ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

和田正人、四つんばいリレー議論に「ただの無責任」

投稿日:

学生時代に駅伝の選手として活躍した俳優の和田正人(39)が、全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、岩谷産業の第2区・飯田怜(19)が残り約200メートルで走ることができなくなり、四つんばいになってたすきを渡したことの是非を議論する世間の声に、「とやかく言うのはただの無責任」と私見を述べた。

ケガを負いながらもたすきをつないだ飯田を称賛し美談ととらえる声があがっている一方で、飯田を止めなかった大会運営者に対する批判の声も少なくない。日大の陸上競技部出身で、箱根駅伝にも出場するなど活躍した和田は21日更新のツイッターで「マラソンや駅伝はショーや見せ物ではなく、戦いでありレース。苦しい練習や、選手の悩みを間近で触れている人達には、あれを軽はずみに批判できるはずがない。何故、当の選手は諦めずに走り続けるのか? 答えはそこにしかない」と、批判に対して異論を唱えた。

また、今回のアクシデントに対し、選手たちのこれまでの努力などを知らない、陸上関係者以外からさまざまな意見があがっている現状を指摘。「人としての『生き方』の本質に目を向けたい。戦う人間はその本質で行動をしている。自分らしさ。そこを全うする生き方こそ、他の意見に惑わされず真っすぐに生きる美しい姿だ」と持論を展開した上で、「少なくとも彼女らはその瞬間、何よりも自分を命懸けで全うしようとした。そこに誇りがある」と飯田の行動を理解し、「とやかく言うのはただの無責任」と、ネット上など選手と無関係のところで繰り広げられる議論に釘を刺した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00370602-nksports-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

moo | その通りだと思う。その世界を知らない人間が議論する必要も、そもそも無い。
少なくても駅伝を深く知らず、襷に込められた想いとその重さを知らない人間が、この問題を語る権利は無いと思う。

wor | まあ選手はこのレースのために必死に練習してきたわけで、本人としては自分のところで棄権なんて絶対嫌だろうな。本人が棄権を申し出たのに指導者が無視したとかなら問題だけど、本人が望んでレース続行したなら別にいんじゃない。てか批判しているのはスポーツを見たこともしたこともない人達か…

shu | 周りが選手生命云々を言うのは、本人にとっては余計なお世話だと思います。本人は陸上がやりたくてやっていて、あの瞬間中継点までの距離を確認してゴールを目指すことを判断したのですから。
また、周りであたかも”彼女のために”選手生命を考えて止めるべきだったと言ってる人も、仮に彼女が今回の件で選手生命が絶たれたとしても1年後には彼女のことを忘れているでしょう。無責任ですよね。連絡手段等の運営方法は改善すべきですが。
同時に彼女のあの行為はレース的にも価値があり、14位のシードには届かなかったもののその後、何チームかは抜くことができました。そういった点で称賛されてもいいと思います。

apc | そもそも論点がずれている気がします。選手は怪我をしてでも襷を繋ぎたかった、チームを指揮する監督は選手のことを考えすぐに止めたかった、それがすべてです。応援する側からするとそこに違和感はありません。本来議論するべきなのは「監督が止めると判断したことがなぜスムーズに伝達されなかったのか?再発防止するにはどうしたらいいのか?」ではないでしょうか?

laz | その瞬間はどの選手もなんとかレースを続けたいと思うでしょうし、指導者としては本人の将来を考えなければいけません。
棄権させた場合の本人のメンタル、続けさせた場合の選手生命、長い目で見てどうすべきなのかは本人の性格、回りからの事後のケア、その後の人生など様々な要素によって違ってくるでしょうから、正解というものはないのではないでしょうか。
2000年ごろだったと思いますが、法政大の徳本選手というトップクラスの選手が四年生の箱根駅伝で肉離れを起こし、監督が棄権するよう伴走車から声をかけたが本人が拒否し、結局車から飛び下りた監督が選手の進路に立ちはだかって制止したことがありました。本人は今でも悔しいそうです。でも中には前年に途中棄権した選手がその悔しさをバネに一年間努力し、翌年好走を見せたという事例もあります。
正解はない、と思います。

