ニュースカレッジ~気になるニュースやおさえておきたいニュースを日々更新しています~

newscollege


国内news

寝屋川の中1男女殺害で死刑判決

投稿日:


2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女を殺害したとして殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁は19日、求刑通り死刑を言い渡した。

判決理由で浅香竜太裁判長は、男女への殺意があったと認め、2人に対する殺人罪が成立すると認定した。争点だった平田奈津美さん=当時(13)=殺害に関する責任能力の有無についても、完全責任能力があったと認めた。

2人の殺害について「体格差がある被害者の急所である首を数分間、強い力で絞め続け、殺意があったことは明らかだ」と指摘した。

Yahoo!ニュース引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000118-kyodonews-soci




【上記ニュースに寄せられたコメント】

bla | 責任能力について争ったりするけど、責任能力なかったからって犯罪犯していいのかって思ってしまう。
若い命を二つも奪ったんだから相応の報いは受けるべき

yan | 絞首刑では生ぬるい。
これからは、どの裁判官が、どういう判決をするか注視する必要があると思う。
凶悪犯を軽い刑にして、再犯をした場合には、裁判官にも責任を取らせるようにして欲しい。

kon | 日本の裁判制度はあまりにも審理の手続きに時間がかかりすぎ、それによる金銭的コストや被害者の精神的負担があまりにも大きすぎる。
このような凶悪な犯罪者は手続きを簡素化して手早く極刑に処すよう法的整備や制度設計を行なうべきである。

fut | 当然の判決ではないかと思います。
これまでこの被告がしてきた事を鑑みれば、更生の余地も情状酌量の余地もありません。
口を押さえてたら手がずれて首を押さえちゃってて、気が付いたら亡くなってしまっていた?
熱中症か何かでぐったりして、いつの間にか亡くなっていた?
そして2人を別々の場所に遺棄した?
弁護士は控訴する予定だそうですが、もしまた社会に出てくる事があったとしたら、この被告はまた何度でもやると思います。その時、この弁護士は何らかの責任を取ってくれるんですか?
前科や人間性を考えても、二度と社会に出すべきではないですし、更生する事はないでしょう。何度捕まっても反省せずに繰り返した実績が沢山あるのですから、それを証明してますよね。
死刑判決が出て、正直ホッとしました。

yht | 親御さんの「出来れば自分達の手で同じ目にあわせてやりたい」というコメント、叶えてあげられればいいのに。

the | 死刑にしてください。こういう人が一般の社会に戻ってくるとまた被害者が生まれます。

kou | 犯人がこの態度では、被害者の最後がどんな状態だったのか?どんなふうに亡くなられたのか?裁判で明らかにされなければならない多くの事が永遠に閉ざされてしまう。裁判での対応は心象以上に事実の究明に協力しないという大きな罪でもある。

red | 2人の中学生が無残な死をしたことを忘れてはならない

ton | 中学生とは事故だったとか衰弱していたとか言ってるし誰かは信じてあげないと…
本当にそうだったら冤罪になってしまう!
弁護士はそのあたりしっかりやらないといけない!
…と思ったら人相が悪くて発言は信じられないので極刑で。

mmt | もし自分の子供が同じことになったら、死刑いがだったら、無罪でいいから表に出してほしい。
いつでも自分の手の届くようにしてほしい、と思うだろうな。

【newscollege管理人コメント】

当然の助動詞! この判決でなければオカシイでしょ!







-国内news

Copyright© newscollege , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.