ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

RIZAPが赤字転落、急ピッチのM&Aがあだに 瀬戸社長「見通し甘かった」

更新日:

「ステークホルダーの皆さまの期待を裏切る結果となり、おわび申し上げる。ここ1~2年はM&A(買収・合併)に注力して(傘下の)会社を増やしたが、見通しが甘かった」――。RIZAPグループの瀬戸健社長は、11月14日に開いた決算会見でこう謝罪した。

同日発表した2018年度上半期(4~9月)の連結決算は、売上高が前年同期比74.3%増の1091億500万円、営業損益が88億2900万円の赤字(前年同期は49億8700万円の黒字)、純損益が85億3200万円の赤字(前年同期は29億3200万円の黒字)に転落した。

多くの子会社が損失計上
RIZAPグループはこれまで、主力のボディーメーク以外に事業を広げるため、アパレル企業、出版社、エンターテインメント店などを傘下にするM&Aを積極的に展開。経営再建ノウハウを生かして立て直しを図り、成長の原動力とする施策を採ってきたが、今期は再建の進捗(しんちょく)が当初の見込みから遅れ、多くの子会社の赤字幅が拡大したことが響いた。

不調だった子会社は、CD・DVD・書籍販売店「新星堂」などを展開するワンダーコーポレーション、化粧品販売のジャパンゲートウェイ、フリーペーパー制作のサンケイリビング新聞社とぱど、住宅会社のタツミプランニング――など、過去1年以内に傘下に迎えた企業。

一時は再建が進み、成長を遂げつつあった婦人下着販売のMRKホールディングス(マルコから社名変更)の業績回復も、新商品の生産遅延の発生や、新CMなどの投資がかさんだ影響で減益となった。

今後は新規のM&Aをいったん凍結
今後は従来の方針を変更し、新規のM&Aをいったん凍結。業績改善が見込める傘下企業の構造改革に注力する。本業とのシナジーが見込めず、短期的な投資回収・収益改善が見込めない企業は売却する。現時点では、アミューズメント施設運営のSDエンターテインメントを売却する方向で基本合意しているという。

「これまでは経営再建が完了する前に新規M&Aを行っていたが、これからは既存事業の改善が見えるまで再建に集中する」(瀬戸社長)

通期でも赤字予想、無配に
一連の問題により、19年3月期通期では、再建の遅れによる影響額として71億6000万円、構造改革関連費用として83億5000万円、新規M&Aの凍結による影響額として103億6000万円、その他影響額として4億3000万円――の各種損失が発生する見込み。

これを踏まえ、同社は19年3月期の通期業績予想を下方修正。売上高は前回予想から191億円減の2309億円、営業損益は263億円減となる33億円の赤字、純損益は229億4000万円減となる70億円の赤字を見込む。

従来は5.73円を予定していた期末一括配当も見送り、今期は無配とする。

今後は既存事業に集中、瀬戸社長は役員報酬を全額返上
業績回復に向け、当面はボディーメークのほか、「RIZAP GOLF」「RIZAP ENGLISH」「RIZAP WOMAN」といった比較的好調な既存事業に経営資源を集中する。

また、瀬戸社長は18年4月~19年3月分の役員報酬の全額を自主返上する。その後も、連結営業利益が下方修正前の業績予想額である230億円を超えるまでは自主返上を続ける方針。

瀬戸社長は「早期に不採算事業から撤退し、潜在的なリスクを一掃する。短期的には(ステークホルダーに)ご迷惑をお掛けするが、下半期・来期に向け、信頼を一つ一つ取り戻すしかないと覚悟を決めている。大きな株価の下落も招いているが、それも私の責任。向き合って改善していきたい」と話した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000083-zdn_mkt-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

tsu | 予想ですがトレーニング分野を核として、出版、トレーニングウェアの販売、ケアである食事の宅配等を一括して行う事でシェアを伸ばしたいんだと思う
そうなると、既存の出版社やスポーツメーカー等と競争を行うことになる
特にですがスポーツメーカーとの競争は厳しいモノになりそう
最近ではアンダーアーマーのように大きく台頭してきた例もあるけど寡占状態な上、市場のライバルが強すぎる
ブランド力が違いすぎる
自分ならライザップのウェアより海外メーカーのスポーツウェアを使いたい

