ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

海外news

7時間かけてピザ宅配、終末期の元常連客の願いかなえる

更新日:

米ミシガン州バトルクリークのピザ店に勤務する男性が、末期がんで余命数日と告げられた昔の常連客のために、隣の州まで往復7時間かけてピザを宅配した。

25年前、バトルクリークに住んでいたジュリー・モーガンさんと夫のリッチさんは、給料日になると必ず「スティーブズ・ピザ」へ出かけて食事を楽しむのが習慣だった。

その後インディアナ州インディアナポリスに移転したが、今年はジュリーさんの誕生日を祝って、大好きだったピザを食べに行く旅行を計画した。

ところがリッチさんの容体が悪化して病院に入院することになり、旅行は中止。リッチさんはがんのため余命数週間から数日と告げられ、自宅で終末期介護を受けることになった。

ジュリーさんの父のデービッド・ダルキさんはスティーブズ・ピザに電話をかけ、2人にお見舞いのメッセージを送ってほしいと頼んだという。

「5分ほどたつと折り返し電話がかかってきて、2人の好きなピザを尋ねられた」とダルキさん。電話の相手はスティーブズ・ピザ創業者の孫のダルトン・シェファーさん(18)だった。

同店ではピザの宅配はしていない。しかしシェファーさんは、店の営業が終わったら2人の好きなピザを届けるとダルキさんに約束した。

インディアナポリスまでは車で3時間半ほどかかる。ダルキさんにそのことを伝えられても、シェファーさんは迷うことなく、家族にも店にも告げずに出発した。

ダルキさん宅に到着したのは午前2時。起きて待っていたダルキさんにピザ2枚を手渡すと、休憩して行ってほしいという申し出も断り、代金も受け取らないまま戻って行った。7時間をかけた、往復700キロ以上の宅配だった。

この経緯をフェイスブックに投稿したジュリーさんは、「ダルトンさんは、本当につらい時にあった私たち家族に、大きな喜びと世界最高のピザを届けてくれた」と感謝の言葉を記し、シェファーさんの行動に心を打たれたという声が広がった。

シェファーさんはCNNの取材に対し、「これからは自分も誰かを助けて同じようなことをしたいという人からたくさん電話がかかってきた。それはまさに僕が望んだことだった」と話している。

リッチさんは、2年に及んだがん闘病を経て、20日に息を引き取った。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-35127374-cnn-int




【上記ニュースに寄せられたコメント】

bek | 小さな感動。やっぱり創業者の孫だけの事はある。
この店、三代は安泰だ。

dor | 〉ダルキさん宅に到着したのは午前2時。起きて待っていたダルキさんにピザ2枚を手渡すと、休憩して行ってほしいという申し出も断り、代金も受け取らないまま戻って行った。7時間をかけた、往復700キロ以上の宅配だった
なんとも粋な男だね。

nop | 米国にも、グローバル展開してるチェーンではないファストフード店にはとても良心的な店があるみたい。
ハンバーガーショップのイン・アンド・アウトは、従業員の定着率がとても高く、味がよく安い。
米国人の良心を感じるこういうローカル店が繁盛する国でいてほしい。

tom | こう言う店を大切にしたいね。
自分も20年以上前の話だが新婚旅行でアメリカのフランチャイズではない店に入った。客は自分達以外は地元の人。
メニューは全て当たり前だが英語。
何とか判る品を注文して・・・
しばらく見ていると客が取りに行くセルフシステムだったよう・・・
困ったなと思っていたら、先程レジしてた若い白人の子が自分の席まで笑顔で持って来てくれた。
嬉しかったね。
嬉しかったのと美味しかったので翌日も、その店に行ったら彼の姿は無い・・・
セルフだったよな。何とかして取に行こうと思ってたのだが自分たちの姿が見えたか他のスタッフが教えたのだろう。
昨日の彼が厨房から笑顔で持って来てくれた。
あの笑顔と対応は何年経っても忘れない。
アメリカの地元の店の「おもてなし」は最高でした。

