ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

未分類

太陽光買い取り「異例」の見直し 未稼働は大幅減額へ

更新日:

経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、導入当初に認定を受けた太陽光発電施設のうち、発電を始めていない施設の買い取り価格を大幅に減額する方針を決めた。同省の審議会で15日、了承された。事業者の利益が過剰に膨らむのを防ぎ、国民負担を抑える狙いだが、再生エネ事業の根幹にかかわる「異例」の見直しとなった。

FITは再生エネ拡大のため2012年度に導入された。12~14年度の事業用太陽光(発電能力10キロワット以上)の買い取り価格は当初、1キロワット時あたり40~32円ととくに高く設定されたが、認定施設の4割強の2352万キロワット(17年度末時点)が稼働していない。

太陽光パネルの価格や設置費用は急速に下がっており、運転開始を遅らせると事業者の利益が膨らむ。経産省は電気料金に上乗せされる国民負担が増えるうえ、太陽光発電施設の新設を阻害し、制度の趣旨に反するとして見直しを決めた。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000087-asahi-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

*** | 補助金だけが目当ての実体のない偽装業者は逆に追徴課税すれば良いと思う。
太陽光発電に限った話ではない。

yas | 認定時ではなく稼働時の買取価格(今年は18円)を適用すべきだと思う。

jzx | 現在稼働してるところも、認可受けた年から1年以上発電してなかった所なんかも遡って減額対象にするべきだと思う。

ywc | そもそも太陽光の買い取りが投資対象になっているのがおかしい。
何故国民が負担して、投資会社を儲けさせないといけないのか。

tan | 国民負担は当初の想定は0.5円/kwhじゃなかった?今は約3円/kwh、「想定外」のほぼ六倍に膨れ上がった以上、FIT制度の抜本的見直しは当然。要は太陽光バブルを作り出すためだけの補助金供給に全ての国民が付き合わされるのは消費税増税より説得力がない。

iwa | 有毒な重金属を大量に使ってるソーラーパネルを安全に廃棄や再生するためには莫大な費用が掛かる
その費用を見込んで買取価格が高く設定されてたはずだけど、業者には安全に処分する気も無ければ、準備金を用意する義務もない
負担はすべて国民がかぶることになるけど、大丈夫?

jpm | 悪徳会社が名義借りして高い買い取り価格時期に申込む手法が蔓延している、同業者ですが正当な申込みをしても電力設備不足となり申込みができなくなっている、発電するつもりもないのに電力設備を仮押さえしている、再生エネルギー会社は罰せられるべき、電力会社も接続検討に多大な時間を費やしているらしく、混乱しているらしい。

ko* | 未稼働は書類上先行しているだけで、発電の結果は新規と何ら変わらない。21円でなくて最新の18円にするのが妥当。初期の段階でコストが高額にも関わらず、直ちに発電を開始した業者と差をつける意味でも有効。他の発電方法より高額な金額が全額国民負担なのだから公金で買いとっているようなもの。公共の福祉から逸脱しないよう当初の想定範囲を超えた利益を民間企業が得られないようにするのは当然。

sem | FITは当初より経産省が \7 / kw にすると計画していたはず。
発電事業者はその底値になるまでの間に儲けるだけ儲けたいと躍起になっていたはず。
まあ底値になる時期が早まったと言うことで一騒ぎになるだろう。
役所なんてそんなものだと言うことはみんな知っていたはずなんだけど。FIT \14 切ると相当の事業者は破綻するだろう。そうなれば需給バランスが釣り合うだろうから、その線で事が運ばれると思う。
やめるなら傷が深くならないうちに見限った方が良いかも。

ktc | 最初の買取り単価が高過ぎたがゆえのこと。政府は、好条件で認可をし一定規模の設置を促しておいて、今となって引き下げてくるとはある意味詐欺行為ではないか。当初これで儲けた議員も沢山居てるんじゃないか。政府自ら、乱開発を煽ったのは事実。しっかり発電規模で規制もかけず、いたるところに設置されている。総括的な計画がなされないものでしょうか。




ABC | そもそも高値の買い取り価格が、国民負担になっていることがおかしい。
貧乏人が、利益目的の事業者の面倒を見ているという可笑しな状況になっている。
こうなることは、政府も初めから分かっていたはずだ。
国民はこうした歪んだ状況に、もっと批判の声をあげるべきだと思う。
第一、二酸化炭素の排出量の増加だけがが地球温暖化の原因と言われているのもマユツバものである。

cat | ぼくも40円くらいだった時設置しようとおもったが、申請期間と設置期間は同じものだと思っていた。
あとで気づいたが申請だけ早めにすれば設置はいつでもOKってふざけているとしかおもえない。
これも法律の解釈を理解してもうけようとする。
というより機器の価格は下がってゆくことは分かっているのにこの内容はおかしい。
色々利益を得るには法の内容を理解する知識が必要。
たぶん「~までに設置申請すれば」と書いてあって「設置しろとか発電しろ」とは書いてないだろう。
お役人ってこういう隙間を狙って何かしている気がする。
知れば得、知らねば損、税でそんなことあってはいけない、平等であるべき。
電気料金明細をみてきたが再エネ発電促進課金で10%以上支払っていた。