Tom | イワタニ産業のケースも賛否が出ていますが、三井住友海上の選手のほうがよっぽど問題だと思う。
生命の危険を感じるほどの状態だった。

rik | こればっかりは、外野がどうこう言えないですよ。
たしかに、骨折していたのに無理はして欲しくないし、伝達が遅かったことには反省の余地がある。
でも、四つん這いで進む選手の表情は悲壮感よりも熱意を感じました(少なくとも私には)
これって、羽生結弦選手の流血しながらの演技と同じような気がします。判断が難しい。
個人的には、脱水症状の選手の方が早く止めてあげて欲しいと思いました。四つん這いより、よほど危険でした。

toy | まずはこの選手よく頑張っただよね。そのそばにいた運営の人の声が放送に入っていた。この子を行かせてやりたいって。いつかダメなら止めないとっていう気持ちと何とかしてあげたい気持ちの狭間にいたのはよくわかる。自分もその立場にいて選手の目が死んでなければ行かせてやりたいって思うかもしれない。でもそういった感情だけで指導者や管理者として選手の状況を冷静に判断することがマスクされたり判断が遅れたりしてしまうことがあるのは良くないのもわかる。それぞれのケースで100%の正解はないんだろうけど、より安全に運営できるように改善されることを願いつつレースを楽しみ視聴したいと思います。
今から駅伝の季節やもんね。

lgw | その通りだと思う。
駅伝の襷の重さは選手たちにしかわからない…
なので関係のない人たちが色々と言うことは違うと思う。彼女は襷を繋ぐことしか考えず前だけを見ていたと思う。それはこれまで一緒に頑張ってきた仲間のため自分のために。棄権してしまったらその後の選手の記録は残らないその重さをわかってるからこそ必死に繋ごうとした。そんな姿に感動しました。どんなスポーツでもそんな危険と背中合わせで頑張っていると思う。大切な試合ならもうこれでどうなろうが構わないという気持ちで選手は頑張っていると思う。
一日も早く怪我を回復されて万全の状態でまた走れることを願ってます。まだ19歳この経験を生かして次へ…頑張ってください。

hth | そう思いますね。こんなに一生懸命にたすきを繋ぐために走ったことがない自分からしたら、ただただすごいなぁと思いました。
わからないながらも、そこには仲間とともに積み重ねてきた何かがあるんだろうと思うのは想像に難くなく。大切な何かを守ろうとしたのだとは思いましたし、それって自分自身の何かしらに置き換えて考えることは可能で、だから安易に批判できるものではなかったです。
監督の棄権の判断も選手を思うからこそのもので、それがうまく伝わらなかったのは残念ですが。。その経過について関係者が今後協議する必要はあるにせよ、そこは関係者に任せれば良いのではと思います。




ken | 仰る通り。
芸能記事も含めて、話題にさえなれば何でもあり。
当事者、関係者以外がとやかく言うのは全て無責任。
ただ、今後のことも踏まえると、運営上、競技上、課題はあると思う。
まず、監督の「棄権、止めて」の指示が現場に伝わらなかったこと。
これは運営側の責任問題であると考える。
こういった不測の事態も含めて、監督の判断があるはず。
次に、選手の選手生命の確保について。
確かに和田氏が言うように「最後は選手の判断」になるのかもしれないが。
「この試合が選手として最後」というのであれば、自身の為、チームの為に無理をすることもいとわないというのは理解できる。
今回の選手はまだ19歳。
これからの選手生活もあり、それと引き換えにしてもいいのか、疑問に思う。
これを踏まえて、監督は危険の判断をしたのではないでしょうか。
それも含めて本人の判断と言われればそれまでだが。

kan | 選手を非難するつもりは毛頭ないし、たすきをつなぐためにしか考えてないはず。
ただ、選手のことを一番知っている監督が棄権を要請した、しかも二度も。それを運営側の伝達ミスで棄権のタイミングを逸したのは問題視されて当然だし、改善されるべきである。このことは、選手所属のチームが要望している。
和田さんの言うところの一番選手のことを知り考えている責任者である監督の棄権要請が伝わらなかったことは批判されても仕方ないと思うけど。

ben | 勿論競技している選手の意思は尊重すべき。
ただ無責任なのは、そういう決断を結局、選手の個人の判断で任せてしまう環境を作ってしまった運営側や監督の責任。
勿論監督も止める為に連絡はしたが、結局現場の責任者や選手には伝わらなかったし、結局それが現場に伝わったのは選手がタスキを繋げる直前。
もしそれが早く伝わったなら、選手も無理して繋ぐ必要もないしかし自身の耳に監督の意思として棄権という決断が無ければ現状は繋ぎたい、という一心でそれは四つん這いになろうが、骨折してようが、血を流そうが先に進むのは当然。
終わったことは仕方ない、それでも選手はタスキを繋ぐことで、それは選手にとっての判断は正解だったのだから。
ただ運営側としては、今後の安全対策など考えてもらいたい。

