ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege

経済

人口減少社会「コンビニ限界説」の深層

更新日:

人口減のなかで「飽和説」に挑む小売りの王者・コンビニ。来店客数は減少に転じたが、その行く末はどうなるのか。現場を探った。

◇3大チェーンで9割を占める

「誤解を恐れずに言うと、コンビニは飽和状態に近づいていると思う」--。店舗数で国内第2位のファミリーマート(ファミマ)を傘下に置くユニー・ファミリーマートホールディングス(UFHD)の高柳浩二社長は、インタビューでこう述べた。

現在、全国のコンビニ店舗数は約5万7000店。特定地域に高密度で出店しながら陣地を広げてきたセブン-イレブン。M&A(合併・買収)を重ねて拡大してきたファミマ。いち早く47都道府県に出店し、全国チェーンの旗を掲げてきたローソン。手法は異なるが、3大チェーンはいずれも拡大を「是」としながら、業容を広げ、全国店舗数の9割超を占めるようになった。

店舗を増やす一方で、いれたてコーヒーなどのヒット商品や、ATMの設置といったサービスを次々と導入。過去に幾度となくささやかれてきた「限界説」を打ち破ってきた。

ここにきて、3大チェーンの経営トップの一人から、店舗の飽和の声が上がったことは、日本独自の進化を続けてきたコンビニが大きな転換点にきたことを示唆している。

「コンビニチェーン本部がいま最も重視する指標が来店客数だ。全てはそこに焦点が当てられている」--。専門紙『コンビニエンスストア新聞』編集長の清水俊照氏は指摘する。

その来店客数は前年割れが続いている。日本フランチャイズチェーン協会によると、2017年(暦年)の協会加盟のコンビニ既存店の来店客数は前年比1.8%減で2年連続のマイナス。夏の猛暑効果があった18年も、10月末までに前年同月を上回った月は8月と10月だけ。「人口が減り、新規店舗数が増えているから当然だ」(清水氏)という。

他の小売り業態との競合も激化している。特に大都市圏の郊外などに積極的に出店を進めるドラッグストアは、日用品などの価格が安く、コンビニの商圏を浸食し始めた。流通業界に詳しいプリモリサーチ・ジャパンの鈴木孝之代表は、全国のコンビニの既存店売上高が前年割れ(0.3%減)となった要因として、コンビニの近隣にドラッグストアが増えて、客が流れていることを挙げる。

17年に8兆6000億円(前年比7.5%増)の市場に成長した物販系のネット通販(EC)だが、弁当やペットボトル飲料などコンビニの主力商品の分野において、米アマゾンなどEC大手との競合は国内ではまだ本格化していない。ただ、駅などに宅配ボックスの設置が広がっており、コンビニとの競合が徐々に増えてくる可能性は否定できない。

◇商社が子会社化した理由

他方で、来店頻度が最も高い小売業として膨大なデータを吸収できる機能は、「ビジネス基盤」としてコンビニの企業価値を高めることに作用している。

17年に三菱商事がローソンを、今年には伊藤忠商事がUFHDをそれぞれ子会社化した背景には、ビッグデータを有効活用し、スマートフォンを使った「キャッシュレス決済」などフィンテック関連のビジネスに布石を打とうとする思惑がありそうだ。ローソンは10月にローソン銀行を開業し、ファミマも伊藤忠と連携して近く新しいフィンテック・サービスの構想を打ち出す。

一方、セブン-イレブンの古屋一樹社長はインタビューで、来年開始予定のスマホ決済サービス「セブン・ペイ」について「利便性の一つであって主眼ではない。我々にとって主体はリアル店舗だ」と、小売業としての立ち位置を重視する考えを示している。

全国のセブン-イレブンでは、1年間におにぎりを22億個売り上げる。これに対し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニアアナリストの永野雅幸氏は、「商社の視点だと、おにぎりを売る力よりもコンビニに蓄積される顧客情報のほうが価値がある時代になっている」と指摘する。

