ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

エンタメ

「今日から俺は!!」が視聴率以上に“すごくて深い”3つの理由

更新日:

11月25日放送の第7話が視聴率10.6%と初の2桁を記録した「今日から俺は!!」(日本テレビ系)。翌日の仕事や学校が頭をよぎる日曜午後10時30分スタートの連ドラであり、同25日の午後9時から放送された「下町ロケット」(TBS系)の視聴率が12.0%とわずかな差であることからも、申し分のない結果と言えるでしょう。

視聴率だけでなく、ネット関連の数字も絶好調。公式ツイッターのフォロワー数が秋ドラマ断トツトップの約23万人で、YouTubeでのオープニング動画もわずか10日で90万再生を突破し、Huluで配信している「未公開シーン復活版」も国内ドラマ過去最高の視聴数で推移しているそうです。

クチコミを見ても小学生から中高年まで幅広い層の人々が、「単純に面白い」「何も考えずに笑える」などの絶賛ばかり。ドラマとして面白いのは見ればわかりますが、今回は、画面の裏側にある「今日から俺は!!」がすごくて深い3つの理由を解説します。

高視聴率とHulu視聴数をダブルゲット
すごくて深い1つ目の理由は、「無茶振りからのアドリブ」という演出で、高視聴率とHulu視聴数をダブルゲットしていること。

「今日から俺は!!」は、俳優が台本通りに演じるシーンばかりではなく、「自分で考えて演じてほしい」というアバウトなト書きが混在。しかも「数パターンを求められる」という無茶振りに俳優たちが必死に応えることで爆笑シーンを生み出し、視聴者の心をつかんでいます。

中でもアドリブで笑いを誘っているのは、賀来賢人さん、佐藤二朗さん、ムロツヨシさん、吉田鋼太郎さん、橋本環奈さん、シソンヌの2人。現場の共演者やスタッフが「笑いをこらえるのに必死」というほどのアドリブを見せ、使用カットのほかHuluでの未公開カットに貢献しています。

見逃せないのは、「広告料につながる高視聴率と、Hulu会員の会費を得ている」というビジネスの側面。「放送される使用カットに加え、放送されないはずの未公開カットでもお金を稼ぐという画期的なシステムを作り上げた」のです。

このようなアドリブ芝居を入れると、ストーリー性が失われてコントのようになりがちですが、「今日から俺は!!」がすごいのはあくまでドラマとして成立しているところ。佐藤二朗さんが「台本通りにやるのが俳優本来の仕事」「基本的に笑わせようとしていません」と語っているように、俳優たちは自分の役柄をしっかり演じるためにアドリブ芝居をしているのです。

脚本・演出を手掛ける福田雄一の熱さ
そんな俳優たちのアドリブを引き出しているのは、脚本・演出を手掛ける福田雄一さん。

福田さんの脚本・演出は、橋本環奈さんが「無茶振りに関しては天下一」と話すような「アドリブを繰り返し求める」だけではありません。「セリフをかんでも、つまづいてコケてもNGにしない」「台本のくだりが終わっても、すぐにカットをかけない」「セリフやアクションなどの間は俳優に任せてみる」「小道具やオープニングのディテールにも徹底してこだわる」などの超個性的な制作スタンスで知られています。

さらに特筆すべきは、福田さんのマンパワーと熱さ。現在プライムタイム(午後7~11時)の連ドラは「脚本も演出も2~3人で分担する」のが既定路線ですが、福田さんは「全話の脚本と大半の演出を手掛ける」という離れ業を見せています。つまり、「福田さん1人で3~5人分の仕事をこなしている」ということ。すごくて深い2つ目の理由は、福田雄一さんそのものです。

そんな「福田さんの作品に参加したい」という俳優は多く、とりわけ若手にとって“福田組”は憧れの対象。「今日から俺は!!」に週替わりゲストとして出演した小栗旬さん、柳楽優弥さん、中村倫也さん、山田孝之さんらの顔ぶれが、福田さんのカリスマ性を物語っています。

今作でも、賀来賢人さん、伊藤健太郎さん、太賀さん、矢本悠馬さん、鈴木伸之さん、磯村勇斗さんら、多くの若手俳優が出演。笑いと熱さあふれる福田さんならではの撮影現場を経験し、さらなる飛躍を遂げようとしています。

古いモチーフなのに「新しい」「面白い」
「今日から俺は!!」が異例のヒットと言われているのは、原作が1988~1990年に連載されていたツッパリ漫画であり、ドラマ版の舞台も80年代であるなど、「なぜ今これを?」「この原作と設定で大丈夫?」という疑念を抱かせていたから。累計発行部数4000万部の人気漫画とはいえ、約30年前の作品であり、しかも、ツッパリと80年代という舞台設定が受け入れられるとは思われていなかったのです。

