのセールストークはウザすぎる。つい先日などタイヤにキレツが入っているから外して点検しましょうときた。後で見ておくからやらなくていいと言ったが、実際後で確認したらキレツなどどこにもない。買って半年のバッテリーを交換しましょうと言われたこともある。そういう過剰なセールスをしてくるGSには行くのやめようと思ってしまう

haj |  バイクも車も距離が伸びなかった時でも12ヶ月点検では必ず変えてたけどなぁ。
交換の距離はともかく交換の必要性は教習の座学で習うはずだし、走れるから良いとか言ってるのって免許持ってないんじゃ無いの?「軽自動車だから軽油」とか言っているのと同じレベルだと思う。

kyo |  これだけは感じて下さい。
よく量販店ではオイル交換1,000円〜とありますが、過度な価格競争で一台当たりの粗利は500円を切ります。時給換算2,000円の整備士がオイル交換を担当し、1時間に3台交換しても最終の利益は赤字なのです。
よく量販店はサービスの質が悪い、アルバイトが作業しているのが許せない、ディーラーはボッタクリとのコメントを見ますが、今の整備業界はこのような構図で、整備士になりたい若者も少ない。
将来、オイル交換工賃2,000円にならない事を望みます。




jgq |  日本は欧米諸国のように「車は直しながら乗る」というユーザーは少数派。多くのひとが「メンテは車屋さんにお任せ・メンテナンスフリーで長く・・・」と考える人が圧倒的に多い。オイル交換も必須ですが、点検・車検を「とにかく安く」と考えるユーザーも多い。自分でメンテ出来ない方は、ぜひ 点検・車検でケチらずに部品や油脂類の交換を早めにする方が車を長持ちさせる秘訣だと思います。

0my | 免許を取るときに座学で説明するだけでなく、実際にタイヤ交換やオイル交換をさせてメンテナンスについて学ばせた方が良い気がする。
大変さや大切さを知れば、自分でしなくても意識して確認するようになると思う。

mat | オイル交換だけではなく、点検も定期的に受けてます。
だからこそ車のコンディションもそうですし異常も発見しやすいと勝手に自分は思っています。

gpx | エコの為にハイブリッド買う人が多いけど、メンテナンスをしっかりしてエコしようとする人は少ないよね。

a11 | 最近の低燃費車のシャブシャブのオイルはエンジンの負担を軽減して燃費には有利だが、エンジンの磨耗を防止する力が少ないので磨耗が早まりオイルを食い出すのが昔のエンジンより早い
エンジンのオーバーホールは人件費が高額なので見送る人も多いと思う
ガソリンを節約してエンジンの寿命を短くして買い替えか、修理で出費が出るので割に合わない

ipp | 俺は車検または1年点検の時と、半年後にタイヤローテーションと一緒にオイル効果してる。13年目の車だが、ゴム部品を交換するときにエンジンをばらしてもらったら、綺麗なエンジンですねと言われた。
車の手入れをきちんとする人は、自分の身体もきちんと手入れしているように思う。疎かにする人は、自分の身体の健康管理も無頓着だと思う。

tak | 若い時は自分で全てのオイル交換を良くしていたが、年に勝てず実家の車だからいいと思いオート〇〇でATオイルをしたら思いっきりダメになった。やり直ししてダメなら修理しようと思い下にもぐったらドレーン完璧にナメてボルトもダメにされていた。記事を読んで焦って交換するのではなく専門家に相談しながらやった方がいいと思う。

mgc | 交換サイクルは各々考えがあるだろうけど、最近の車は本当にオイル消費多いから 量だけはマメに見た方が良いと思う。
新油に交換後5000キロまで持たずに油圧警告灯が光る事ある。
2~3ヶ月に一度は確認した方が良いと思う。

abc | 油脂の中で特にエンジンオイルは重要だが,あまり頻繁に交換しない人が増えてきているのは,輸入車ではエンジンオイルの交換サイクルは1万キロ台が当たり前になってきているし,車側でモニタリングしている上に,交換時期がきたらメーターパネル内の警告灯が点くので,昔よりは神経質にならなくても済むが,輸入車に限らず,国産車のエンジンオイル交換もロングスパン化されてきているせいもあるんじゃないのかな。

pro | ヨタが数年前に公表した事が『過度の品質の削減』 メーカーは新車売ってナンボ。 新車買う層は結果10万kmを気にするか、ローン終えて飽きると換える。それが大体7年程度。 メーカーは今の車はその程度が保てば良いメンテサイクルに設定してる。 ここ10年以内の車両は、中古に手を出すならオイルフィラーからファイバー入れて見てみたほうが良い。ヘッド周りグズグズになってるのが大概。

【newscollege管理人コメント】

5,000㎞オーバーでオイル交換している自分には耳の痛いお話です、はい。








-IT 科学

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.