かつての「若者」と「男性」が主体だったコンビニの利用客はいまでは男女比率が半々に近づき、65歳以上のシニア層の比率もセブンでは3割に迫っている。

◇日本社会の課題を映すコンビニ

コンビニジャーナリストの吉岡秀子氏は「シニアや女性客が増えて、野菜たっぷりの弁当を増やしているコンビニの店は、日本人のライフスタイルの変化を反映している」と話す。日本人の生活を反映する店作りにはまた、日本社会の課題も投影されている。最たる事例が深刻化する人手不足の問題だ。

大都市中心部のコンビニ店舗では、留学生が大半を占める外国人の従業員の姿が目立つ。安倍政権は出入国管理法改正案を臨時国会に提出。いずれ、コンビニの店頭は、留学生ではなく外国労働者が担うとの見方が支配的だ。

吉岡氏は、「現金が大好きな日本人にキャッシュレスを促し、外国人従業員が増えて、将来はAI(人工知能)が接客するかもしれない。コンビニは社会課題を映す店だ」と語った。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000014-mai-bus_all




【上記ニュースに寄せられたコメント】

f-u | 確かに限界説もあるでしょうけど、正視に耐えない光景として『ファミマの隣に”ファミマ”』『セブンイレブンのすぐ近くに”セブンイレブン”』というように、同業同社がすぐ近くにある地域を多数見掛けるのです。
そりゃ深刻な人手不足・賃金不足になりますし、長時間労働を含める過重労働にもなって当然です。
むしろ、そんなたくさんコンビニ店舗は必要なのか?…という強い疑問を持ったのは私だけでしょうか。

qxi | スーパーのほうが安いからね。
でもコンビニは無いとかなり不便になる
そもそも数が増えすぎた感があるけどね。

kab | 飽和状態とは言うものの、どこの店に行ってもそこそこ客がいてそれなりに売れてる印象があるけど損益で言ったら厳しいんだろな
あと、チェーンだから当然なんだがどの店も同じ構造、品揃えでおもしろくない
なにか店ごとに特徴あれば良いのにと思う

sli | 野放しに店舗を増やしすぎ。
これが原因で人手不足の面も陥っている。
また取引先企業にもPB商品でWIN-WNの関係を築こうとしない。
本部ばかりが儲けているという構造。
工場でも人出が要る。
また、コンビニ会計による食品廃棄問題も、もっと消費者に知られてよい社会問題だと思います。
廃棄からもロイヤリティを取るのですから。
逆に宣伝目的で本部から支援金が出ることもある。
食べ物をたくさん作って「捨てろ」という食品ロスよりも機会ロスを重視する体質。便利を追ってはいけないと思う。
コンビニは社会を映す鏡というよりも社会の癌。
アメーバのように人・物・金を吸い取り肥大化していく。
セブンイレブンはその筆頭格である。
2015年ブラック企業大賞も受賞している。
そんなチェーンが支配している業界がまともなわけないのです。

ky* | 店舗数の飽和状態うんぬんはもちろんあるのだろうが、やはり商品の値段が高すぎる。
自分も昔はよく利用していたが、最近商品の値段は上がって商品自体の大きさが小さくなっており割高感がすごい。
独身貴族であまり気にせずに買い物していたが、流石に無駄遣いしている気がして最近ではコンビニを避けるようになってしまった。

oy_ | 飽和状態ではあるよね。でもコンビニが限界ってことはない。やり方次第じゃない?コンビニって便利ばかり追求し過ぎて、価格競争はあまり起きてないからね。そこをどうにかすれば、売り上げさらに伸ばすチャンスはあるかもしれないけどね。
コンビニで買い物する客が減って行って、スーパーの売り上げが伸びれば、そういうことも検討されるかもしれないけどね。でも今のとこはそれはなさそうだけどね。

nia | 確かに飽和状態にはあるでしょうけど、それはあくまで市街地の話であって、過疎地では何十年も前から渇望していても未だに1軒も立たず…。その間に個人商店は次々と閉店して、今や飲み物1つ買うだけで何キロも先に行かないと手に入らなくなりました。自家用車を持たない人や未成年、老人は日常の買い物すらできません。もちろんバスなんか走ってません。
行政ではなく私企業なので利益が見込めないと出店しないのは当たり前なんですが、飽和飽和と言われる一方でこういう現実もあります。それも関東地方での話です。