ham | 黒字予測が急転して赤字予測になる要因は、損失計上を一期に集中して計上して来期に残さないケースが考えられる。
販売管理費を圧縮すれば、来期黒字化も見込めるだろうけど…。
ライザップさんの場合、FCビジネスに徹したほうがコストダウンに繋がっただろうけど、買収を繰り返したのは、資金調達を急いだと想像します。
結局、買収したクラブの運営が全く軌道に乗らなかったようだから、今後は閉鎖や売却を行い、固定費の圧縮をせざる負えない。
V字回復は難しいので金融機関含めた投資家の資金引上げが心配ですねぇ。

miz | 配当と株主優待が好きで株をやってますが、ここの株は株主優待が充実してますが買う気には全くなりませんでした。
楽天やソフトバンクもM&Aで巨大化しましたが、経営の相乗効果も多少なりとも理解はできますので投資する価値はあるかと思いますが、ここは全くない。
ライブドアのような、危なっかしい経営してるようにしか思えない。
割安になろうが絶対買いません。

h** | 身の丈に合った成長戦略じゃないとな…
無理な急成長は衰退も急になりやすい。
本業が波に乗ってるときは多角化急ぐより本業に投資すべきだと思うけどなぁ〜
今さら失ったモノはなかなか取り戻せないし、日本人は熱しやすく冷めやすいからもう手遅れかもしれんけど。

nya | 1年ほど前にヤフコメ欄でM&Aが成功するかどうかは来年の今頃、判明してるはずと書きましたが失敗に終わりましたね。無秩序なM&Aが起こりやすいのは景気のピークだそうです。低金利によって資金調達が可能なので安易な買収に走りやすいそうです。例外は当然ありますがライザップは例外にはなれなかったようです。

liv | M&Aを繰り返せば、投資家は喜ぶかもしれんが、トレーニングジムがいきなり投資ファンドのようなことをするのはムリがあったと思うけどね。失礼だが買った企業の経営再建ができるだけの人材も育ってないでしょうに。

pqy | 経営の多悪化の例だな。少しずつ拡大しながら、相乗効果を発揮して行けば良いのに。事業が成功して、さらに大きく成熟させる時が一番危ういよね。

wai | 大きくすればするほど、自分の会社じゃなくなるのに、なんでそんなに大きくしようとするの?

nya | 買収企業に脈絡がないというか、今後の事業戦略が全く見えない
ただ会社をデカくしたいだけの買収

rif | 一部の買収した会社は相乗効果が見込めそうな分野だけど、本業は何したいのか分からない買い方。
今はどうか知らないけど、確かマネーの虎の1人が一瞬付いていたような?
似たような事をしてる会社もあるけど買う業種は一応一環した方が良いと思う。
商社ではないなら尚更。




cob | 事業拡大に多角経営はセオリーだが、ムダが多く、人材育成が間に合わない経営だと、直ぐに破綻してしまう。。。

new | 結構、真似されやすい業態だと思う。トレーナーがノウハウ貯めて独立したら厳しいのでは?

*bi | 端から見ていても経営のプロがいないままイケイケで肥大化してしまった印象です。せっかく他社から引き抜いて来た経営のプロの進言を守っていたらこんな風になったかな?活かしていないなと感じました。立て直しってそう簡単ではないと感じます。

wds | そろそろ危ない会社になりつつある。いい人材を外から確保しているが、充分機能していない。経営陣の意思統一もできていないようだ。

dos | 欲張りすぎたね。
各業界には、その筋に命をかけて取り組むライバルが存在するのだから、片手間商売じゃ勝てないってコトだと思う。

kee | 不自然なタイミングで松本さんがCOOを退任したからおかしいなと思ってましたが松本さんが社に残ったのは良かったですね

TTP | 過大な広告費の割には信者が増えなかったのかな…。

gac | 驚くことではない、本業の店舗を見ると

jis | 本業とかけ離れすぎた買収を立て続けにするとこうなることは経営の教科書からすると当然です。組織が追い付くわけがない。誰も止めないのが不思議すぎる。

hir | 欲をかきすぎたのね
ダイエット事業だけをやれば赤字にはならない
いろんな事に手を出す経営者はそのうち潰れる

【newscollege管理人コメント】

簡単な話、経営戦略も『結果にコミット』すればいいんじゃねぇーwwwww








-経済

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.