ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

国内news

ありふれた住宅街に暴力団の資金源…「大麻ハウス」の実態

更新日:

横浜市内の3軒の住宅で、営利目的で大麻草を育てていた男ら8人を神奈川県警薬物銃器対策課が10月、大麻取締法違反容疑で逮捕した。現場となったのは、いずれもありふれた住宅街にある戸建てだった。犯行グループは「バレにくい」と目をつけたのか、大胆にもそこで、末端価格にして約3300万円の大麻草や乾燥大麻を生産。密売で得た収益は暴力団の資金源になっていたとみられている。多くの住民にとって平和な日常に、突如として出現した「大麻ハウス」の実態とはどういったものだったのか。

同課によると、情報をもとに今年の春先から内偵捜査が始まり、約半年が経過した10月の17日と18日、市内3カ所の住宅に捜索の手が入った。大麻栽培は強い光を当てて、光合成を促すという特徴がある。

■過剰な電気料金

捜査関係者によると、住宅1カ所当たりの電気料金は月々6万円を超えており、室内で一般の生活とは異なる「何か」が行われているのは明らかだった。結果、3カ所からは大麻草合計144本が見つかり、すでに乾燥が済んだものも2500グラム以上が押収された。

逮捕されたのは山口組弘道会系組幹部の横山篤容疑者(45)をはじめとする男8人で、「現場から関係者を尾行するうちに、容疑者の数がどんどん増えていった。逮捕後の取り調べでは『2年前からやっていた』と話す者もいる」(捜査関係者)。このほか、別の2カ所からも100本以上の大麻草が押収されている。

■より多く収穫を

8人は住宅の中で、大麻草を鉢植えに入れて土で育てていた。水耕栽培に比べて肥料の調整などが必要だが、捜査関係者は「こちらの方が量が多く収穫できるといわれている。彼らも初めは水耕栽培を試していたが、途中から切り替えたようだ」と説明する。

同課は組織的な大麻栽培で得られたカネが暴力団に流れたとみている。シノギのためなら手間は惜しまないということか。8人の年齢は34歳から52歳で、職業も会社役員から入れ墨彫り師、コンサルタント業などまちまちだ。

このうち3軒の住宅の1軒で寝泊まりし、大麻栽培に当たっていたのが、無職の渡辺譲容疑者(35)だった。捜査関係者は「(主導的立場の人間と出合い)家がないからそのまま、そこに住むことになったのだろう」との見方を示す。

■開かずの窓

渡辺容疑者が“住み込み”で犯行を行っていたのは、築30年ほどの木造2階建ての賃貸物件だった。玄関のポストには「(有)渡辺通信」とマジックで手書きされた表札が残っていた。何かの会社組織を装っていたようだ。

その「通信社」には、たびたび国産のスポーツ用多目的車(SUV)や、軽自動車に乗った男、ときに茶髪の女などが出入りしているのを複数の住民が目撃していた。この場所からは大麻草37本が見つかっているが、すでに彼らの手によって“出荷”されたものもあったのかもしれない。

捜査関係者によると、大麻は独特の強い臭いを発するという。そのためか、住民の1人は渡辺容疑者が引っ越してきて以来、「住宅の窓ガラスが開いているところを一度も見たことがない」と振り返る。

真夏には2機あるエアコンの室外機が1日中、うなりを上げてフル稼働していたという。同時に室内の照明も24時間、常に点灯しっぱなしで、別の住民は「夜中などは2階のカーテンの隙間からピンク色の光がもれていた。今思えば、そういうことだったのか」と驚いた表情を浮かべる。

■草むしりに汗

自身の所有する物件が「大麻ハウス」として使われていた住宅のオーナーはどんな心境なのか。取材でオーナーのもとを訪れると、家族だという女性が応対してくれた。だが、この時点で不動産会社などから渡辺容疑者について連絡は受けていなかったようで、「住人が大麻を栽培し、逮捕された」と伝えると、「えっ…。今初めて聞きました」と言ったきり、しばし、絶句した。昨年の暮れぐらいに入居したといい、「保証人もきちんといました。お1人で住むと聞いていましたが…」と声を震わせた。