The | ピザは冷めても気持ちは温かいな。

mar | なんとも良い話ですね。
私も料理人ですが、食べてくれた方の[美味しい]の言葉が何よりの褒め言葉。
そして、また行きたいと思っていただける事が心の支えになって頑張れる。
最後の晩餐に自分の作った料理を食べたいと言ってくれる、そこまでのストーリーやプロセスを感じます。
素晴らしいと思います。

syo | 毎月往復7時間かけてでも食べにいきたい『スティーブズ・ピザ』の魅力は、この記事を読んでよくよくわかりました。
最後に自宅で大好きなピザを食べられて、ダルさんはさぞかし幸せだったことでしょう。
ダルさんの人生に大きな影響を与えたスティーブズ・ピザに、私もいつか行ってみたいです(*´꒳`*)

yuu | 世界中、どの時代を見ても世襲制の会社や政府なんかは3代目が大きな壁でダメなトップが現れ易いんだけど
いい心を持った孫が継ぐならうまくいく

00* | こういう話、日本じゃあんまり聞かなくなったね。
「粋」も日本のいいところだったのになぁ…
アメリカ化、資本主義化することであまりこういう話はなくなったのだけど、皮肉にもアメリカはいまだにこういう話はよく聞かれる。
生真面目さだけではなくて、こういう大事な気持ちを忘れない国であってほしい。

ngh | え〜何考えてるわけ?とブーイングを起こすスタッフもいると思うけど逆に賛同してくれたり笑顔になってくれるスタッフがいることは強みだと思う。
手薄になり他のお客さんに影響がなく役員が率先してやれるってコミュニケーションがいつもとれているんだなぁと感じる。
役員がスタッフの声や気持ちをちゃんと聞いている証拠。
日本じゃまだまだ役員はあくまでお偉いさん、近づきにくい存在。
これじゃ1人1人の声なんか聞けない。




ttk | ダルトンさんがお店とお客さんの事をとても大切にしている真面目な好青年なのでしょう。創業者の孫だからと奢る事もなく常連さんを大切に出来るのはとても素晴らしく好感の持てる行為だと思います。将来は素晴らしい経営者となって常連さんの為にもお店を長く続けていってほしいですね。

mid | 迷う事なく率直に相手の気持ちに寄り添って最高の仕事を成し遂げた。
たかがピザかと思うかも知れないけど、本当に世界一のピザを届けたね!!
若いのに凄いよ。尊敬する。

tad | 現地の記事では、お父さんが手持ちのお金を無理やり渡した、とありました。
リッチーさん、自宅で緩和ケアを受けていたとの事ですが、二日前に亡くなったのですね……
引っ越してからこのお店のペペロンチーノピザに勝るピザに出会えなかったとの事で、最期の晩餐を楽しむ事ができて本当によかった。
ご家族にとって辛い中、18歳のマネージャーの真心が大きな慰めになるでしょうね。

yuc | 思うだけではなく実行に移すことが素晴らしい!
よか話たい!

str | 美談だとか、なかなかできないといったコメントが多いけど本当にそうでしょうか?
私はそうは思いません。
だって遠く離れても食べに行こうというお客さんがいて、しかも結果論とはいえ「最後の晩餐」に自分の店を選んでくれたようなものでしょう。
お店からしたらこの上ない幸せだし、7時間の宅配も誇らしい気持ちでいっぱいだったと思います。
自分が同じ立場でもそうしたい、いや何もせずにはいられないと思います。

kap | 商品は冷めてたかもしれないけど、心が温かいから良かったんでしょうね。素敵です。

tim | 損得勘定な人が増えている時代に、素晴らしい話が聞けてほっこりした。
私も、うちの子供も、正しいと思った事を勇気を持って行動にうつせるようにならなきゃなー。

mam | 自分の損得や利潤、利益とか関係なくこの様な行動の出来る人はなかなか素敵ですね。
何時も出来る訳では有りませんがこの様な心を何時も持ち合わせて居ると言うことが素敵なんです。
お客さんを大切にすると言う気持ちに心が打たれます。

ma* | もう何年も前、常連のご家族がいて、ある時からおばあちゃんだけが来なくなったときがあった。
心配した店長が尋ねると、具合を悪くして入院していると聞いてしばらくしたあと
ご家族からおばあちゃんが大好きだったここのアイスクリームを最期に口にしたいと言っていて、持って帰りたいと申し出があった。
その店は普通の飲食店。困った店長はアイス用のパックもなく最初断ったが、溶けてもいいから…と言っていたけどいや、溶けたアイスは…と再度断り、とても残念がっていた。
店長はクーラーボックスにそのアイスを業務用ごと詰め込み、病院まで届けたという事があった。
その後、その商品の持ち帰り用ができた。

har | 18歳でこれが出来るなんて凄いな。なかなか、真似は出来ないけどそういう気持ちを持って生きていきたい。

【newscollege管理人コメント】








-海外news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.