ham | 選手が意地でも続けようとするのはわかる。
襷を繋げなければという責任やらプレッシャーやらは計り知れないだろうと思う。
そもそも簡単に諦める様ならここまで来てないだろうし。
だから、端からストップ掛けるルールがいる。
今回なら監督の指示だったわけだけど、選手が続けたいと言ってますと再確認してみたり、その連絡がもたついたりというのは、そこら辺の取り決めの曖昧さが今回浮き彫りになったということ。
審判も自分が止めたと過剰な責任を負わなくて良いよう、ルールだから仕方ないと割り切れるよう、止める基準をハッキリすればいい。

kuj | だとしてもだ。
万が一の時誰が責任をとれるというのだ。
駅伝やマラソンはかなりのスピードで走る。しかもほとんどが舗装された道路の上をだ。
今回は足の骨折、下手をすると頭を打っていたかもしれない。
今大会は熱中症になった選手もいた。
そりゃあ選手はケガをしても走りたいだろうさ。ましてや駅伝はチームだから迷惑もかけたくないだろうし、一年生ならなおさらだ。
だからこそ、無茶しそうな選手を止める判断が必要だと思う。
というかジャンルこそ違うが、ボクシングのように医師が控えていて緊急処置やドクターストップをかけられるようにした方がいいと思う。(診察によるタイムロスは考慮したりしてね)
走っているときは平気でも、試合後、症状が出て私生活に支障をきたしたり、最悪命にかかわる場合も考えられる。
これを機にルール改善は必要だし、やってくれるみたいだね。

h** | 自分だったら、一人で走るのなら、棄権したと思う。
だけど、駅伝だもん。
大会関係者が批判されてるけど、自分は止められますか?
後から骨折がわかったけれど、知らない状態で止められますか?
監督からの、棄権の連絡が遅れたのは改善が必要だと思いますが。

*** | 和田さんは自身も選手経験があるから、アスリート側の気持ちがよくわかるんでしょうね。アスリートでもないタレントコメンテーターが「美談にすべきではありませんね」なんて上から目線で言う資格なんてないと思う。駅伝ってスポーツとしての面白さだけでなく、皆の気持ちをたすきで繋ぐという背景の物語もあって、日本だけで特別の人気がありますよね。今回だってそんな思いだって選手にあったかもしれないし、すぐ流行りのパワハラに結びつけるのもどうなの?今後ルール改正は必要だと思う。あとSNSで持論を展開するのは勝手だけど、フィフィなんてわけわからないタレントの意見なんて一々記事にしなくてもいいんじゃない?

hep | これがもしオリンピックだったら?
19歳の選手でなかったら?
襷を繋げたいと懸命に頑張っている選手をそれでも棄権にするべきだったと、止めなかった係員が悪かったと批判するのでしょうか?
チーム競技な訳だし、今までのチームメイトの頑張りや努力を知っているからこそ、とにかく繋げたいと懸命に前に進んだんだと感じました。
また、その気持ちがわかるからこそ、チーム全員、最後まで諦めることなく、1つでも上の順位を目指して襷を繋ぎ切ったんだと思います。
19歳の彼女に、とても大きな、そして大切なものを思い出させて貰った気がします。
心身ともに回復して、また楽しみながら走って貰いたいと思います

zqu | 厳しい練習を積んできた選手の競技にかける強い気持ち、部外者の私には本当のところ理解できないと思います。ただその分客観的に見ることができるかもしれません。
やはり怪我をおして四つん這いで200.m以上進む、今回ではないが熱中症なのか意識朦朧としながらも競技を続ける。やはりこれは異常だと思います。今回の件、このまま話が終れば、選手はますます自分から棄権を申し出にくくなるでしょう。
選手に大きなダメージ、最悪命まで奪いかねない状況を選手や監督の決断に委ねるのは大変危険。大会開催者の権限でレフェリーストップをかけれるルールにすべきでは?たすきをつなぎたいという選手の気持ちはどうなるんだ、という意見もあるが、それは古市氏が提案したようにストップした地点でたすきをつなぐ、というのもありだと思う。走れなくなった仲間をフォローして他のメンバーが走りたたすきをつなぐ。これぞまさに駅伝精神。

sha | 甲子園でひとりで投げ抜くエースに対して球数制限の議論が起きるのと同じでは。
四つん這いで襷を渡した選手も、ほとんど一人で決勝まで投げ抜いた吉田投手も本当に素晴らしい。
だけど監督や運営側には選手を守るためにより環境を整備する上で、様々な可能性を議論する責任はある、というだけでは。

【newscollege管理人コメント】

和田正人さん、いい事言うね^^ 和田さんに1票!!!








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.