その意味で、すごくて深い3つ目の理由は、「古いモチーフを使っているにもかかわらず幅広い年齢層から支持を集めている」こと。古さは原作漫画だけでなく、制服やインテリアなどの小道具、主題歌の「男の勲章」にも表れていますが、それらがドンピシャ世代の30~40代のほか、小学生など子どもにも「新しい」「面白い」とウケているのです。

「今日から俺は!!」を「ただのおバカ作品」「ふざけているだけで内容は浅い」とやゆする人もいますが、果たして本当にそうでしょうか。年代を問わない笑いは、すなわち、「普遍性がある」ということ。しかも、それは福田さんをはじめとするスタッフと俳優が、最初から狙って作り上げたものです。

これまでも、福田さんは「アオイホノオ」(テレビ東京系)、「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)、映画「HK 変態仮面」などで過去の漫画を映像化するなど信頼性抜群。「今日から俺は!!」でも、最後まで底抜けの明るさと良い意味でのおバカさを貫いてくれるでしょう。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00029080-otonans-ent




【上記ニュースに寄せられたコメント】

kin | もう、ほんまに頼むからケンカとかのシーンで教育に悪いだのとか言わないでほしい。シーズン2を期待してるのでへんなクレームはやめてくれ!

sec | あまり期待をしないで見始めたけど、結構というより可成り面白い、これは嬉しい誤算。
視聴率の高さは当然、シリーズ化してほしい。

mav | もう一週間の楽しみがこのドラマしかないと言っていいくらい楽しみ
続編でもスペシャルでもやってくれ!
グアム編が見たいぞ!

tok | 親子で見ています。まさに親の時代は懐かしくて子供にとっては新鮮。
学校で子供達の話題になれば、先生も加わってもりあがっているらしい。
先生も懐かしくて先生の時代の話になるらしい。
あのギャグがなければ子供達も興味を示さなかったんだろうな。
こんなに世代を超えて楽しめるドラマはない。12月でひとまず終わってしまうのは残念。続編を作ってほしいな。

ima | 賀来賢人、演技上手いよなぁ。前出てた、松雪と竹野内のドラマに脇役の弁護士役で出てた、タイトル忘れたけど、あのドラマでもコミカルですげーよかったけど、こういうのも上手い。榮倉奈々との共演作の時は、シリアスな役だったけど、あれも良かったし。イケメンやとは思うけど、演技派やなって感じ。

kat | 初回から毎週楽しく見ています。
ただ、原作で伊藤ファンの私としては、ドラマで伊藤の影が薄いのがちょっと残念です。
京ちゃんにデレデレとか三橋の良き相棒(理解者)といった描写はあるんですが、意地と根性で、三橋とは独立して正義を貫く伊藤の魅力が描かれると良いな、と思います。
原作での伊藤の見せ場、修学旅行編があることを期待してたのですが、今週の放送で3年生になっちゃうから無理かな・・・。

din | 「ヨシヒコ」以降はムロツヨシ、佐藤二郎の共演は必ず見てる。山田孝之のゲスト回はワクワクした。
橋本環奈は「銀魂」でもすごく良かったし、今後も期待してる。

new | ありえないほどお馬鹿なストーリーを、真面目な髪を下ろしたら普通の伊藤が引き締めていて、すごくいい演出のバランスだと思う
視聴者の目線の伊藤が、神がかり的に美しい橋本環奈ちゃんの前ではただのアホになるところも良い
三橋はひきょうなんだけど「やられたからやり返している」という見てる方からしても納得できる部分があるし、騙されて涙目で落ち込んでいる所が最高に可愛かった
でもこのドラマに限って言えばアドリブは邪魔な気がするよ