渡辺容疑者は、たびたび玄関前などの草むしりに汗を流していたという。皮肉にも、その屋内では植えることが許されない“草”が、ライトを浴びながらたくましく葉を広げていた。同課はこの8人以外にも犯行に加わっていた者がいなかったかも含め、全容解明に全力を挙げている。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181031-00000621-san-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

sha | 大麻の屋内栽培って、ひと昔前だと電気代が非常にかかるから、そこで怪しまれて検挙につながったようだが、今はLEDになっちゃったからその分摘発は難しくなったろうな。

hir | 人里離れた隣家のない田舎でなら、ばれないけど、都会の部屋で栽培すると匂いがすごいので換気扇を回してしまうとアウトだね。

ona | 今は麻薬指定だけど、効果効能は海外では論文や医療現場で認められていますね。カナダでも合法になり、今後世界に波及していくと思います。覚醒剤とは違いますが、それでもまだ違法。いろんな議論がなされて合法になることを願います。特にガンの末期、痛みや苦痛を減少させるのは興味深いです。

zyx | 合法化してしまうと暴力団の資金源がよりヤバいモノにシフトしてしまう可能性が上がるのでやめた方がいいと思う
大麻程度ならまだ極端な影響にならんでしょう
その代わりそれ以外の麻薬(麻薬に限らず薬物全般)に無許可で関わったら死刑でいい

cia | これから空き家が増えるから、摘発はより厄介になるでしょうね。防犯対策としても空き家問題に本腰を入れなくてはいけませんね。

y** | この記事は、何をしたらバレるのかのヒントをたくさん教えてくれます。

tok | これ70年代からあるよね。
あと石は砂利に隠せの格言通りに広大な河川敷の一角て育ててたら変な草があると通報されて捕まったりとか。

/// | 盲点をついたがバレましたって話?どうなんだろうな、意外と植物の栽培きっちりしないとダメだと思うが?農業の転職をお勧めしたいな。

shi | 熱帯魚マニアや珍しい植物マニアでとことん突き詰めちゃった人の家は似たような感じになりがち。しかも実験用試薬とか器具とかもいろいろ買い集めたりして。通報されたりするんですかね。
怪しい?家でもみんながみんな麻薬や爆薬や毒薬作ってるわけではないんですよ。趣味を温かく認めてほしいもんです。
本来日本の気候に全く合わないものを育てようとしたら密室の電気制御で光と温度を管理するのが一番簡単ですから。

fum | 福島の原発事故後、人が入らない場所で栽培が盛んだったと聞いたことがある。




kum | ど近眼のおいら、ベッドで横になり、眼鏡を外してスマホをみたら「大和ハウス」が暴力団の資金源!?意味分からずよくみたら大麻ハウス…大和ハウス工業さん疑ってごめん。
若い頃、北海道の奴が自然に生えてるって、天日干ししたものを持ってくるので、いたずら気分でたばこの葉っぱ抜いて大麻混ぜて吸ったけど、特に上手いものでもなく、幻覚を見るほどトリップしなかった。無くなれば買ってまで吸わないし、また持ってきたら吸うって程度で禁断症状が出るわけでもなく、そいつは全然違うことで捕まって音信不通になり吸うこともなくなった。それから四十年ほど経つが、健康診断しても悪いところは特にない。吸う必要ないし吸っちゃいけないものだが、吸っても死ぬこともない、どうでもいいものぐらいにしか思えない。

shi | 横浜なら寿町のドヤに大麻育ててる部屋たくさんありますよ!後、何年後かにはニュースになるかと思います!

hel | 事細かく栽培方法をバラしてどうする

tal | 8人で3300万って普通に農産物を育てた方が良くね?

Fin | まあ、暴力団の資金源と言っても、見つかるリスクが高いよね....。
最近、合成麻薬を精製してる話は聞かなくなったなあ。

nor | 太陽光発電してても売らない人は怪しいとか灯油の使用量が多いとか電気代は昔から足が付くって話しは聞いたけど(笑)

p** | すぐそこにいるかもしれない893

ikk | 暴力団は国民の敵
刑罰は一般人の3倍が妥当だな。

mcr | そもそも、大麻の種の販売が自由なのが問題では?

ike | やっぱね、ご近所付き合いは大事よ。抑止力になるよ。

【newscollege管理人コメント】

大麻は合法の国もあれば違反の国もある。国内で栽培して販売は完全アウトね。野生の大麻も収穫しちゃダメだよね。








-国内news

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.