arc | 最近はコンビニに行く回数が減り、スーパーに行く回数が増えた、やはり安いのは魅力だし夕方以降の割引商品を見るともうコンビニでモノを買う意欲は激減する

t_o | コンビニだけじゃなくて、店舗数を増やして会社を成長させる流通業自体が限界に来ている気がする。
近隣に同じ看板の店舗が多いし、人員確保は後回しにオープンを優先させるとか‥。

mys | アイデアは本部の人がどんどん出すが、こなすのは現場の限られた人。
可能性と労力は別問題。
来年は消費税の軽減税率による混乱もあるだろうし。
コンビニだけでなく、現場だけが過重になっている業界は多いと思う。




shi | コンビニは近くにあると本当に便利
でもその過ぎる便利は日本のgdpを押し下げる原因になっています
便利がかえって目にみえない形で生活にダメージを与えています
普通に考えれば少ない店で短い時間で同じ売り上げがたつのならその方が絶対に言い訳ですから得をするのは上の一部の人だけじゃなければフランチャイズなどせず直営店にしている

har | かにあると便利だがありすぎ感はある。車で10分以内に何件あると考えると実にありすぎ。そうなると人手不足になる。人手不足というか人間らしい生活って何かと考えると人が寝てる時に働かせるのはどうかと思う遅くても22時までで良くないかな。多少の不便が店の存在の有難さを再認識させる。まあ夜外出するとこが無くなると嫁とやるしかないから少子化にも多少役立つかもね。

asa | コンビニ店長って実は将来的に勝ち組じゃない?コンビニは接客を売りにしてるところでは無いのでAI、セルフになっても問題ない。店長は商品管理、発注品出し等のお店管理をすれば良いだけじゃないですか?人件費も抑えられるし。店舗管理者が2〜3人いればお店が回るでしょう。必要人数が減るということは価値ある職業になるでしょう。

bau | 今後はAI化、キャッシュレス化でもして過重労働の軽減と人件費の圧縮で利益率を高めるぐらいしかないだろうね。店舗数はもう限界に近いと思うし、昔からの個人商店や個性のある店が消えてコンビニばかりになるのを見てるとゲンナリする。

tak | ドラッグストアは確かに強敵だろうね。
ドラッグストアも、24時間営業でない事を除けばコンビニとサービス内容はほぼ丸カブリ。
むしろコスメやドラッグ・日用品等に関してはドラッグストアのほうが専門で圧倒的な訳だし。
最近じゃ、食品系が充実していてコンビニやスーパーに寄せているようなドラッグストアもあるよね。
ある意味、儲けの薄そうな深夜時間帯に店を閉めているドラッグストアのほうが効率的に見える。
ウチの近所だとドラッグストアでも焼き立てパンや店内で弁当・惣菜を作っている店舗もあるくらいだから、コンビニも均一で特徴の無い感じだとますます厳しくなるんじゃないかな?
ライバルが休んでいる深夜早朝は稼ぎ時だろうけど、それだけで勝負じゃ限界があるし。

pir | 採算が取れないなら、夜中の営業をやめるか、競合する同じ系列のコンビニの隣接を減らすしかない。
夜は、イートインのみにして、千ベロパークにしてもいいとか、フランチャイズの規制を取り払うことも必要だと思います。
自由な発想力でそれぞれの店のアイディアが生かせないと、さすがに限界だと思います。

mit | 店舗数の限界かもしれないが24時間営業もどこまでできることやら

twe | 缶コーヒーやジュースは定価だから高いと思う。店員の質もスーパーのほうがよく教育されてると思う。消費税が上がってくるとどうしても安いところで買い溜めしてしまう。支払いやあったかい食べ物がほしいときにしか行かないな。

kam | 都会のコンビニは24時間営業でいいと思います。
でも、地方のコンビニは全部が全部、24時間やる必要はないと思う。
そもそも、人口が少ないうえに客もそんなに来ないのに、やる必要はないと思います。
本部で働いてるお偉いさんは考えて下さい。そろそろ。

sev | コンビニは商品が高い。人口減少で他の小売り店とも競争が更に激化していくから、いつまでも殿様商売は通用しないだろう。

【newscollege管理人コメント】

このへんの事情はチョット興味深いね。3強しか生き残れないコンビニ業界か。。。(一応、セブン派)








-経済

Copyright© newscollege , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.