gty | 最初から完全に無理があった
うまくいくわけがない
各家庭の小規模発電でも、これからメンテナンスや補修でどんどん金がかかって元は取れない。

sek | 固定価格買取制度は太陽光発電に関する技術の進歩とソーラーパネルの量産効果を引き出し、コストを引き下げることを狙った社会実験だった。
確かにコストは下がった。しかし目標としていた10円/kwh程度には至らず、電力供給の不安定化という弊害も顕在化してきたことから、実験は失敗であったと評価すべきだろう。
実験のコストは電力料金に1割程度上乗せされる形で消費者にツケ回しされ、あと10年以上この負担は続くが、これ以上コストをかけて実験を続ける意味はない。早々に制度を見直して消費者の負担を回避すべきだと思う。

koc | まず稼働して実績に対して買い取り額を決めるべきだった
次に東日本大震災で原発が悪者になったが近々の地球環境的には火力発電の方が影響力が大きく冷静に判断すべきだった
そして代替エネルギーとしてやたら太陽光発電は持ち上げられたが土地や太陽光の反射による公害や梅雨台風豪雪がある日本にはあまりに不安定なエネルギーでやたら持ち上げたマスコミにも責任がある

jel | 電力会社が買っている(買わされている)様に見えるが、実は国民全体で負担を負わされている現実。
悪意ある業者が暗躍し、高い買取価格を維持しつつ安い設備投資で儲ける手法。
当然、こう言った会社の利益の大部分は国民全体が支払っている事になっている。
電気料金の明細表をよく見てみましょう、ヒドク高い負担金が記載されています。
まだまだ、導入途中ならば、今後右肩上がりで増える事は明確。
一旦立ち止まって考える時期。
因みに手本としたドイツは現在どうなっているでしょうか。

^o^ | 現状は太陽光を申し込みしても、電力会社の設計が間に合わないや、電柱の用地交渉が取れないみたい。これ見よがしに業者の申し込み量が増え、電力会社の設計が追いつかない、用地交渉が周囲の反対で成立しないのもあるみたい。なんかこの制度踏んだり蹴ったりだし、電力会社は連携可能状態でも業者が採算額を支払わなかったりで遅れたりと業者も悪いところがある。また、採算額が知りたいがための(安ければ実行する)申込も多いみたいで本当に環境を考えてるのか?甚だ疑問に思います。後々のパネル処理も考えておらず、やめとけ太陽光。

yan | 2012年当時の民主党政権時に孫正義の働きかけで買い取り価格がかなり高く設定されたはず。
太陽光発電であれば、輸入に頼っている火力発電の石炭、石油、LNGにかわり国産エネルギーだと盛んに喧伝された記憶があるが、実際のところは太陽光パネルは中国産、大規模太陽光発電所の設置業者は外資系企業のケースが目立ち、日本国民の富が海外に流出している構図は変わらない。未稼働の大幅減額は当然で、自家消費を伴わない新規の太陽光パネルの設置は規制するべき。
一律に再生可能エネルギー発電促進賦課金が電力料金に上乗せされているが、再生可能エネルギーを使いたい人が多く負担するべきでしょ。

log | もともと電力会社の発電コストどころか販売価格よりも高額で買取を行い、その負担は国民に求めるというスキームだったからな。利権が発生するのは当然のこと。
高額で買取を行うことで、利権に群がる人達(必然的に声が大きい人たち)を納得させ、世論を誘導するのが目的の一つだったのだろうが、そこまで飛びついた人が多くはなく、政治の綱引きに負けた結果、利権(買取価格)が途中で下げられるということになったのだろう。
本来、電力会社の安定供給のための電線整備や、予備の発電設備を含めた管理費込みの調達コストよりも安くならなければ、電力会社が買取を続ける意味はない。そういう視点から言えば、買取価格は少なくとも11~12円以下まで落ちるはずで、まだまだ途中経過なのだろう。

iit | これも法というか制度が悪いのが元凶。
大体認可されてからそのままの買取価格で何年も据え置きにできるという制度自体がおかしい。登録だけしておいて、太陽光発電の設置費用が安くなるのを待とうと思うのは誰も考えること。申請だけしておいて、設置しないから、どんどん申請を許可する。その結果箇条になってしまっている。九電では余分なぐらいだとか聞く。これで稼働していない太陽光が稼働すれば。電力が過剰になってしまう。すべて太陽光にできればいいが不安定なだけにそうはいかない。
買取価格を現行の価格に下げるだけでなく、5年以上かどうしていないのは取り消してもいいぐらいだ。
とにかく、太陽光発電に限らず、様々な所で法や制度の不備が見られる。それを見直すだけでもかなり無駄はなくなります。

【newscollege管理人コメント】

以前から自分は太陽光に後ろ向きな姿勢だったのだけど、、、やっぱダメじゃんか、太陽光は!








-未分類

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.