<<< | 「連ドラは 脚本も演出も2~3人で分担するのが既定路線ですが、福田さんは全話の脚本と大半の演出を手掛ける」という部分を読んで このドラマが飽きずにずっとおもしろいのがわかった気がしました。
他のドラマで「最初おもしろかったのにこの頃おもしろくなくなってきた」みたいな事があったりするのは脚本家が変わったりしていたのもあるんですね。

joe | ここ20年ドラマは殆んど観ていなかったのに子供の付き添いで銀魂を観てから福田監督を知り、今日から俺はを楽しくみています。そこで、最近の黄金世代という若い俳優さん達を知り、凄いなあと感心。
何故惹かれたのか考えてみた。
監督が同世代。なのでセンスの共有ができる。
俳優さん達が同世代の子供達。同世代の親達のセンスが継承そして進化している。
なので、違和感なく楽しめるのかな、と考えた。




hir | 伊藤と三橋のどちらかがジャニーズだったら観なかった。福田監督の作品は若手の俳優を沢山起用してるけど安直にジャニーズ出さないから好き、起用された俳優さんもミスキャスト感無しでいい仕事されてると思う。ある意味で今一番売れてる監督さんだと思うけどこれからも業界の事情などに飲み込まれず己の世界観を貫いて欲しい、決して三池監督みたいにならないように祈っております。

smo | 面白さMVPは太賀さんですね。
中野さんの遺伝子をバリバリ感じます。

col | 連載当初から読んでた漫画なので、あまり期待してなかったけど予想以上にクオリティが高く面白い。今井はもっとデカいけど、かなりいい味が出てて面白く、太賀で正解だったかも。理子役は中嶋美智代に次いでいつも可愛い。清野菜名はアクションも練習してるから演技も良いね。賀来賢人は前から注目してたけど、顔も演技も三橋にピッタリ。本作品でまた一皮剥けた良い俳優になった気がする。実写化はいつも失敗するけど、本作品は原作好きでも納得できる内容ではないでしょうか。

LAN | 普通におもしろい!
ジャニーズが出てない[はず]なのが高印象
若手の上手い役者さんぱかりなのでいい
これからも、ジャニーズ抜きのドラマでお願いします
シリーズ化してください!

yup | 「日曜日の22時台」という時間も功を奏したと思う。
月曜日を前に、憂鬱な人達のカンフル剤になってるんじゃないかなぁ。
本当に面白いもん(^-^)
クレーム入れるのは、頼むからやめてよねー

har | 昨今のドロドロとした複雑な人間関係のドラマが多い中、1話完結でさらに軽快なテンポで、分かりやすい個性的なキャラ達が次々と登場。
中年以上は懐かしく、若い世代には今はなき「ツッパリ&スケバン」の世界観が新鮮でウケているのでしょうね。
家族そろって声に出して笑っちゃうドラマって、最近ではなかなか無いですよね。
毎週、日曜夜が楽しみ♫
今日俺ロスになる事間違いなしなので、原作ではまだまだ面白いエピソードが沢山あるらしいし、続編を期待します!

mom | 見始めたときは今井とか伊藤に違和感を感じてたんだけど、徐々にハマってきて今は超楽しみになってます。原作の良いところを壊さず、新しい要素を取り入れてるのが凄い。オープニングもカッコいい。

psa | アドリブも面白いし、周りの共演者が笑いそうになってるのを見るのも面白い

ahz | このドラマだけが、とにかく楽しみです!!
バカバカしすぎるのと、変に「教えよう」感のない、超軽い感じがたまりません。
親世代には、懐かしく、子供世代には単におもしろく、深夜帯にもかかわらず、豪華俳優陣で、とても丁寧に作られているのがわかります。
備品のひとつひとつ、オープニングの映像、どこを見てもこだわりが感じられ、ワクワクします。
それぞれの俳優さんが、新境地を開拓している良さもあり、追い切りの良さも見ていて清々しいです。
一方、下町ロケットは、まず、主役の阿部寛がそもそも、合っていないと思うので違和感があり、滑舌もとても気になります。
イモトアヤコもどうかと。。。。
今日俺は、永遠に続けてほしいです。終わってしまうのが怖いです。

wak | 自分にとっては、そのコントの連続が、左江内氏ではやたらそれだけが浮かび上がって、そればかりが強調されたように感じてあまり愉快になれず結局見ませんでした。
今こうして「今日から俺は」を楽しんでいる中で感じるのは、自分はツッパリの中で学生時代を過ごしているけど、、、、やはり80年代ツッパリは過去のこと、現実では無い話なので完全にフィクションものとして眺めていられることで楽しめるのでしょうね。左江内氏は、サラリーマン、家庭という目の前の現実の中なので冷静に見られない部分もあったかもしれず、それで心から楽しめなかったかもしれません。
・・・切実?
日本テレビのドラマはずっと昔から基本的にカラッとした明るさがとても好きで、このドラマも日テレで成功しましたね。
楽しいのが一番、これからも日テレ路線でよろしくお願いいたします。

【newscollege管理人コメント】

「今日から俺は!!」は神マンガだったけど、ドラマにしたら神ドラマになった。凄いことだよね^^








-エンタメ

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.